2007/12/7 | 投稿者: mayfirst

 今宵は鴨南蛮そばを肴に日本酒をちょこっと嗜んでおります。


 ところで、鴨南蛮そばといえばマヨネーズを入れて食すべしという意見が一部にあり、実は私もその意見のひそかな信奉者だったりするのですが、今回に限ってはそばが出来たからカップ酒の蓋をあけましたので、何とかそんな奇特な行為の実行を思いとどまることができました。ふぅ、危なかったぜ。先に酒をあけていたらどんな風になっていたことやら。


 ええ、若いころにはやったことありますよ。マヨネーズ入り鴨南蛮。元ネタが気になる方は『鴨南蛮マヨネーズ蕎麦』で検索してみよう。


 そういえば、先日こんな本を買いまして……


 クリックすると元のサイズで表示します
『コンビニ食材で簡単にできる! オタめしクッキング』
著:綾川ゆんまお 株式会社プレスト

 要するに、毎日の食事に対して無頓着になりがちなヲタでも(←ひどい決めつけだ;笑)簡単にできる料理のレシピと、アニメ作品に出てきた料理の再現&やり過ぎの感があるキャラ弁(ご飯やおかずでキャラクターの絵を描いた弁当)を掲載した、「ああ、最近の萌えブームとかにのっかって刊行されたんだなぁ」感バリバリの実用書(笑)です。
 値段の割にはレシピ数が少ないので正直実用性は薄いのですが、手抜き――もとい簡単な料理法のアイディアには感心させられます。麻婆豆腐を豆腐とインスタントの担々麺のかやく&スープで作ってしまうのはまさに手抜き――もとい合理化の極致!
 でも、アニメに出てきた料理を再現するページで、「焼きそば喫茶どんぐり」の焼きそばのレシピ(当然、レシピはものすごく投げやりです)を載せるのはどうかと思うぞ。めがっさ反則だと思わないかなぁ? どうにょろ?
 あと、キャラ弁のページでは、ハルヒと真紅の芸の細かさには正直驚いたのですが、「ひぐらしのなく頃に」のレナにケチャップで血糊装飾を施すのはいくらなんでもやり過ぎです(笑)。あまりシャレになっていません。


 ああ、でもアニメ登場の料理の再現はいくつかやったなぁ。上記の鴨南蛮マヨネーズ蕎麦のほかにも、神曲奏界ポリフォニカに出てきたコーティカルテお気に入りのたまご焼きサンドとか、星界シリーズのクィンズ・ベルとか。前につとめていた職場では、厚く切った食パンにバターを塗って目玉焼きを乗せたものを昼食に持って行ったら、一発で元ネタがばれてしまったっけ……。




AutoPage最新お知らせ