ちょっと新潟まで  日常光景

帰ったぞい。
めぐ『おかえり、しのざわぁー』
お、めぐちん、泣き止んでるじゃん。
めぐ『あははは、さすがに泣き疲れちゃったわぁー』
さいですか。
めぐ『いつまでも、夜な夜な、しのざわ相手、泣いてるわけにもいかないもんねぇー』
勘弁してほしいわ。
めぐ『先週のパーティーの写真、整理しなくちゃいけないもんねぇー』
このまんま、撮りっぱなしで放置の可能性が、高いなー
めぐ『いつものパターンだねぇー』
未整理の写真が、もう、収拾つかねー
めぐ『ちゃんと整理、しよぉーねぇー』
ぐぐぐぐぐ。
めぐ『病院は、どぉーだったぁー?』
おう、抗うつ剤と精神安定剤、今回からナシ。
飲んだら眠くて起きてられんもんで、試しに抜くコトにした。
めぐ『良かったじゃないー』
これで薬、卒業できたらいいんだけどなー
めぐ『頑張ろぉーねぇー』
ういっす。
めぐ『今日は、これから、どぉーするのぉー?』
じつわ。
めぐ『うんうん』
日月と雨降って、火曜から寒波が来るらしい。
めぐ『うんうん』
そんなもんで、雪が降る前にさあ。
めぐ『うんうん』
ちょくらさあ。
めぐ『うんうん』
新潟まで、行ってくるわ。
めぐ『呆れてなにも言えないわぁー』
先週のパーティーで遠乗りしてさあ、無性に新潟まで行きたくなってきてさあ。
めぐ『行って、ナニするのよぉー』
なにもせん。
うまいもん喰って、帰ってくる。そんだけ。
めぐ『行く時間があるのなら、ジュテ〜ムしてほしいわぁー』
ぐぐぐぐぐ。
めぐ『しのざわなんか、とっとと、新潟に行っちゃえ〜〜〜〜〜っ!!!』
キララ『ホントに行くの?秋からずっと、行きたい行きたい言ってたけど』
まゆ『おいしいもの買ってきてくださいなのです。
そんでもって、お話しいっぱいいっぱい、してくださいなのです』
小雪『言い出したら聞かないんですから、止めませんけど、無理はされないでくださいませ』
あい。
小雪『お出かけ前に、神棚と仏壇、お参りされてくださいませ』
あい。
小雪『誰か、お供に連れていかれるんですか?』
さすがに無理だってば。
小雪『でしたら、帰られたら、皆さんにジュテ〜ムです』
ぐぐぐぐぐ。
小雪『わたくしにも、たっぷり、お願いしますわ』
しむぅ〜〜〜


めぐ『アタシぃ、泣きたぁーい』
キララ『期待してなかったけど、冬至なのに、かぼちゃも柚子湯もナシか』
まゆ『艦長、お帰りされたら、水炊きおねだりしましょうなのです』
めぐ『このぐっちゃぐちゃの家の中で、水炊きは無理だよぉー、まゆぅー』
キララ『帰ったら、しのざわ、絶対に寝込むと思うけど』
まゆ『折角頂いたお餅ですから、水炊きに入れて食べましょうなのです』
めぐ『しのざわ、帰ってきたら、また泣いちゃおっかなぁー』
キララ『しのざわ、めぐちゃんに泣かれると、弱いんだよね』
まゆ『ついでにウチでも、クリスマスパーティー、おねだりしましょうしちゃいましょう。
めぐさん、頑張って、泣き落とし交渉大作戦なのです』
キララ『それ、いいかも……』
めぐ『やめてぇー』


同居人が呆れてるなか、これからちょっくら、新潟まで行ってきますです。
帰りは明日の夕方の予定れす。


これ書いてる現在時刻、03時05分……


0




AutoPage最新お知らせ