2009/1/29

ぽん酢作りの会報告  LOHAS

うさぞうさんのHPでも報告がありますが
私からもご報告をしなければ…^^;

前半は、食品添加物の話をさせて頂きました。
詳しくは、指定添加物リストをご覧下さい。
セミナーでは、これを発表しませんでしたので
気になる方は、ご覧になって下さいね。

その後は、添加物を減らすためには、
調味料をなるべくシンプルにする事が有効で
「〜のたれ」「〜の素」「〜ドレッシング」等を
使うのをやめましょう〜と言う話と
醤油・酢・みりんの作り方や内容を話しました。


ぽん酢と柚子胡椒のレシピです。



『自家製柚子ポン酢』
【材料】
柚子の絞り汁と純米酢合わせて・・・・・50cc
本みりん・・・・・・・・・・・・・・・50cc
濃口醤油・・・・・・・・・・・・・・・75cc
薄口醤油・・・・・・・・・・・・・・・25cc
出汁昆布・・・・・・・・・・・・・・・10センチ角1枚
(かぼす・すだち・夏みかん・レモン等かんきつ類…等何でも大丈夫です。酸味が強く生食に適さない物であればなお良いと思います。一年中色々な味を楽しみましょう)

【作り方】
本みりんは、小鍋で煮きって冷ましておく。
出汁昆布は、両側から小さい刻みを入れておく。
(酸が入るので、ドロドロになりません。)
材料を全て容器に入れて冷蔵庫へ。一ヶ月で馴染んで美味しくなります。
冷蔵庫で、2ヶ月くらいの保存が可能です。
もっと保存したい時は、冷凍して下されば1年間の保存も大丈夫です。
また、その季節毎の味を楽しむのも良いと思います。
小さいお子さんがいる場合は、みかんなども良いかも知れません。
はっきり言って、その度に味が違います。^^;
それが添加物無しの味と了解して下さい。
私は、動物性の物は入れませんが
鰹節を入れるのもいいのかも知れません。
ご家庭の味を作ってみてください。




『ついでの、柚子胡椒』今回の一番人気!塩は半量でした。
【材料】

柚子の皮の微塵切り
(ポン酢にする前の柚子の皮を全て剥いておきます。)
柚子の皮と同量の青唐辛子輪切り
(辛いのが好きな人は種まで、苦手な人は種抜きで量る)
柚子の皮と同量の塩
(長期保存しない方は、半量)

【作り方】
すり鉢に、青唐辛子を入れてよく擂る。
次に塩を入れて更に良く擂り混ぜる。
最後に、香りの良い柚子の皮を入れて、
少し粒が残る状態で仕上げる。
長期保存したい場合は、小分けにして冷凍しましょう。
冬は鍋、夏はそうめんなどの薬味、
ドレッシングとしても大活躍します。


材料は、こちらに紹介しました。
報告2
ついでですが、すり鉢についた柚子胡椒は
おにぎりをコロコロしてちゃんと頂きましょう。
^^;うさぞうさん曰く、
1回だけみたいです。(うふふ)
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ