てゆうか早くリアクションアップして下さい、いやマジで

2005/4/24 | 投稿者: mayfirst

 同人PBeMのマスターなんぞをやっている私ですが、実は一応プレイヤーとしてもPBeMに参加しているのですよ。


 最近プレイヤー登録したのはふたつ。
 一つは第1回アクション〆切から半年近く経ちましたが、リアクションがアップされる気配はありません(そういえば最近何かリアクションアップの動きがありましたが、またまた延期だそうです)。
 もう一つは、アクションを1回も送付しないうちにサイトそのものが消滅。


 ……おーい、こいつはいったいどういうことだぁ?(笑)
 ま、要するに自分のキャラクターがリアクション上で動いている様子は、PBeMでは見たことないんですな。いずれも同人で参加費なしだったのが救いといえば救いですが。


 やはりアクション=リアクション方式のPBeMというのは運営が難しいのでしょうかね。
 PBeMのリアクション小説が普通の小説と違うのは、登場人物たちが書き手の思い通りに動いてくれないという点です。プレイヤーキャラクターの行動指針はプレイヤーが決めるのですから、そりゃ当然ですよね。
 実際プレイヤーさんから送られてきたアクションを読んでいると、結構予想だにしない行動をしてくるものだなぁ、なんて思います。もちろんそれはそれで楽しいのですが、いざそれらをすべて整合させて一つの文章に纏め上げるとなると、これが意外に難しい。
 普通の小説みたいに綺麗にストーリーを纏め上げるなんて、まず無理なんですよ。どこかに無理が出てくる。例えばどうしてもその回で触れておきたい伏線があったとしても、プレイヤーキャラクターがだれもその伏線に触れるようなアクションをとってこなかったらもう諦めるしかない。もし重要な伏線ならば、別の機会に別の方法を考えて触れなければならないわけです。自分の思い通りに物語を書けないというのは、想像以上に大変なんです。(嫌なわけではないですよ、念のため)


 うむ、それを分かっててやってる私は、やはりマゾか(笑)。


 途中でプレイが挫折しているPBeMサイトをよく見かけるのも、むべなるかな。
 でも、一度でいいからまともにPBeMをプレイヤーとしてプレイしてみたいもんだ。有料のヤツなら確実なのかも知れんけど、ちょっと財政的に今苦しいしなぁ……(車のローンでね)。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ