鰰とバーガー

2011/8/31 | 投稿者: mayfirst

 メガネが壊れてしまったmayfirstですこんばんは。5年ほど前まで使っていたメガネを代用していますが、度があっていないためパソコンの画面を見つめるのがけっこう辛いです。

 秋田のご当地バーガー「ハタハタバーガー」を食べてみました。

 ハタハタバーガーを売っているのは、秋田港にある「道の駅あきた港」。ポートタワー・セリオンという呼び方の方が通りがいいですかね。そのセリオンのフードコートにある「AKADAMAセイラーズ」というお店。
 AKADAMAセイラーズで販売されているご当地バーガーはハタハタバーガーとカスベバーガー(カスベは魚のエイのこと)の2種類があり、実はこの日はカスベバーガーを食べたくて訪れたのですが、カスベバーガーは材料の生カスベが手に入らず販売休止中の事。だったらそのことをメニューに書いておいてほしい……
 気を取り直して、ハタハタバーガーを購入。

クリックすると元のサイズで表示します

 包装紙の端からハタハタの尻尾が飛び出ているのがキュート。

クリックすると元のサイズで表示します

 開封してみました。バンズに挟まっているのはハタハタのフライです。

クリックすると元のサイズで表示します


 中身はこんな感じ。ハタハタのフライ以外の具材は、玉葱、レタス、ケチャップソースというスタンダードな組み合わせですな。

 さっそく食べてみると……










 ケチャップソースの酸味が強すぎて、ハタハタの味が分かりません。
 なんてこった!
 ハタハタはもともとあっさりした味なのですが、それにしてもこれはちょっと残念すぎる味です。どうせならケチャップではなく醤油かテリヤキソース、あるいはタルタルソースの方が合うような気がしますね。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ