暑気払い  日常光景

さてと、必要最小限の荷物持って……っと……
まゆ『艦長、おでかけですか?』
ん。
まゆ『どちらまで、おでかけなのですか?』
駅前の居酒屋で暑気払いのビール、腐れ縁のダチと呑んできて、ついで泊まってくるわ。
まゆ『いってらっしゃいませなのです』
おろ……今日は外泊で、不平不満を言わないのん?
まゆ『艦長のお顔が、昨日よりも元気そうなのです。
たまには、外で楽しんで、気力をチャージされた方がいいのです』
ウレシイこと、言ってくれるやんけ。
まゆ『それでそれで、お元気になられたら、いっぱいいっぱい可愛がってほしいのです』
結局それかい。
まゆ『最近は、本当にご無沙汰ご無沙汰なので、とてもとても寂しいのです。
ですからですから、明後日の夜は、いっぱいいっぱい可愛がってくださいなのです』
ぐあ……
まゆ『実は実は、艦長が外泊されちゃうから、とてもとても寂しいのです。
せめてせめて、お出かけ前のジュテ〜ムをしてほしいのです(すりすり)』
なんじゃい、お出かけ前のジュテ〜ムわ。
まゆ『フランス映画みたいに、しっとりねっとりぐっちょりまったりねとねとぐちょぐちょ濃厚でぃ〜ぷな、お出かけ前の別れを惜しむ僅かな時間空間を、艦長と共有したいのです。
艦長から玄関前で、ジュテ〜ムジュテ〜ムジュテ〜ムジュテ〜ムジュテ〜ムとささやいて、濃厚でぃ〜ぷな接吻と抱擁を、狂おしく激しく情熱的にしてほしいのです(すりすり)』
ここわ日本で、わしは日本人じゃい。
まゆ『うかつでした。
艦長のツボは、別のとこにありました』
をい……
まゆ『おにぃーちゃーん♪(すりすり)』
やめい!
まゆ『明日の晩はお風呂一緒して添い寝、約束だよ、おにぃーちゃん♪
ほらほら、おにぃーちゃんの好きなパジャマだよ(すりすり)』
あーのーなー
小雪『早くお出かけされないと、約束の時間に遅れてしまいますよ』
ういっす。
小雪『お帰りになられたら、わたくしも、目いっぱい可愛がってくださいませ』
げ……
小雪『わたくしにも、フランス映画みたいな、しっとりねっとりぐっちょりまったりねとねとぐちょぐちょ濃厚でぃ〜ぷな時間空間、くださいませ(すりすり)』
こーゆーきー
小雪『狂おしく情熱的に、ジュテ〜ムジュテ〜ムジュテ〜ムジュテ〜ムジュテ〜ムと、甘くささやいて、濃厚でぃ〜ぷな接吻と抱擁をくださいませ(すりすり)』 
あーのーなー
小雪『まゆちゃんと川の字、いっぱいいっぱい可愛がってくださいませ(すりすり)』
うううぅ〜
まゆ『真夏の夜の短い時間、激しく激しく燃え上がるのです(すりすり)』
ぐはあ〜
小雪『明日の晩は、寝かせませんから(すりすり)』
こゆきぃー、酔ってるのん?
小雪『いいえ、しらふですよ(にっこり)』
ぐはぐはあ〜
まゆ『それでそれで、艦長のミサイルを発射口に装填して、連射連射なのです。
激しく激しく、連射連射して欲しいのです(すりすり)』
腹上死しそうだ。
小雪『途中で寝てしまわれたら、イヤですよ。
ちゃんと最後まで、可愛がってくださいね(にっこり)』
まゆ『今夜は体力気力チャージされて、明日の晩に備えてくださいくださいなのです。
それではそれでは、いってらっしゃいませなのです(すりすり)』
しぃ〜にぃ〜そぉ〜〜〜
まゆ『艦長、肝心なことを忘れていました』
なんじゃい。
まゆ『お出かけ前のジュテ〜ムが、まだだったのです(すりすり)』
小雪『わたくしにも狂おしく情熱的に、濃厚でぃ〜ぷな接吻と抱擁をくださいませ(にっこり)』
しむぅ〜〜〜〜〜っ!!!


めぐ『キララちゃーん、見てたぁー?』
キララ『見てたよ、めぐちゃん』
めぐ『思いっきり、爛れてきたよねぇー』
キララ『ホントだね』
めぐ『これも、しのざわの影響なのかなぁー』
キララ『そうかもしれないね』
めぐ『あたしたちも、小雪サンやまゆみたいになっちゃうのかなぁー』
キララ『めぐちゃん、怖いよ、ソレ』
めぐ『今度お店で、しのざわ相手に、ジュテ〜ムごっこー』
キララ『めぐちゃん、洒落になんないよ』


これ書いてる現在時刻、18時45分……



0




AutoPage最新お知らせ