2007/6/13 | 投稿者: mayfirst

 超神ネイガーのミニアルバム『歌っこ全集』を予約注文しました。


 水木一郎アニキの歌う主題歌に続いて、今度は堀江美都子サマですか。すごいなぁ。
 あと、地味に地元タレントのあべ十全がアーティストに名前を連ねているところが秋田人として嬉しいところ(だと思う)。


 Amazonでチェック→超神ネイガーミニアルバム

2007/6/12 | 投稿者: mayfirst

「おおう!」は2番目の「お」にアクセントがつきます。


 読んだ本レビュー
 クリックすると元のサイズで表示します
 『男爵校長』2巻
 著:ÖYSTER 双葉社アクションコミックス

 最近流行りの(?)脱力系学園ギャグコミックス。シリーズ完結ですが、続編である『男爵校長DS アリカと月面紳士』の連載が『コミックハイ!』誌上ですでにスタートしております。
 ギャグの傾向はナンセンス系。例えば『ふおんコネクト!』の様なコアな知識が必要なネタはあまりないのですが、独特な雰囲気があるのでなじむのには時間がかかるかもしれません。いっぺんコツを飲み込んでしまえば面白いんですけどね。
 あと、1巻のカバー折り返しで著者も書いているのですが、作品の根底には『青春』というテーマが流れています。ですので、登場人物が些細なことで泣いたり笑ったり悩んだり落ち込んだりするエピソードが意外と多かったり。ただし、恋愛に関するエピソードはないんですよね。個人的にはその点が好きなんですが。


 ところで、ひとつ気になった点をひとつ。ちょっと記憶が定かではないのですが、雑誌『もえよん』最終号掲載のエピソードが抜けてますよね?

 Amazonでチェック→男爵校長 2 (2)

2007/6/11 | 投稿者: mayfirst

 マイミクさんの日記より。


「かがり美少女コンテスト」


 さて、どこからどう突っ込もうか(笑)


 以前紹介した「のしろケットちゃん」に続いての快挙(笑)となるのでしょうか。個人的にはもっとウェブ等で宣伝しないと作品の集まりが悪いんじゃないかなー、などといらぬ心配をしてみたり。
 ちなみに、ポスターを描いたのはこの方だとか→ナンダイミミズ事業部

2007/6/10 | 投稿者: mayfirst

 以前、録画しておきながら時間が取れずに見ることができないでいた海外ドラマ『CSI:NY』シーズン2を一気に観賞しました。


 ところで、CSIシリーズでは、番組内容を模倣した犯罪が起きないように、実際に番組の中で描かれる犯罪を真似ても誰も傷つかないようにかなり配慮しているのだとか。
 そっかー、だから第4話『企業戦士』で、「公園のベンチに座っていた被害者を、武芸の達人でもある犯人が、ベンチの背後に立っている大木から逆さまに吊り下がった格好で日本刀で首をぶった切る」などという、必殺仕事人もびっくりの殺害方法が出てきたのですね。確かにこの方法は真似すること自体が無理だ(笑)。


 話はちと逸れますが、CSI:NYシリーズはどういう訳かおかしな日本の描写がけっこうでてきます。シーズン1の女体盛りとか、ヘンテコな時代劇マンガとか。女体盛りに関しては、“皿”である女性(犯人)が、被害者が自分の爪を舐めてくる癖を利用して爪に河豚毒を塗っておくという犯行方法だったりするんだからなぁ。
 なんていうか、そのうち、日本のOTAKU文化にかぶれたニューヨークのエグゼクティブが、少女にブリティッシュメイドのコスプレをさせて監禁した挙句、大蛸の足を口に突っ込ませる触手プレイをした末に窒息死させてしまうという、まったくもってシャレにならないような事件をやってしまうのではなかろうか(笑)。

2007/6/9 | 投稿者: mayfirst

『神曲奏界ポリフォニカ THE BLACK』のデモムービーの2本目が公開されていました。


 マナガの声かっこいい〜


 ちょっと自分の周りの環境に大きな変化がありまして、しばらく更新に間が開いてしまいました。
 いや、少しばかりしんどかった。しばらく休養を取りたいですよ。ホントに。

2007/6/6 | 投稿者: mayfirst

 「言いたくなきゃいい。死体から聞く」


 読んだ本レビュー
 クリックすると元のサイズで表示します
 『教えて!CSI:科学捜査班/マイアミ/ニューヨーク』
 編:日経エンタテイメント 日経BP社

 人気の海外ドラマ『CSI』シリーズの本邦初となるオフィシャルガイドブック。私、このドラマ大好きなんですよ。
 内容は名場面&メイキングのグラビアから始まって、CSI100のギモン、名セリフ集、ネット連動企画であるCSI検定などなど。また、付属のDVDには『マイアミ-NY合同捜査』(『CSI:マイアミ』シーズン2の第23話にして『CSI:NY』のパイロット版)と、『CSI:科学捜査班』シーズン5第24話(クエンティン・タランティーノが監督をつとめたエピソード)の2本が入っております。
 基本的にレンタルできるシーズンの情報までしか乗っていませんので、WOWOWで見ている方はちょっとばかり不満が残るかも。でも、基本的にはCSI好きならまずは買って間違いなしの1冊です。
 それにしても、ホレイショカッコいいよ。

 Amazonでチェック→教えて!CSI: 科学捜査班/マイアミ/ニューヨーク(DVD付)

2007/6/4 | 投稿者: mayfirst

 「家族が恋人になる事はありません」

 
 読んだ本レビュー
 クリックすると元のサイズで表示します
 『ROM-レス』2巻
 著:白雪しおん 芳文社まんがタイムきららコミックス

 まんがタイムきららに連載されていた4コマコミックの第2巻。完結です。
 相変わらずのヘタレっぷりを発揮する主人公の静夜くんですが、この巻でついに三角関係に決着がつきます。雑誌掲載ぶんを読んだ時には意外と感じたエンディングでした。
 あと、この巻では静夜の妹・潤架のキャラクターがいい味だしています。あんなこと言われたら、静夜だって風邪をひいても無理して起き上がりますわなー。

 Amazonでチェック→ROM-レス。 2 (2)




AutoPage最新お知らせ