2007/12/18 | 投稿者: mayfirst

「UFO、存在の確認なし」政府が議員質問書で閣議決定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071218-00000503-yom-soci


 いや、未確認飛行物体と宇宙人の乗り物をごっちゃにするようは発言はもうやめようよ、という恒例の突っ込みは置いといて。

 山根隆治参議院議員(民主)から提出されたこの質問主意書には、「最近UFOの目撃が後を絶たず、国民が不安と関心を示している」といった意味の内容が書かれていたそうな。故に政府としての見解はいかがなのか?、と。
 いや、でも、UFOの目撃情報が相次いでいるというのはともかく、国民がそれを不安に思っているかどうかは微妙だと思うんだけど(ごく一部にはいるかもしれない)。もしかしたら、「インディペンデンス・デイ」や「宇宙戦争」のような出来事が本当に起きるかもしれない、政府と自衛隊は何らかの対策を講じるべきだという世論や住民運動がいずこかで起きているのかな。少なくとも私は聞いたことないんだけどなぁ。


 まあ、見え見えのパフォーマンスだよね。


 また、質問主意書に対する政府の答弁においても、

 >「特段の情報収集、外国との情報交換、研究などは行っていない」とし、「我が国に飛来した場合の対応についても特段の検討を行っていない」と説明している。

 というのは「UFOが宇宙人の乗り物である」という前提においては行っていないということだろう。これが同じ未確認飛行物体でも、某国の弾道ミサイルあるいは秘密偵察機ではないか、ということになれば政府や自衛隊の対応もまた違ってくると思う。
 さらに、

>航空自衛隊は、日本の領空に侵入するおそれのある正体不明の航跡を探知した場合に戦闘機を緊急発進させるが、「鳥など航空機以外の物体を発見することはあるが、UFOを発見した事例は承知していない」

 についても、やはりUFO=宇宙人の乗り物」という前提での答弁だと思う。自衛隊は宇宙人の乗り物と確認できる飛行体を見つけたことはないですよー、という意味ですな。それに、自国の領空を身元不明の飛行物体が何のおとがめもなしに飛び回っているなんて事態になったら、国防を担う自衛隊の面目丸潰れ、つーか、多額の税金使って何やってんの? とかなんとか民主党あたりが騒ぎ出して挙句の果てには責任問題だー、とかそういう風になってしまうから、事実はともかくこう答えるしかないんじゃないかな。


 18日午後の町村官房長官の記者会見での発言http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071218-00000970-san-polを見ればわかるけれど、この一連のニュースでいちばん滑稽なのは、「正体不明の物体が領空を飛びまわっている話があるが、それは事実なのか。政府では何か調査なり対策なりしているのか?」という安全保障上の問題と、「UFO目撃という怪奇現象の正体は、はたして宇宙人の乗り物なのか?」という科学的(?)な問題がごっちゃになっている点だろう。政府の答弁書の内容は明らかに前者に則ったものだし、町村官房長官の発言は後者の問題に属するものだ。おそらく、質問主意書を提出した山根議員も、そして報道したマスコミも両者を区分けして考えてはいないではあるまいか。
 だけど、UFOの存在を確認していないという政府見解が、「UFO=宇宙人乗り物説」を否定しているわけではない。政府見解は、あくまで我が国の領空を飛んでいる物体はいかなるものもその正体をきちんと把握しており、ものによっては相応の対策を取っているよ、言いかえれば国防態勢は万全だよという意味であって、巷で噂される正体不明の飛行体が宇宙人の乗り物かどうかという命題はそもそも論じていないのではないか。もっといえば(宇宙人の乗り物としての)UFOを信じるか否かというのとは違う次元での話ではないか、と思うのだけど……




AutoPage最新お知らせ