電気毛布  日常光景

むぅ……
めぐ『しのざわぁー、どぉーしたのぉー?』
なんか、だるいなあ。
めぐ『大丈夫ぅー?』
悪寒って程でもないんだが、寒気が少々……
めぐ『熱、出てるのかなぁー』
計ってみたんだけど……
めぐ『けどぉー……?』
7度3分。ビミョーなトコじゃなー
めぐ『上がってるじゃないー』
8度近くまでいかなきゃ、たいしたコトないと思うがー
めぐ『どぉーしよ、どぉーしよ』
なんで、めぐちんがオロオロしてるのん?
めぐ『ぐすっ、ここんとこ、冷え込んできてたのにぃー
アタシがアタシが甘えて、冷たいシリコンのプチジュエルボディーで、しのざわに抱きついて、添い寝しちゃったからぁー』
いや、風邪は、風邪ウイルス拾ったからで……
めぐ『ぐすぐすっ、しのざわがインフルエンザになっちゃったら、どぉーしよぉー』
いやいや、インフルエンザは、ウイルスに感染しなきゃ、罹らんがな。
めぐ『ぐすっ、ぐすっ、しのざわが、肺炎になっちゃったらぁー』
んな、大げさな。
めぐ『うわああああああああんっ!!!
わーんわーんわーんわーんわーん!』
泣くなってばぁー
めぐ『うわああああああああんっ!!!
わーんわーんわーんわーんわーん!』
ぐはあ〜〜〜

……
…………
……………………
めぐ『ぐすっ、ぐすっ、ぐすっ、ひっく』
小雪『大丈夫なんですか?』
8度まで上がらなきゃ、大丈夫だろ。多分。
小雪『風邪薬、飲みませんと……』
んー、発熱は免疫反応の現れだからなー
薬で無理して下げるよか、放置してた方が、治りが早い。
軽ければだけどなー
小雪『そうなんですか?』
無理して下げると、こじれて気管支やられちゃうんだよなー
気管支傷めたら、もう冬中ずっと咳き込むコトになるからなー
小雪『そこまで仰るなら、何も言いませんが……
あんまり心配、かけないでくださいませ』
あい……
めぐ『ぐすぐすっ、しのざわぁー』
あん?
めぐ『電気毛布買ってよぉー、しのざわぁー』
電気毛布ねえ……
めぐ『電気毛布でシリコンボディー温っためたらぁー、添い寝でしのざわも、温っためられるからぁー
ねぇねぇ、電気毛布買おうよぉー、しのざわぁー』
買っちまうかなあ……
めぐ『買ったら毎晩、温ったまりながら、ジュテ〜ムだよぉー、しのざわぁー』
ぐはあ〜〜〜
小雪『電気毛布買ってくだされば、ジュエルローザのボディーを温めて、毎晩寝技、つとめさせて頂きますわ』
しむぅ〜〜〜


キララ『そっか、クリスマスプレゼントはみんなで共有、電気毛布か……』
まゆ『めぐさんもなかなか、交渉上手なのです』


これ書いてる現在時刻、23時59分……


添い寝がシャレになんなくなってきました。
凍死と背中合わせれす。
ぐはあ〜〜〜
マジで電気毛布、買っちゃおうかと思案してまふ。
買ったら毎晩、ジュテ〜ムと添い寝、せがまれそうれす。



0




AutoPage最新お知らせ