2006/6/30

だいすきくらぶ(4)  子供の金銭教育

いよいよ明日から、だいすきくらぶスタートです。
明日の朝に子供たちに連絡を入れます。
本当に、親に文句を言われないで、自分で自由に使える。
そんな、お金です。

私を含めて、親が口を出さないほうが難しいかもしれません。
頑張って見守り隊を結成いたしましょう。ふふふ。

まず、大事な事は自分で決める事。
それと、その時の気持ちを自分で気付く事。

今後の展開をこうご期待。←紙芝居みたい?

0

2006/6/28

だいすきくらぶ(3)  子供の金銭教育

「普通の親が、普通に育てれば、
金銭教育なんて要らないんじゃない?」

と、言われました。
結構ショックでした。

それで、昨日、一昨日と考えていたことがあります。
私は、子供の金銭教育は、できる限り無料に近く、全ての子供に受けてもらいたい。と考えています。

なぜならば、親の考え方一つで、受けたり、受けなかったりする。
そんな、セミナーでは意味が無いと考えるからです。

もし、自分でなくても誰かがやってくれれば、良い。そう思っていました。
しかし、世の中には、商売としての教育もあります。
勿論、それは全てに共通するわけで、否定するつもりもありません。
人が動けば、お金が動くのが当たり前ですから。
営利を目的としない企業は、ありえない。

けれども、お金を払ってまで教育を受けさせる親は、どれだけいらっしゃるでしょうか?
本当に教育が必要なのは、金銭教育に興味を持たない親では無いのか?
勿論、仕事柄という事もあるでしょうが、
多重債務や、自己破産の危機に陥っている方は、以外に多いのです。
そして、周りの人間がとても苦しんでいます。
親御さんだったり、ご主人様だったり、奥様だったり、子供さんだったり。最初の言葉を発した方の知り合いからも相談を受けています。
彼女が知らないだけなのです。

多重債務者を1人でも減らしたい。そうすれば、その周りの人を何人も救ってあげる事が出来る。そう思って始めました。

今回のだいすきくらぶの費用は、一人1ヶ月500円そのうちほとんどが、子供の為に使われます。
とにかく、スキルを作る事が大切だと思っています。
モデルケースを作って、金銭教育をするお母さんのグループに教えて差し上げたいと思っています。
勿論、私も経済でお仕事をする人間として、持ち出しは出来ません。
しかし、最低限の費用で出来るようにしていきたいと考えています。
もし、興味のある方は是非ご連絡下さい。
一緒に子供の金銭教育を考えて行きませんか?
自己破産や多重債務は決して他人事ではないのですから。
0

2006/6/27

須藤農園♪  LOHAS

今日は、21日に また今度と言いました女性のお話です。
彼女のブログとリンクしましたので、是非見に行ってみてくださいね。ふふ。http://youkosudou.blog.ocn.ne.jp/yasaitecyou/2006/06/post_4a0d.html

20歳代半ばの女性が、一人で有機栽培の農園を経営している。
ちょっと、びっくりしませんか?私はしました。うふふ。

その女性の手の爪は短く切ってありました。
爪の間には、少し土が入っていました。
私は、綺麗な、よく働く手だな・・・と、見とれてしまいました。
話してみると、ふんわり?ほんわか?なんとも言えずおっとりとした
優しい感じのする方です。

なのに、しっかりしています。←当たり前と言えば当たり前なのですが。。。

例えば、有機野菜という名前だけが一人歩きしてしまう事への不安。
それは、生産者も、消費者も馬鹿にしたような・・・

食事=『生きる』という事に他なりません。

そこに、誠実さの見えない経営者はやはり認められない。
食べる方も、きちんと受け止めていかないといけないと思います。


この料理と素材、居心地の良い空間と時間。接客態度、心遣い。
それらが、その値段と釣り合うのか?それを見極める事が大事だと思いす。
ランチの1,000円が高いのでは無く、安いので無く。
上の条件に照らして、初めて自分の価値観の中で、高いか?安いか?

有機栽培の野菜を使っているんだから、高くて当たり前だろう!
健康にいいんだから、あんまりおいしくなくてもしょうがないだろう!

そんな態度は、やはり気分の良いものではありません。

子供たちに教えてあげたいのも、その事です。
LOHASという言葉に踊らされて、有機栽培だと言うだけで高い値段を取る。しかも、本当は使っていない事もある。
自分の目で、心で確かめる。そんな人に育って欲しいと思います。

彼女とそんな話をして、少し悲しくもあり。
キチンとそんな現実に向き合っている、彼女にうれしくもあり。

彼女と話をして、そんな風に感じた一日でした。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ