妄想と萌え

2006/6/29 | 投稿者: mayfirst

 「ごめん、マグ(カップ)割っちゃった」


 読んだ本レビュー
 クリックすると元のサイズで表示します
 『かみさまのいうとおり』3巻
 著:湖西晶 芳文社まんがタイムきららコミックス

 おなじみ妄想系(笑)萌え4コマコミックの第3巻です。
 まりあの妄想が回を重ねるほどにどんどんマニアックになっています。焼肉屋での「肉どれー?(を選ぶの?)」とか、体育祭のパン食い競走での「なめたりもしたほうがいいんだよね?」とか、荒れた唇にバターを塗ると舐めてしまうとか(詳しくは本編を参照してください)、もう全編に渡って飛ばしまくり。
 あと、『かみさまのいうとおり』最大の謎のひとつ『保険医の黒野先生が谷先生を好きになった理由』が、この巻で明かされます。私自身は好きな理由そのものより黒野先生が意外に若いということに驚かされましたが(二十ニ、三歳くらいらしい)。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ