2011/2/27 | 投稿者: mayfirst

 飴やキャンディーは実はあまり好きじゃないmayfirstですこんばんは。口の中に長時間残る食べ物って苦手なんですよ。同様の理由でガムもあまり好きではありません。

 秋田県は大館市の小正月行事「大館アメッコ市」に行ってきました。

 大館アメッコ市(大館市HP)
 http://www.city.odate.akita.jp/dcity/sitemanager.nsf/doc/amekkoichi
続きを読む

2011/2/14 | 投稿者: mayfirst

 不二家のLOOKチョコレートの味を再現したというLOOKチョコレートドリンクを飲んだら、単なる甘いココアの味しかしなかったのでちょっとがっかりしたmayfirstですこんばんは。チョコレートもココアも元をただせば同じカカオなのだから、同じ味で当然と言われたらその通りなのですが。

 武田尚子先生の「チョコレートの世界史」を読みました。
 この本は「チョコレートの歴史」の本ではなく、「チョコレートの原料であるカカオがグローバル化した歴史」を紐解いた本です。
 前半部分はカカオ文化が原産地である中米からヨーロッパに拡大し、特権階級のみの嗜好品だったカカオ(ココア)がやがて庶民の飲み物として広がっていく流れが書かれており、ここは楽しく読めました。中米のマヤ文明やアステカ文明ではカカオは貨幣としても流通していたとか、ココアは「薬品か食品か」「固体か液体か」で宗教的論争が起きていたなど興味深いトリビアもいくつかありました。
 ただ、後半のチョコレート誕生以降の歴史になると、チョコレートやその原料であるカカオを取り巻く貿易・生産流通・労働環境によりスポットが当てられるようになり、チョコレートそのものの歴史についてはそれほど触れられなくなります。
 全体的に歴史や経済の教科書に出てくる用語――「プランテーション」「三角貿易」「重商主義」「テイラー・システム」などが頻出しますが、それほど難しい内容ではないので高校レベルの知識でも読めると思います。ただ、チョコレート(カカオ)ならではの面白い歴史的エピソードが少なく、読んでいる内にやや退屈した感もありました。要するに、チョコレートでなくコーヒー豆や砂糖でも似た内容の本が書けるのではないかと。裏を返せば、チョコレートもココアも他の加工食品と同じく、ごくありきたりな工業生産品であるということなのでしょうけど。

2011/2/12 | 投稿者: mayfirst

 コンビニで「けいおん!!」ストラップ付き十六茶を物色していたのを店員さんに見られて、会計の際に生温かい視線を向けられたmayfirstですこんばんは。ところで探していたあずにゃんのストラップは結局見つかりませんでした。

 最終回を迎えた原作漫画「けいおん!」が春から再始動(にゅーあきば.com)
 http://www.new-akiba.com/archives/2011/02/post_24171.html

 小説にしろコミックにしろ、人気が絶頂の時に惜しまれながら終了するのが最も良い終わり方と言ったのは、山本弘先生だったか清松みゆき先生だったか。
 原作版の「けいおん!」はまさにそんな終わり方だったので、近年では稀に見るきれいな幕の引き方だったなぁと感心していたのですが……ここにきて春から再始動という展開に驚きました。今から思えば唯たち4人が同じ大学に進学するという展開にやや不自然な感じを抱いてはいたんですが、まさかこれが伏線だったとは。
 なお、詳細は3月発売のまんがタイムきらら4月号にて発表とのこと。タイミング的には連載スタートはその次の5月号からですかね? とりあえずは要注目ということで。

2011/2/7 | 投稿者: mayfirst

 FLASHゲームの「Crush the Castle 2」「引越し奉行」に西欧と日本の差を見たmayfirstですこんばんは。「Crush the Castle 2」はちょいとグロ表現があるので注意。

 麻薬密輸に「大型パチンコ」登場 米、メキシコ国境(CNN)
 http://www.cnn.co.jp/fringe/30001707.html

 いったいどこの中世の城攻めかと。
 利点は音がしないのと安上がりに済む(少なくともトンネル掘ったり潜航艇を使うよりは)で、欠点は装置が大きすぎて取り回しが難しい上に目立つ、というところでしょうか。
 実際、このカタパルトでどれくらいの量の麻薬を送りこめたのかは分かりませんが、押収された際に現場に20キログラムのマリファナが残っていたということは、思いのほか効率は良くなかったってことでしょうかね。




AutoPage最新お知らせ