2006/11/30 | 投稿者: mayfirst

 お絹ちゃん、かむば〜っく


 読んだ本レビュー
 クリックすると元のサイズで表示します
 『彼女は帰星子女4』
 著:上野遊 メディアワークス電撃文庫

 シリーズ完結。
 前回の誘拐騒動は、絹を護衛する情報局の自作自演―予算獲得のデモンストレーションでした。ですが、そんなことを知らない絹は、自分の存在が周囲の人たち―とりわけ望を危険にさらしていると思い込み、地球を離れ、生まれ故郷であるトリオン船団に帰還する決意をします。
 一方、自作自演の誘拐劇を強引に押し進めた草葉局次長の手法を巡って、情報局内部でも火種がくすぶり始めます。一部の局員たちが、情報局を正しい方向へ軌道修正するために、局次長の失脚をもくろんで絹を取り戻そうと謀反を起こすのです。そして謀反組と望たちは手を組み、絹を迎えに来た宇宙船が着陸している自衛隊基地に突入を図るのですが……
 意外に思った点がふたつ。ひとつ目はこの手のライトノベルにしては望や大樹ら高校生が普通な能力しか持ち合わせていなかったこと。彼らも絹を連れ戻そうとあれこれ行動するのですが、物語の中盤で情報局謀反組と接触するまではあまり成果を上げられません。
 もうひとつは、対立の構図。『高校生(主人公)vs大人』ではなく『大人vs大人(プラス高校生)』という構図になっています。最後の絹の説得などはむろん望の役割なのですが、そこに至るまでの道のりでは言わばほとんどサブキャラ扱い。星野や弥生ら情報局員の活躍が目立っていました。
 で、最後はまあ定番どおりの大団円。望が「好きだ」と告白した後も二人の間にラブラブさがほとんど演出されないのは好印象でした。恋人というより家族という関係ですね。
 あと、少し気になるのは星野以外の情報局謀反組の面々。星野の後日談は語られたのですが、他の人たち―弥生や准尉さんなど―は全然触れられていないんですよね。普通に考えれば何らかの処分を受けているはずですが……願わくば、彼ら彼女らにも星野と同じく“きっつい”処分を下されていて欲しいものです。

2006/11/29 | 投稿者: mayfirst

 秋田発、地産池消のローカルヒーロー『超神ネイガー


 来月12月9日発売の月刊ドラゴンエイジ1月号(富士見書房刊)にて再びコミック(著:奥田ひとし先生)が掲載されます……と、いうのは前から分かっていたのですが、最近になって、月刊コミックラッシュ(JIVE刊)でも来月発売の2月号から2ヶ月連続でネイガーのコミックが掲載されることになっていたのでかなり驚きました。著者は小川雅史先生。んー、こいつはいったいどういう経緯でこんなことになったのでしょうか?


 小川版ネイガー、なんだか対戦格闘ゲームのキャラっぽいところがいいなぁ。

2006/11/27 | 投稿者: mayfirst

 今まであまり大っぴらにしてきませんでしたが、そろそろバラしてもいいかなー、と思うんで。



『本音でどうぞ! 恋人バトン!?』

1.今付き合ってる恋人はいますか?
 
 実はいたりするんだなこれが。
 ていうか、いま隣にいます(笑)

2.その恋人と付き合ってどれくらい経ちますか?
  
 今ちょっと聞いてみたら、「もう4年以上のつきあいだね」とのコト。

3.この恋人と付き合ったキッカケは?

 同じ会社のコで、最初はちょっと合わないかなーなんて思っていたんですが、付き合い始めたらなかなかいいコでして。

4.この恋人以外に過去にどれくらい恋人いました?
 
 二人かな?
 ……いや、頼むから怖い顔で睨まんでおくれ(笑)

5.一番長く続いた恋人とはどれくらいですか?それはいつ頃?
 
 今の彼女がいちばん付き合いが長いです。

6.逆に一番短かった恋人とはどれくらい?
 
 んー、さすがによく覚えていませんが……たぶん2〜3年くらい。
    
7.恋人を色に例えるなら何色ですか?
 
 銀。かわいいというよりクールな感じですかね。
 
8.恋人との思い出自慢があればどうぞ!

 うーん、日記で公開してしまうと私がヘンタイ扱いされてしまいかねませんが……
 まあいいや、書いてしまえ。
 今の彼女と付き合いはじめた頃の話ですが、その頃私はちょうど某メイド漫画にハマッていて、で、つい冗談で「○○もメイドさんのカッコしてくれたらいいなぁ」なんて言ってしまったんですな。
 そしたらですね、本当にやってくれたんですよ、メイドさんのコスプレを(笑)
 いや、でも実際間近でやられるとけっこう恥ずかしいもんですよ、お互いに。

 ……あの頃は二人とも本当にバカだったなぁ。

 ちなみに最近ハマっている某ゴスロリ人形漫画のコスプレは流石にしませんでした。つか、いくらなんでも頼めません(笑)

9.浮気願望はある?

 今の彼女一筋、かな(←けっこう恥ずかしい)。よって浮気願望は無し(断言)

10.今の恋人に一言!!

 んー、隣に居られながら「今の恋人に一言!」といわれてもね。
 まあ、あえて言うなら最近家に戻ってくるなり「疲れたー」を連発しているのがちょっと心配ですぜ?
 お互い歳ですし、身体には気をつけていきましょうや。

11.まわす人

 欲しい人はどうぞお持ち帰りください。


















!!!!!!!!!!!!注意!!!!!!!!!!!!

注:この恋人とは、携帯電話のことです!!
いかにも人間のようにバトンを書いてみてくださいw

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



 と、いう事です(笑)


 「同じ会社のコ」というのは、私はずっと東芝製の携帯電話を使い続けている、という意味です。新しい操作体系を覚えるのが面倒くさくて……

 メイドのコスプレは、要するに待ち受け画面がまほろさんだった時期があるという意味。ローゼンメイデンの待ち受け画面はサイズオーバーで使えませんでした。

 「疲れた」というのは、要するにバッテリの劣化が進んで電源が長持ちしなくなったということですな。そろそろバッテリを変えたほうがいいかもしれませんなぁ

2006/11/25 | 投稿者: mayfirst

 明日は東京に遊びにいってきます。

 で、その準備のためにちと忙しくなりますんで、今日はこれにて。


 では皆様、おやすみなさい。

2006/11/24 | 投稿者: mayfirst

 『約束の土地へ』のNPCの姓は、ご存知かもしれませんがすべてミリタリー関連の言葉から採っています。
 この方式をとっている作品は割と多く、最近では例えば『鋼の錬金術師』の軍人ズがそうですし、新世紀エヴァンゲリオンの登場キャラクターも旧日本海軍の艦艇の名前(一部例外あり)からとっておりました。
 で、『約束の土地』NPCの元ネタというと……

 ・ヘンリエッタ・ルクレール:フランスの主力戦車ルクレール
 ・ジョルジュ・イラストリアス:イギリスの小型空母イラストリアス
 ・カルロ・ヴェローチェ王:イタリアの豆戦車
 ・アンナ・シェフィールド:イギリスの巡洋艦シェフィールド
 ・騎士団長ゴスホーク:アメリカ海軍の練習機T-45Aゴスホーク
 ・“約束の土地に辿りついた男”クズネツォフ:ロシア海軍の空母アドミラル・クズネツォフ

 とまあ、こんな感じです。


 ただ、このネーミング法には意外に難しいところがあります。それは不自然にならないような言葉を選ばなければならないこと。例えば、ファンタジー世界のキャラクターに『ノースアメリカン』などという名前はやはり避けるべきでしょう。
 そんなわけで、元ネタは沢山ありそうですが使えるのは意外に限られてくるのですね。正直な話、前出の鋼の錬金術師でも「ロイ・マスタング」や「ジョリオ・コマンチ」といった名前には(私にミリオタなところがあるだけに)最初かなり違和感を感じたものです。コマンチって……そりゃ確かに計画倒れに終わったアメリカ陸軍の軽攻撃/偵察ヘリコプターの名称ですけど、元はネイティブ・アメリカンの部族名ですぜ?
 ところで、マリア・ロス少尉の元ネタはやっぱりロサンゼルス型原子力潜水艦なのでしょうか?
 それはさておき、『約束の土地へ』もこれからストーリーが進むに連れてNPCが増えていくでしょうから、名前のストックを増やしていかねばなりません。人として一番自然な名前をつけるなら、兵器の名前ではなく、軍需メーカーや著名な技師の名前を使うのが簡単なんですが(メーカー名は大抵創業者の名前から取られている―要するに元から人名なので)、ヒューズもファルマンもブレダもダグラスもヤコブレフも使われたしなぁ……
 うむ、ここは戦闘機や戦車ではなくエンジンやアビオニクスのメーカーから取るというのはどうだろう? チュルボメカ、レイセオン、ツマンスキー、リューリカ、クリモフ、ボルボ……うーん、ロシア系は長すぎてキーを打つのが面倒そうですが、なかなかよさそうですね。あと有名どころといえば……プラット・アンド・ホイットニー、ロールスロイス、石川島播磨重工……って、不自然だろそれは!(笑)




 では、ここで問題。『約束の土地へ』第1回リアクションのラストに出てきた船乗り『アジート』の元ネタはなんでしょう? ちなみに超マイナーな兵器ですよー。

2006/11/23 | 投稿者: mayfirst

 ミステリーというよりは……


 読んだ本レビュー
 クリックすると元のサイズで表示します
 『神曲奏界ポリフォニカ サイレント・ブラック』
 著:大迫純一 ソフトバンククリエイティブGA文庫

 mixiの『黒のポリフォニカ』のコミュ管理人であるにも関わらず、今まで感想をかいていないってどうよ、などとお叱りを受けそうなんで書いてしまいます。
 マティアとマガナの刑事二人が精霊がらみの連続殺人事件を追っていく、というストーリー。冒頭、読者に犯人を明かすというのも前回と同じですね。ただ、今回は“いかにして犯人は被害者を殺害したか?”という謎解きよりも、“なぜ、犯人は被害者を殺したのか?”という動機の部分に重点が置かれています。一見何の関係もなさそうな連続殺人の被害者が、実は過去に一つの繋がりがあって、それが犯人の動機につながっていく……てな展開ですね。ですからミステリーというよりはサスペンスに近いです。
 考えてみれば、精霊の力を以てすれば密室殺人などいともたやすいですから、精霊が犯人の謎解きミステリーはやりにくいですわな。ファンタジー世界を舞台とした謎解きミステリーが少ないのとおなじ理由ですね(テレポートの魔法一発で密室殺人が完成してしまう)。


 さて、今回の事件は前作『インスペクター』よりはるかに後味の悪い結末を迎えてしまいます。
 人間と精霊が共に暮すということは必ずしもいいことばかりではない、誰もがフォロンとコーティの様な関係になれるわけではない―というのが黒シリーズの主題だと私は思っております。要するに、赤が人間と精霊の関係の理想を描いているのならば、黒がそれの現実の部分を描いているということですな。そんなわけで、クリムゾンシリーズと併読すればより深く世界観を楽しむことが出来るでしょう。いや、ユフィンリーの性格が黒と赤では全然違うなぁ、という楽しみ方もありですが。

2006/11/22 | 投稿者: mayfirst

 本日はヤボ用にて秋田県北部の二ツ井町までいってきました。


 二ツ井町―今は市町村合併で能代市の一部となってしまいましたが―といえば、全国的に知られているのはやはりきみまち阪にちなんだ『きみまち恋文コンテスト』ですかね。2005年を最後に終了しましたが、地元でもそれなりに知名度の高いイベントでした。
 で、このイベントを元ネタにした美少女ゲーム(注意:リンク先はアダルトゲームのサイトです)が出ていたというのを今更知って驚いている次第。たしかにフィクションの元ネタとして使いやすいですけどねー。おお、イントロダクションにある七蔵駅の外見はJR二ツ井駅の外見まんまだなぁ。本当にあの位置にロータリーがあるんですよ。


 ううむ、『約束の土地へ』が終わったら、次は地元が舞台というのも面白いかもしれません。あと、季節が冬というのも。


 ところで、二ツ井に行く途中に立ち寄ったコンビニで、チェリーコークの500mlを買って飲んだのですが……ううむ、やっぱりすごい味だ。




AutoPage最新お知らせ