2005/8/4 | 投稿者: mayfirst

 うわあ、気になります。

 http://www.nissui.co.jp/product/new/ham.html

 いちごミルク味のフィッシュソーセージ……これは一度食べてみなければなりませんね。


 昨日、『風の哀歌』というPBeMに参加したと書きましたが、そのプレイヤーデータをこっそり紹介します。


名前:マオ=ルクレール
性別:女
年齢:16
武器:己の拳
誕生日:12月10日
口調:関西弁。一人称は『ウチ』、二人称は『アンタ』『○○はん』。『猫耳のマオ』という通り名を名乗っている。
性格:義理に厚い人情家。お祭好きで普段からけっこう騒がしい。金にうるさい守銭奴なのが珠にキズ。
容姿:身長160cm。やせっぽち。頭の側面の髪の毛が上方やや後ろに尖るように大きくはね上がっており、一見すると猫の耳が生えているようにも見える。髪の色は緑色。瞳は黒で若干吊目。装飾品は身につけていないが、いつも片手でサイコロ2個をもてあそんでいる。
備考:貧民街の出身。兄弟はなく、両親とは幼い頃に死別しており、天涯孤独の身。ウィンドに来るまではスリやひったくりなどの犯罪で生計を立てていたが、てっとり早く成り上がるための手段として狩人への道を選ぶ(実はたまたま盗んだ鞄の中にウィンドへの入学願書が入っており、それを使ってウィンドにもぐりこんだ―というのが正しい)。
 特技はギャンブル。ウィンドの生徒をカモにしているのがよく見かけられる。


 うーん、何度見てもトンチキなキャラクターですね。
 それにしても『関西弁』+『格闘家』+『守銭奴』という組み合わせのキャラクターをプレイするのはずいぶん久しぶりの様な気がします。たしか、前回似たようなコンセプトのキャラをプレイしたのはホビーデータの『ステラマリス・サガ』だった筈。
 ああ、何もかも懐かしい……




AutoPage最新お知らせ