ころ柿とソフト

2010/12/27 | 投稿者: mayfirst

 今年はご当地ソフトクリームの食べ歩きがあまり出来なかったmayfirstですこんばんは。来年はワサビソフトと金粉ソフトと秋田ふきソフトを食べに行かねば。

 というわけで今年最後のソフトクリームネタは、夏の北陸ドライブ旅行の際に食べたご当地ソフト「ころ柿ソフト」です。

 能登半島にある道の駅「ころ柿の里 しか」では、地元の名産「ころ柿」を使った「ころ柿ソフト」なるものが販売されています。

 ころ柿の里 しか(能登スタイル)
 http://www.notostyle.jp/index.php?id=369

 ころ柿とはいわゆる干し柿のことで、柿を軒先につるして天日乾燥させる際、全体によく日が当たるようにころころと柿の向きを変えたところからその名がついたと言われています。そのころ柿を細かく砕き、ソフトクリームの生地に混ぜ込んでいるとのこと。
 干し柿は好物のひとつなので、多少遠回りになるのを覚悟の上で「ころ柿の里 しか」に立ち寄りました。

クリックすると元のサイズで表示します

 これがころ柿ソフト。たしかに干し柿特有の飴色をしています。
 食べてみると、他の果物系のソフトクリームとはまた違った、干し柿の上品な甘さがしっかり感じられました。もう一度食べてみたいですけど、石川県は遠いからなぁ……



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ