学園と楽園

2007/7/11 | 投稿者: mayfirst

 さるBlogで『学園ぱらだいす』なる懐かしい単語を発見。


 たしか90年代前半にツクダホビーから発売された、「80年代学園ドラマ」的なストーリーを楽しむためのテーブルトークRPGで、既存のTRPGにある『戦闘』などのルールが存在せず、その代わり初めて会った異性NPCに一目惚れしてしまうか否かをダイスで判定する“一目惚れチェック”があったり、ソースブックに1クラス40人分のクラスメイトNPCが設定されていて、しかもクラスメイト一人一人にそれぞれシナリオソースが付属していたりなど今思えば実に斬新かつ贅沢な造りのシステムでした。そして、おそらくは私がもっともゲームマスターとして遊んだルールでもあります。恐ろしいことにコンベンションでもかなりのプレイ回数をこなした記憶が……うむ、あの頃の私は若かった(笑)。


 んで、懐かしさのあまりそのルールを押入れの奥から引っ張り出してみたのですが……おお、私がマスタリングしたときのキャラクターシートもかなり残っているではないか!! 
 ただ、キャラクターシートにプレイヤーの名前の記入欄が無いので、誰がどのキャラクターをやっていたのかほとんど思い出せません……キャラ自画像があるのは、その絵柄からある程度プレイヤーを類推できますけど――例えば何故かキャラ自画像の欄に“ソルバルウ”と“アンドアジェネシス”が描いてある武神くんとか、口から輪っか(煙草の煙だそうな)を吐いているモアイの四島くんとか。この2キャラに関してはプレイヤーが誰だかイッパツで思い出せましたけど……ねえ、自画像なのこれ?(笑)


 なお、押入れの奥からは学園ぱらだいすのほかにも色々と懐かしい物が出てきました(失楽園とか)。それらについてはまた後日。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ