2005/2/27 | 投稿者: mayfirst

『H2Aロケット7号機、打ち上げ成功…衛星を分離』


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050226-00000011-yom-soci


 前回6号機の打ち上げ失敗以来、実に1年3ヶ月ぶりとなった純国産ロケットの打ち上げは、無事成功に終わりました。後は、打ち上げられた人工衛星(ひまわりの後継となる気象衛星)が何事もなく静止軌道に投入されることを願うばかりです。


 本来、ロケットの信頼性というのは非常に低いものです。
 デリケートな精密機械の集合体を、7.9キロメートル/秒以上のスピード(人工衛星の場合ね)まで力任せに加速させるのですから、ある程度壊れやすいというのは致し方のないことなのですが、その他にも、特に日本のような後発の国にはどうしても不利な点がひとつあります。
 それは、宇宙開発先進国の技術を導入することが難しいという点です。
 日本においても、H-1ロケットはアメリカのデルタロケットの技術を導入して製作されましたが、技術導入には数々の機密制約が付きまとい、部品によっては完成品を輸入していたりもしていた様です。部品は売ってあげるけど、作り方は教えてあげない、というわけですな。
 「部品を売ってくれるのなら別に自分のところで作らなくてもいいじゃん」と思われるかもしれませんが、例えば、その部品がロケットを打ち上げるのに絶対必須の(大抵はそうです)ものだとして、ある日アメリカがその部品の全面禁輸を宣言してしまったら、日本はたちどころにロケット打ち上げが出来なくなってしまいます。つまりそれは、日本の宇宙開発のインシアチブが、日本以外の国によって握られてしまうことに他ならないわけですね。日本が純国産のロケットにこだわったのは、宇宙開発の独自性を維持するためでもあるのです。


 では、なぜアメリカ等の先進国がロケットの技術移転を渋るのか?
 それはロケットの技術が基本的に軍事技術であるからに他なりません。
 人工衛星を打ち上げられるロケットは、核爆弾を積めばそのまま大陸間弾道ミサイルとして使用できます。人工衛星打ち上げ可能な技術を持つということは、すなわち地球上のいかなるところもミサイルで攻撃できる技術を持つということなのです。1960〜70年代の冷戦時代に、アメリカとソ連が競って人工衛星を打ち上げ続けた背景には、ミサイル―特に戦略核ミサイルの開発競争という側面もあったのです。


 そんなわけで、日本はロケットの開発をほとんど1からスタートせざるを得なかったわけです。今でこそアメリカもロシアもロケット打ち上げに失敗する事はさほどありませんが、最初の頃は失敗を繰り返していました(アメリカの人工衛星第1号は打ち上げに失敗、地上で爆発しています)。失敗を積み重ねることで現在の高い信頼性を獲得したといってもいいでしょう。それから比べると、歴史の浅い日本のロケットが打ち上げ失敗をしてしまうのは、むしろ必然といっても過言ではないのかもしれません。

2005/2/25 | 投稿者: mayfirst

 今月末のHP更新の準備を進めております。
 といっても、アクション〆切の告示という、いわゆるルーチンワークなのですけど。月末月初にまとまった時間を取れるかどうか、現時点ではちとあやしいので先行しての準備です。


 リアクション執筆もかくあらねばならないなぁ。


 このところリアルでの仕事が忙しく、なかなか更新することが出来ませんよー。
 ……なんて事を書いて更新が停滞しているサイトをよく見かけます。
 私自身の中では、サイト運営(と、PBeMの主催)は趣味の領域ですので、現実での事情より優先順位が後になっています。要するに仕事が忙しかったらサイトの方は後回しになる訳ですね。社会人であれば公私の区別くらいはきちんとつけなければならないだろうし。
 だから、管理人が忙しくて更新できずにいるサイトに関しては、「しょうがないだろうなぁ」としか言えません。それが生業ならともかく、趣味ならば致し方ないこともあるでしょう。
 とはいえ、PBeMのマスターには、参加してくれているプレイヤーさんたちへの責任もあるわけです。ゆえに「今の仕事がとてもハードだから今回のリアクションは1ヶ月延期!」などとはおいそれといえません。そこが、普通のサイトと違うところと言えるでしょう。同人PBeMサイトにおいては放置プレイは厳禁なのです。


 以上を踏まえて、あえて言わせてもらいますが。
 このところリアルでの仕事が忙しく、なかなか更新することが出来ませんよー。はううぅ……。

2005/2/24 | 投稿者: mayfirst

 アクション〆切まで一しゅうか〜ん♪
 いや、もう一週間切っているか(笑)


 来月はマスタリング漬けになるぞー。


 今日は少し睡眠不足。まともな事が書けずにすまぬ。
 

2005/2/22 | 投稿者: mayfirst

 JTBもやるなぁ……


 http://www.7andy.jp/books/detail?accd=07144344


 『もえたん』が本屋の大学入試参考書コーナーに陳列されているように、この本もやっぱり他の普通の『るるぶ』や『まっぷる』などと一緒に並べられるんだろうなぁ。
 購買層のことを考えれば、この本はむしろアニメ・ホビー系雑誌と一緒に並べるか、あるいはいっそコミックなんかと陳列すると売れるような気がします。そのへんは、書店スタッフのセンス(というか萌えに対する理解度)にかかってくるでしょうね。


 ちなみに、鉄道や飛行機などの公共交通機関での旅行には、旅行会社であるJTBが出版している『るるぶ』が、また自家用車で出掛けるなら、道路地図を発行している昭文社の『まっぷる』がガイドブックとして最適なんだとか。ちょっとした豆知識ということで。

2005/2/21 | 投稿者: mayfirst

 「やったぁ!」と喜ぶべきか、「ついにやっちまったか」と嘆くべきか……


 http://www.emma-victorian.com/


 まあ、以前よりアニメ化するとの話は聞いていましたが、ついに4月から放送ですか。なるほど、来月発売の5巻が何故か他のビームコミックスと違って31日に発売されるのは、アニメのスタートにあわせているわけなのですね。
 いずれにせよ私のいる環境では本放送を見ることは叶いませんから、とりあえず様子見でしょうか。放送後の評判がよかったら後に発売されるであろうDVDを買うという方向で。

2005/2/20 | 投稿者: mayfirst

 <マイクロソフト>Xboxでやけど 1410万台を交換


 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050218-00000009-mai-soci


 なんですとぉー!!
 ゲーム機としての扱いはここしばらくしていない我がバツ箱ですが、今でもDVDプレイヤーとして重宝しています。これは早々に交換を申し込まなければ。
 それよりも、こういう重要かつ緊急度の高い情報こそメールマガジンで連絡してほしいのですが……。
 というわけで、日本では数少ないX-BOXユーザーは、早急にコードを交換しましょう。バツ箱が原因で火事が起きてしまい、それが大々的に報道された挙句商品回収・販売中止になってしまったら大変です。
 とはいえ、もしそんなことになったらむろん私もPS2に乗り換えてしまうでしょうが(←薄情者)。


 ところで、わたしの住んでいる地方のゲームショップでは、最近X-BOXの新作ソフトを入荷しなくなってきている様です。
 何故か? 
 それはもちろんソフトが売れないからです。新品のゲームソフトというのは非常に薄利ですから、1本でも売れ残ると店側は大損となります。そこで販売店側としては、『確実に売れると見込める』ソフトだけを注文し、売れ残りによるリスクを最大限回避しようとするわけですね。
 まあ、X-BOXの普及率を考えれば、それは致し方のないところだと言えますが、それにしても一抹の寂しさを感じざるを得ません。「トイざラス」すらX-BOXコーナーを撤去してしまったからなぁ……我々はバツ箱のソフトをどこで購入すればよいのだろうか?


 えーと、でも最新のラインナップを見ても欲しいタイトルが見当たらないから、いっか。


 あ、ちなみに地方のショップでは、ゲームソフトの予約注文は発売の2〜3ヶ月くらい前までにしておくと発売日に確実に入手できるみたいですよ(どうも新作ソフトの発注は発売日の2〜3ヶ月前に行われるらしいです)。バツ箱のようなマイナー機種は無論のこと、例えばヲタ御用達の『初回限定版』なんかを確実にゲットしたい場合は、早め早めの行動が肝心です。
 ただし、何事にも例外はありますので、もし、発売3ヶ月前に予約したのに手に入らなかったとしても、こちらに苦情を出さないように。(数量限定品とかは当然地方で入手するのは非常に困難だったりします)

2005/2/19 | 投稿者: mayfirst

 今日は休みだったにも関わらず、朝から頭痛に見舞われてダウンしていました。
 でもまあ、外出しなかっただけ部屋の整理整頓が進んだから良しとしますか(←休みなさいよ)。


 部屋を整理していたら、買ったものの目を通していなかった本がいくつか発掘されてきました。ざっと名前を挙げると……

 『式神の城3巻』(講談社ZKC)
 『サライ13巻』(少年画報社YKコミックス)
 『もえたん2上巻』(三才ブックス)
 『メイドカフェ・スタイル』(二見書房)

 勢いで買ったタイトルも混じってるなぁ……。
 取りあえずは『式神の城3巻』から片付けていきます(いや、だから休みなさいってば)




AutoPage最新お知らせ