バターと餅

2013/3/30 | 投稿者: mayfirst

「ばたーもち」と入力して変換したら「バターも血」と表示されてちょっとびびってしまったmayfirstですこんばんは。血液がバターとかドロドロすぎてすごく不健康そう。

 数年前から秋田で盛んにプッシュされている「バター餅」なる食べ物を食べてみました。

 バター餅とはその名のとおり餅にバター、卵黄、砂糖などを練りこんだもので、もともとは秋田県県北の内陸地域で食べられていたとのこと。マタギの保存食として用いられたという説もあります。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

 見た目はたしかにバター色。
 しかし、食べてみるとそれほどバターの風味は感じられず、ふわふわな食感にほんのり甘さが感じられる程度。思うに、バターは風味づけというより餅の柔らかさを長持ちさせるために混ぜているのではないかと思います。餅とバターという高カロリー食品の組み合わせといい、たしかに厳寒の冬に狩りをするマタギの保存食としてうってつけだと思います。

 今回食べたものとは違いますが、バター餅は通販でも購入できます。

 秋田内陸線オンラインショップ
 http://nairiku.shop-pro.jp/?pid=42645009



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ