2007/10/31 | 投稿者: mayfirst

 先日(25日)、秋田市の近郊にある岨谷峡(そやきょう)にドライブと洒落込んできました。


 岨谷峡とは。
『岩見川上流に位置し、巨岩絶壁が屏風のように川に沿って約300mほど続きます。頂は空にそびえ、皺襞にはマツやモミジなどが茂り紅葉時の景観は見事です。昭和27年には「秋田観光三十景」にも選ばれました。また、文化8年(1811年)に菅江真澄もここを訪れ写生しています。』(Yahoo!より引用)


 午前11時半ごろに出発し、途中コンビニなどに立ち寄りながら国道13号→県道308号と走ること40分、あっという間に目的地に到着。自宅からは距離にして約30km。それにしても、市内から車で1時間とかからない場所にまがりなりにも紅葉の名所があるというのは、ある意味恵まれていることだと思う。


 はじめに辺岨公園に向かって軽く昼食。ちなみに周辺に売店は一切ないので(缶ドリンクの自動販売機はある)、すべて持ち込みとなります。
 で、腹を満たしたら早速岨谷峡へ……って、辺岨公園から岨谷峡への遊歩道が閉鎖されているのですがっ!!
 どうやら途中の階段が破損しているらしいです。そんな訳で、車で直接乗り付けることに。


 で、その時の写真がこちら。
 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 最後の写真は、岨谷峡よりさらに上流にある伏伸の滝(ふのしのたき)です。


 どうやら見頃にはまだ早かった様で、あまり紅葉は進んでいませんでした。
 うーん、残念。
 でもまあ、距離も近いですし、近々もう一度行ってみようかと考えています。

2007/10/29 | 投稿者: mayfirst

 本日の日記(NPCとアバター)を書き終えて、ガンダムシングルコレクションを聞きながらWeb上のニュースをあさっていると、こんなナイスな記事を発見。


 防衛省技術研究本部、陸上装備として「ガンダム」の実現を模索
 http://www.gamenews.ne.jp/archives/2007/10/post_2793.html


 防衛省技術研究本部の平成19年度研究発表会の展示コーナーに、「ガンダムの実現に向けて(先進個人装備システム)」というタイトルの展示がされるとのこと。研究発表セッションがメインで、展示はあくまでサブのようなのですが……いや、ガンダムの実現って!!(笑)
 先進個人装備システムということですから、歩兵の先進装備品についての展示と推測されます。ガンダムという字面を素直に読めば、宇宙の戦士に出てきたパワードスーツ的なものを想像してしまいますな。それともビームサーベルやビームライフルの様な非実体弾兵装かな? 技研で本当に多脚歩行戦車を開発していたらどうしよう?(いや、どうしようもないのですけど)


 ちなみに、この記事を読んでまっさきに頭に思い浮かべたのは、富士総合火力演習で全身を国防色に塗られたガンダムが平伏姿勢でビームライフルを撃ちまくるビジュアルでした。何か、それはそれでアリのような気がする。

2007/10/29 | 投稿者: mayfirst

 この間、たまたま行き着いた『萌える!アバターメーカー』で、今まで運営した同人PBeMのノンプレイヤーキャラクターを作ってみる。


 クリックすると元のサイズで表示します
 Powerd by http://www.moeruavatar.com/

 五月一番亭で運営した同人PBeM『約束の土地へ』のNPCより、愛すべき隊長ヘンリエッタ・ルクレール。
 なぜか肩だし衣装になっていますが気にしない方向で(笑)。つーか、こんな一般向けのアバターメーカーにブレストプレートなんてパーツはないよ。


 クリックすると元のサイズで表示します
 Powerd by http://www.moeruavatar.com/

『約束の土地で』で、PCたちのライバルにもかかわらず一度もビジュアル化されなかった、オーガーラント傭兵団の隊長リディア・ギアリング。結婚して数年後という感じですから、この時の名前はリディア・ギアリング・ディオですな。服装はスキッパーボーンでPCのひとりをたぶらかした時の物をイメージしております。


 クリックすると元のサイズで表示します
 Powerd by http://www.moeruavatar.com/

 同人PBeM『そして人魚は歌を歌う』のNPCより鮎川りん。うわっ、地味だ(笑)

2007/10/28 | 投稿者: mayfirst

 今宵はプレイバイメイル(PBM)の話題を。


 PBM、PBWオンリーの検索サイトを眺めていると、最近『イラスト代行』のサイトが増えてきたように感じます。
 イラスト代行とは、その名のごとくPBWのプレイヤーキャラクターのイラストを、絵の描けないプレイヤーに代わって作成するという趣旨のサイトです。ほとんどが趣味の延長上のいわゆる無償作業であり、あちこちのサイトを覗いてみると、それなりに繁盛しているみたいではあります。


 まあ、それは別に構わないのですよ。むしろどんどんやって欲しい。
 ただ、それら代行サイトのほとんどがプレイヤー向けなんですよねぇ。絵の下手くそなWebマスターとしては、製作者サイド向けのイラスト代行サイトがあったら嬉しいのですけど……でも、サイトの中にはせっついたり注文が細かい人はダメだとか、趣味の延長であるということを理解できない人はそもそも依頼する資格がない、などと書かれているのもあるからねぇ(全部が全部こう言っているわけではありませんよ、念のため)、無償代行サイトにはいわば制作スタッフの一端を担わせることになる作業依頼はちょっと荷が重過ぎるかもしれませんな。


 私の五月一番亭も無償の趣味サイトだけど、リアクションの公開が遅れると参加者様からお叱りを頂いたりするんだけどなぁ(もちろん罵詈雑言でもない限り、真摯に受け止めるけどね)。「趣味の延長であることを理解できない人はダメ」などといった内容の一文を、サイトに堂々と乗せることができるWebマスターが羨ましい(笑)。

2007/10/27 | 投稿者: mayfirst

 今まで忘れていましたが、私が管理しているサイト『五月一番亭』が今月の21日で五周年を迎えていました。


 以前にも似たような感想を抱いた記憶があるのですけど、よくここまで長続きしたもんだなぁ。
 九十九式さまの個人サイト4年寿命説http://type99.net/2003/04/4.htmlに当てはめると、『五月一番亭』はもうご長寿に類されるサイトになるんだよなぁ。ただ、当サイトは扱っているのがPBeMであるという性格上、更新頻度が非常に低い(月1回、リアクション執筆にいたっては2ヶ月に1回)から長持ちしているんだろうと思うのですけど。
 これが毎日更新の日記サイトだったら、まず間違いなく潰れていただろうな。


 さて、これからはどんなネタをやっていこうか?

2007/10/25 | 投稿者: mayfirst

 ええと、全国のニュースでも報道されていてご存知の方もおられると思いますが、私の住んでいる秋田で、比内地鶏加工食品の偽装が発覚しました。


 で、偽装の発覚でお約束どおり商品の店頭からの一斉撤去が始まりました。くだんの会社の商品だけではなく、県北部の食品会社が生産・販売しているすべての比内地鶏関連商品が、です。もちろん、比内地鶏ダシも。


 ……これから冬だってのに鍋物が食えなくなるのですがッ!!
 特にキリタンポ鍋が食えなくなるのですがッ!!!


 幸いにして、秋田市内の食品会社が作っている比内地鶏ダシは撤去の対象にならなかったらしいので、かろうじて一種類だけ販売しているのですが……うーん、品薄になりそうだなぁ。


 ところで、一部報道で流れた“西の赤福、東の比内地鶏”というコピーはなかなかナイスだったと思う。

2007/10/24 | 投稿者: mayfirst

 ご当地ヒーローコレクション vol.1 DX 超神ネイガー


 遂に行き着くところまできてしまったか……。
 しかし、ご当地ヒーローコレクションの第1弾ということですが、当のご当地ならともかく全国的に果たして需要があるもんスかねぇ。


 私は欲しいです(笑)


 ところで、もしこのコレクションシリーズが続くとしたら、、次はどこのローカルヒーローがフィギュア化されますかね?
 地域戦隊カッセイカマン
 離島戦隊タネガシマン
 チャリ・エンジェルズだったらどうしよう?


 ……無難なところでは超速戦士 G-FIVEではないかと思うけれど。




AutoPage最新お知らせ