2005/6/29 | 投稿者: mayfirst

 今日は休みでしたが、特に何をするでなく家でごろごろしていました。
 まあ、読んでいなかった本やコミックをいくつか消化できたからよしとしますか。


☆今日の「卒業NextGraduation」ダメ教師日誌

 夏休み終了までプレイ。まみスキー&もこスキーを自認していた私ですが、最近は結夏もかわいいなぁと思う今日この頃。

7/23 犬に吼えられているレイカを助ける。私も犬嫌い(ということになった)だが可愛い生徒のためだからね。
 で、同日の夜に結夏より電話。今日は母ちゃんの誕生日だからお祝いを言って欲しいというお願いだ。もちろん行ってやる。しかし美夏は常に前向きでいいなぁ。

7/25 今日から夏休み。しかし生徒の補習や見回りで先生に休む暇などないのだ。うう……

7/30 レイカが大道芸を披露しているところに出くわす。アメリカで覚えたのだそうだ。うむ、すごい上手だ。上手なのはわかったから先生を引きずりこむのはやめなさい。

8/7 通行人に足蹴にされそうになった猫のことで怒っている結夏を見かける。アガリ性といっているが自分の意見をしっかり主張しているではないか。よしよし。

8/8 今週は三者による進路相談。学力は、レイカ以外はまず卒業は大丈夫だろう。そして進路だが……レイカ以外は大学進学か。大学でなければ学べないことがあるだの、やはり学歴は必要だの理由はそれぞれあるみたいだが、まあきちんと目的があるのは結構なことだ。
 で、レイカだが……要するにお嫁さんになりたいということだな。それはまあいいけど、麗子よ、先生が娘の結婚相手とかからかうのはやめなさい。先生はもこが(以下削除)

8/14 結夏が地元のプロ野球チームのファンだったとは驚きだった。一緒に応援したのだけど、彼女の意外な一面を見れて先生は嬉しいぞ。(このあたりより結夏に気持ちが傾き始める(笑))

8/20 副担任の諏訪先生と中華街で出会う。ああ、リアルの私も飲茶したいぞ!!

8/21 街で静と出会う。仕事の都合で食事が店屋物や外食になりがちであることを気にしているようだ。まあ、梓もそのへんは理解していると思うぞ。

9/2 梓のところに補習にいくと、静に明日梓と三人で遊びに行かないかと誘われる。たまには息抜きも必要だろう。先生でよければつきあうぞ。
 行った先は新進気鋭の作家たちによる美術展。前衛作品が殆どだ。
 ところで、梓と静って親子だから当然なんだろうけど似ているなぁ。同時に振り向かれたときにはびっくりしたぞ。

9/4 梓が砂浜でゴミ拾いのボランティアに参加している。先生も飛び入りで参加。
 「先生と一緒だと頑張れます」か、可愛いこというなぁ。

 もこに続いて結夏、レイカも笑顔モードに。
 それにしても、学力はともかく品位がみな低い。2学期は品位や魅力も鍛えていかねば……

2005/6/28 | 投稿者: mayfirst

 NHKBS2で放送していた「タイタンの戦い」という古い映画を見ました。
 ギリシャ神話のペルセウスのエピソードを映画化したもので、現在のハリウッド大作にはない独特の味があって大変面白かったのですが、ひとつだけ気になるところがありました。


 それは、主人公のペルセウスが非常にドジなところ。


 例えば物語のクライマックス直前の巨大サソリに襲撃されるシーン。ペルセウスは左手に松明、右手に剣を持って格闘を挑むのですが、サソリの最初の一撃でいきなり剣を跳ね飛ばされ大ピンチに。不意打ちされたのならともかく、自分からかかっていって武器をいきなり失うなんて弱すぎです。一緒に戦っていた兵士の方がよっぽど強い(一対一で巨大サソリを倒してしまう)のはどうなんでしょう?
 さらに、海の怪物クラケンに生贄に捧げられそうになったアンドロメダ姫を助けるべく、メドゥーサの首を手にペガサスで颯爽と現れたペルセウス。しかし、メドゥーサの首が入っている袋の紐をきつく締めていたためにうまく袋を開けることが出来ず、もたもたしている間にクラケンの一撃を食らって落馬、海に転落……。


 ペルセウスさん、間抜けにもほどがありますよ。


 今日のダメ先生日誌はお休みします。ちょっと疲れてゲームどころではありませんです……

2005/6/27 | 投稿者: mayfirst

 今日は一日中雨。ようやく梅雨らしくなってきました。
 

☆今日の「卒業NextGraduation」ダメ教師日誌

 6月あたまから1学期期末試験までプレイ。
 とりあえず平日は『きびしい』指導をするグループ(「敬意」は下がるが課題の成功率が高い)と『やさしい』指導をするグループ(課題はほとんど成功しないが「敬意」パラネータが上がる)の二つにわけてローテーションを組みながら課題を与え、週末にはダウン寸前(つまり疲労状態)の生徒を休ませるというパターンを構築。
 ……それにしても、勝美の寝相の悪さはまあいいとして、もこのあのピカ○ュウモドキのパジャマはどうにかならんか?(笑)

 6月19日、街をパトロールしていると迷子の子供に優しく声をかけているもこを見つけ、一緒になって迷子の親を探してやる。
 もこ曰く、
 「ママがよく迷子になるんですよね」
 ……さもありなん。

 6月24日、放課後の学校で結夏に声をかける。先月、実家の蕎麦屋『長寿庵』に行こうかと声をかけたところ頑なに拒否されたので気になってたんだけど、話を聞くと彼女極端なアガリ性なんだとか。
 「先生も初めての授業のときにはアガりまくったさ」
 だから、結夏のアガリ性も特別じゃないよと言ってやる。
 しかし、結夏の夢はパスタの専門店を開くことか。美夏は蕎麦屋を継がせようとしてるみたいなんだが……むう、なかなか大変そうだねぇ。

 7月3日、中華街の中華大食大会に参加しているもこと遭遇。もちろん(笑)応援してやる。それにしても、参加の理由が、準優勝の商品『三国志コミック全巻・著者サイン付』が目当てって……。
 だが、残念なことに母親の鋼鉄の胃袋を娘は受け継いでいなかったようだ。結局入賞は出来ず。まみだったら確実に優勝できてただろうがな〜。弁当どころか弁当箱まで食っちまうウルトラな胃袋の持ち主だからな彼女は。

 7月7日、美夏より電話。今日は結夏の誕生日だから家に来てお祝いをいってやって欲しいとのこと。プレゼントのイタリア風景の写真集を持って行ってやる。とても喜んでくれたようだ。
 しかし、「(先生の訪問が)母ちゃんからのプレゼント」とは、美夏もなかなか言うではないか。

 7月10日、駅前を歩いているとしょげているまみと出会う。なんでも勝美から「あんまりもこを困らせるなよな」とか言われたらしいのだが……話を聞くと「勝美ちゃんも笑えばもっと可愛くなるのになー」
 ……どうやら勝美の話は全然聞いていなかったらしい。

 7月11日、期末テスト。トップは勝美、そしてレイカは中間テストに続いてまたも赤点。まずいかも……

 ところで、特に意識してパラメータを操作していたわけではないのですが、気がついたらもこの「好意」が80を突破、ビジュアルが笑顔モードになっていました。うーむ、やはり贔屓してしまっているようです。 

2005/6/26 | 投稿者: mayfirst

 実は昨日は、「とちおとめ苺そうめん」の他にも、PCゲームソフトの「卒業NextGraduation」も届いていました。むしろ楽しみの本命はこっちだったわけで、早速インストールしてちまちまと遊んでおります。


☆そんなわけで「卒業NextGraduation」プレイ日誌

 まずはプレイヤーたる先生の設定を決めるところからスタート。
 名前はハンドルネームのmayfirstから「サツキ」と命名。誕生月と血液型は12月のB型にしました。座右の銘は『誠心誠意』。


 で、プレイは5人の元教え子とその娘&副担任の諏訪先生の顔見せから始まります。元教え子の登場はちょっと感慨深いものがありますねー。マイベストキャラの志村まみは全然変わっておりません。
 ゲームは基本的に平日に生徒たちに課題を与え、週末は街を見回りや家庭訪問を行うという感じで進みます。平日のスケジュールを決めるのは月曜日と木曜日、最初気づきませんでしたがこれって初代「卒業グラデュエーション」と同じなんですよー。懐かしー。
 ちなみに生徒をグループ分けさせるのは、どことなくUの席替えシステム(授業を受けさせる際に仲のいいキャラ同士を隣同士にすると効率があがったりする卒業U独自のシステム)を思い出させてくれます。


 週末はそれぞれの家を訪れると元教え子と娘が一緒になって迎えてくれます。元教え子は「娘のためにわざわざすみません」といった内容のことを口にするのですが、何故かまみだけはまるで自分に会いに来てくれたかのようなリアクションを示してくれます。しかも自分が帰るときには「お話できなかったー」とむくれるし(笑)。
 

 5月の行事イベントは演劇祭と中間テスト。演劇祭の主役はもちろん「Next」でのマイベストキャラ志村もこに大決定です。贔屓とかいうな。あと親子どんぶりとかも。
 題目は若草物語でもこは次女のジョー役ですか。最後に家の家計は全部わたしにまかせなさいというあたり、彼女の苦労人ぶりを忍ばせます。それにしても、梓ちゃんつっこみ厳しすぎ。
 中間テストでは恒例のおバカな答案が健在です。

 Q:三角形の内角の和は?
 新井勝美:「高め」

 なんだよその「高め」ってのは? あ、野球か(笑)
 意外にも不合格(赤点)だったのは高城レイカ一人でした。国語パラメータの低さがまずったか……。

2005/6/25 | 投稿者: mayfirst

 先日、『苺素麺』なる食べ物が存在するという話を聞きつけまして、早速取り寄せてみました。こーゆーの大好きなんですワタシ。


クリックすると元のサイズで表示します


 これがそのパッケージ。
 正しくは『とちおとめ苺そうめん』という名前です。何でも、栃木の名産である「とちおとめ」を練り合わせた素麺という代物らしいのですが……(栃木のメーカーが生産・販売しています)。
 で、ちょっとどきどきしながら早速開封。


クリックすると元のサイズで表示します


 正直、はじめは苺とは名ばかりであって、実際は赤い色をした只の素麺だろうと思っていたのですが、考えが甘すぎました(苺だけに)。
 袋を開けると漂ってくるのは、半生の麺に特有の酒精の匂いと、それをはるかに圧倒する強烈なの香り!
 何ていうか……素麺から苺の香りがするというのはなかなか不条理な感じがします。


 調理方法は普通の素麺と同じで、沸騰したお湯で2〜3分ほど茹で、すぐにざるに移して冷水で冷やします。茹でた後の湯が赤いのが少し気になりますが……


 クリックすると元のサイズで表示します


 早速試食。
 …………。
 ……………………。
 苺の味がするのですがっ!!
 シンプルな素麺そのものの味とダシのきいためんつゆの味に、素麺に比べたらはるかに強烈な苺の味が微妙に絡まりあって、何ていうか、割と不条理な味です。
 苺の甘さはないので、決して不味いとは思いませんでしたが……しかしやっぱりネタとして楽しんだ方がいいメニューですね、これは。


 ところで、姉妹品で同じく苺をパスタに練り込んだ『苺パスタ』というのもあるとのこと。うーむ、味が想像できないぞ(むしろ想像したくない)。やはり苺ジャムとかかけて食べるものなんだろうか?

2005/6/24 | 投稿者: mayfirst

 はやや、『もえよん』休刊ですか……無念。


 明日は色々と楽しみなものがやってくるので、年甲斐もなくわくわくしている次第であります。何がやってくるかは明日以降のこの日記で。
 いっちごじゃむ〜いっちごじゃむ〜


 ……と日記を書いていたら、先月購入したスクランのDVDを、開封すらしていなかったことに今更気づいた私。しまった、今日はDVDvol.6の発売日じゃないか!! リア執筆の忙しさにかまけてすっかり忘れていた!!


 さすがに今日はもう遅いのでこれにて休みます。スクランは後でまとめて鑑賞しよう。

2005/6/23 | 投稿者: mayfirst

 本日、イカロス出版の『Jウイング』8月号を買って読んでいたところ、とんでもない本の広告が載っておりました。


 『萌えよ!戦車学校〜戦車のすべてを萌え燃えレクチャー〜』


 …………。
 ついにミリタリー関連書物にも『萌え』の波が押し寄せてきたのですか。
 広告にはこう書いてあります。


 『地上最強の兵器「戦車」を好きな人は多いハズ!
 だけど戦車の本は難しそうでとっつきにくかったのが現状…』


 まあ、これについては否定しません。


 『そこで戦車ファン初心者のため、戦車と美少女のコラボによる新たな入門書が誕生しましたっ!』


 いや、それちょっと安直すぎですから!!


 『今までの戦車本ではぶっちゃけありえなかったスタイルで、戦車のメカ、戦術、各国の戦車、歴史、戦車モドキに至るまで、美少女たちとともに楽しく戦車を勉強していける、新時代の戦車ガイドブック! これを読めば戦車の本質も魅力も丸分かり、ますます好きになること間違いなし!』


 ……あまりの安直さにどうコメントしたらよいものか。
 ちなみに表紙&解説マンガを担当するのは『野上武士』(…………)。広告にはイラストも一点載っていますが、これがまた、うさぎエンブレムのティーガー戦車をバックにミニスカニーソでつり目で眼鏡の女の子(多分戦車長)が立っているという分かりやすい構図。背後で戦車に主砲の砲弾を積み込んだりしている眼鏡っ娘の(多分)部下たちも当然美少女です。
 
 発行はイカロス出版で発売は6月末予定だそうです。興味がある方はどうぞ。




AutoPage最新お知らせ