道の駅とチューリップ

2013/5/14 | 投稿者: mayfirst

 チューリップの和名が鬱金香(うこんこう)と知って、花のイメージとはずいぶん違うなぁと感じたmayfirstですこんばんは。和名の由来は、花の香りがターメリック(ウコン)のようなほこり臭い香りだからとか。

 道の駅しょうわ・ブルーメッセあきたでチューリップが見ごろになっていると聞いたので行ってきました。

 ブルーメッセあきた オフィシャルサイト
 http://www.blume-messe.com/

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 約3000平方メートルの広さの花壇に、およそ6万球のチューリップが植えられています。
 例年であればゴールデンウィーク中に見ごろを迎えるのですが、今年は低温で花の開花が1週間ほど遅れたのだとか。5月20日くらいまで楽しめるとのことです。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ