2010/11/20 | 投稿者: mayfirst

 田中芳樹先生の「白い迷宮」の中にでてくるセリフ「尋けば何でも答えてもらえるとでも思ってるのかい。そりゃ甘い考えだろうさ」は名言だと思うmayfirstですこんばんは。そう、NPCたちだって、自分たちの都合でPCからの質問をはぐらかしたり、時には嘘をついたりすることもあるのですよ。

 今回はPBeMにおける「当然の推論」について。

 同人PBM「箱庭物語」の公式ブログにて、「この世界に○○は存在しますか」という旨の質問を複数いただいていますという内容の記事がありました。

 箱庭物語〜ぼくらがくらした。〜公式情報ブログ
 http://mitopbm.uni.noor.jp/

「リアクションには描写されていないけど、そこに○○というアイテムはあるのか」という質問は、自分も同人PBeMを運営しているときに何度か受けたことがあります。そして、その質問に答える際にゲームマスターが使うのが、冒頭に書いた「当然の推論」という考え方なのです。
 当然の推論とは、エンターブレイン刊「クトゥルフ神話TRPG」のリファレンスに載っている言葉で、その意味を本文から引用すると、

 その部屋あるいは洞窟あるいは飛行機そのほかの物理的な環境の中に、あると描写はされてはいないが、理論的に言って当然あると推論されるすべてのもの

 ということです。
 例えば、拙作「雪色の妖精」に登場した喫茶店『沙雪』の店内にプレイヤーキャラクター(以下PC)たちがいるとしましょう。リアクション本文で描写されたのは、店内はカウンター席が5つとボックス席が3つあり、店の奥にはお手洗いのドア、カウンターの裏には厨房への入口があるということだけ。では、他にはどんなものが店内にあると考えられるでしょうか?
 喫茶店だから当然コーヒーカップやガラスのコップ、お皿やフォークなどの食器はたくさんあるでしょう。カウンターの裏にはコーヒーサイフォンがあり、会計用のレジスターもあるでしょう。ボックス席は大きな窓に面しているかもしれません。お手洗いにはトイレットペーパーがあるだろうし、厨房には包丁やボウル、寸胴などの調理器具や何種類もの調味料があり、卵などの食材は業務用の冷蔵庫の中にしまわれているに違いありません。また、店が営業中であればカウンターでグラスを磨く店主や、お客の注文を聞いているウェイトレスの姿を見ることができるでしょう。
 この当然の推論という考え方は、プレイヤーの側でも積極的に使うことができます。例えば、上記の状況で「店に近づきつつある怪物たちから身を守る」というアクションを考えるとしたら、店内にあるもので武器として使えそうなものは何があるでしょうか。
 包丁やフォークは直接的な武器として使えそうです。お皿を投擲するというのもありですし、調味料のコショウは壜のふたを開けて投げつければ目潰しとして使えるかもしれません。店内を掃除するためのモップは当然あるでしょうから、それを振り回すことだってできるでしょう。もし怪物の弱点が炎だと分かっているのなら、モップの柄に雑巾などの布切れを巻きつけ、ブランデー(ケーキの材料でもあります)や食用油を浸すことで即席の松明を作ることもできます。寸胴のふたは盾代わりに使えますし、ボックス席のソファやテーブルを入口や窓の前に積み上げてバリゲードにすることもできます。「雪色の妖精」第5回リアクションで実際に採用した、「湯沸かし器からホースを伸ばして妖精に熱湯を浴びせかける」というのも、当然の推論に基づいた実に良いアクションだと思います。
 当然の推論によってその場にあってもおかしくないアイテムならば、いちいちゲームマスターに「そこに○○はありますか」といった質問はしなくても構いません。ゲームマスターは、それがよほど状況に矛盾していない限り――たとえば砂漠の真ん中で薪を集めるなど――、「そのアイテムはそこにないから無理」という判定はしないと思います。もっとも、アクションの判定で重要視されるのはアイテムの有無ではなく「そのアイテムをどう使いこなすか」という点ですので、当然の推論に基づいたアクションであっても必ず採用されるとは限らないのですが。
タグ: PBeM

2010/11/14 | 投稿者: mayfirst

 今年は航空自衛隊の航空祭に一度も行くことなく終わってしまったmayfirstですこんばんは。来年はなんとか予算と時間の都合をつけて行きたいものです。

 パイロット廃業の日は近い? 米空軍が目指すF-22後継第6世代戦闘機は無人戦闘機(GIZMODE JAPAN)
 http://www.gizmodo.jp/2010/11/f-226.html

 行く末はレイフかゴーストV9か。
 結局は「無人でも運用できる機体」を目指しているということで、記事のタイトルに反して戦闘機パイロットが廃業の憂き目にあう懸念はしばらくなさそうです。遠隔操縦だと強力な電子妨害一発で全機操縦不能なんてことになりかねないのも理由の一つでしょうが、何より、どんなに性能の高いカメラやセンサーを搭載していても、生身の人間が現場で見聞きする情報には敵わないと軍は判断しているんでしょう。おそらく、単純な任務では無人で飛ばし、現場の判断が重要なデリケートな任務の際にパイロットが乗り込むという運用を想定しているのではないでしょうか。

2010/11/8 | 投稿者: mayfirst

 iTunesに入っているアニソン・ゲーソン系の楽曲が1000曲を超えたmayfirstですこんばんは。ちなみに1000曲目に入れたのは「エアーマンが倒せない」でした。 

 秋田県大館市では、大館青年会議所が主催する音楽ライブイベント「ハチ公音祭」が定期的に開催されています。参加するのは主に地元で活動しているミュージシャンですが、先日開催された「ハチ公音祭2010秋の陣」では、目玉企画として地元女子高生による素人ガールズバンドを育成するプロジェクトがすすめられ、彼女たちの演奏が披露されたそうです。
 その育成プロジェクトの名前は、

「大館けいおん学部」

 ……
 …………
 ………………
 秋田大学の「ロケットガール養成講座」に続いて、またやらかしてしまいましたか。
 地元新聞の記事によると、やはり例の人気漫画をモチーフにして立ち上げられた企画で、一般公募で集められた10名ほどの中から選ばれた4人の女子高生が、週1回の練習を5カ月間続けてきたとのこと。4人ともそれまで楽器に触れたことがほとんどなかったそうですから、まさに全員がリアル唯だったというわけですね。ところでこのバンド、ギター&ボーカル、ギター、ベース、ドラムという、あずにゃんはいるのにムギがいない構成だったり。
 なお、彼女たちがハチ公音祭で演奏したのはマイケル・ジャクソンの「BEAT IT」だったそうです。さすがに「Don't say "lazy"」ではなかったのね。

 ハチ公音祭2010秋の陣については、以下のブログに詳しく載っています。

 ハチ公音祭 2010 「秋の陣」(どだすか大館ブログ)
 http://dodasuka.blog133.fc2.com/blog-entry-176.html

2010/11/6 | 投稿者: mayfirst

 ここ2カ月ほどファストフードを口にしていないmayfirstですこんばんは。だからといって健全な食生活だったかというと、そうでもなかったりするんだよなぁ……

 ハッピーセット禁止条例、サンフランシスコで制定へ(CNN)
 http://www.cnn.co.jp/usa/30000792.html

 マクドナルドをはじめとしたファストフード各社が子供向けのキャンペーンを頻繁に行うのは、

・大人は一人で来店するが、子供は一人以上の保護者を必ず連れて来店するから。
・子供のお願いなら、保護者の財布のひもも緩みやすいから。
・子供のうちに囲いこんでおけば、その子供は今後数十年に渡って優良な顧客となるから。

 以上の三つの理由からだと聞いたことがあります。
 マクドナルドのハッピーセットもまた然り。そのハッピーセットが実質的に販売できなくなるような条例が、アメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコ市で制定されそうとのことです。
 子供の肥満が社会問題化しているアメリカならではと思うのですが、それじゃあ例えば条例に基づいた低カロリーのセットメニューを顧客が求めているのかといえば、おそらくそんなものを出してもさっぱり売れないと思うんですよ。
 なぜなら、低カロリー・健康志向の食品=不味い・高価というイメージが根底にあるから。
「子供に何を食べさせるかは政府でなく保護者が責任を持って決めることだ」というマクドナルド広報の批判のとおり、結局は保護者がきちんと監督しない限り、ハッピーセットが買えなくなったら他の高カロリー食品――例えばドーナツとかピザとかを食べるようになるだけで、子供の肥満問題の解決にはならないんじゃないかと思った次第です。まあ、上記のマクドナルド広報の批判に関しては「お前が言うな」という気がしないでもないですが。

2010/11/1 | 投稿者: mayfirst

 先日のエントリで紹介した「まとめ:寒い秋だとは思わんか? ホットドリンクであたたまる39選」ですが、夏にも同じことをやっていたことに気づいたmayfirstですこんばんは。元ネタは上から順に「時をかける少女」「AIR」「おおきくふりかぶって」「よつばと!」「ワンピース」「キミキス」「機動戦士Zガンダム」「タッチ」「ジョジョの奇妙な冒険」ですね。

 ももの味が“ほっと”で初登場!とろりとしたなめらかな味わい 「ほっともも」 新発売(カルピス:プレスリリース)
 http://www.calpis.co.jp/corporate/press/nr_00489.html

 アニメにもなった森岡浩之先生のSF小説「星界の紋章」に登場するヒロインキャラクター・ラフィールは、桃果汁(ティル・ノム)を熱くしてレモンを一切れ入れたものが好きという設定でした。星界シリーズのいちファンとしては、ようやく時代が追い付いてきたかという感じです。
 というわけで早速買ってきました。
続きを読む




AutoPage最新お知らせ