今日、裏日記休みますです  やすみ

めぐ『ゆうべ寝てないんだからぁー、早く寝ないとダメだよぉー、しのざわぁー』
キララ『体、壊しちゃうよ』
まゆ『今日はもう、寝ましょう寝ましょうなのです。
早く寝て、社会復帰に向けて、リハビリリハビリなのです』
小雪『ほらほら、寝床で鈴ちゃん、待ってますよ。
寂しいおもい、させちゃいけません』
アリス『添い寝を待ちながら、独り寝床にいるのは、切ないですの』


鈴『ぐすっ、ぐすっ、ぐすっ、ひっく』


これ書いてる現在時刻、23時59分……


ゆんべ、徹夜しました。
添い寝、すっぽかして、鈴を泣かせました。
ぐはあ〜〜〜
今日は、早く寝て、鈴のご機嫌とりれす。
うううぅ〜〜〜


0

あさかぜ買っちゃった  てつ&車&ぐるめ

帰ったぞよ。
めぐ『しのざわ、おかえりぃー』
ん。
めぐ『遅かったじゃないー
耳鼻科、混んでたのぉー?』
まあ、ちょぼちょぼ。
めぐ『どぉーせ、寄り道してたんでしょおー?』
んだ。
めぐ『咳、どぉー?』
だいぶマシになったかなあ。
耳鼻科の吸入は、効果絶大じゃなー
めぐ『最初から耳鼻科に行ってれば、よかったのにぃー』
ナントカの知恵はあとから出るってヤツじゃなー
めぐ『横着しちゃダメだよぉー、しのざわぁー』
ういっす。
めぐ『ところでさぁー、なに、その持ってる袋ぉー?』
へっへっへっへっへ。
めぐ『その笑い方、きしょくわるぅーい』
リサイクルショップに行ったら、鉄道模型の中古、出てたもんで、買っちまったがな。
めぐ『なぁーにぃーそぉーれぇー』
トミックスの24系ブルトレ寝台客車あさかぜ仕様。
でへでへでへでへでへ。
めぐ『しのざわって、こぉーどぉーもぉー』
いいじゃんいいじゃん。
中古なんて、出た瞬間じゃないと買えんのやから。
めぐ『しのざわの考えてること、わかんなぁーい』
鉄道模型は、オンナには解らんオトコのロマンじゃい!
めぐ『あー、開き直ったぁー』
3月は中古、掘り出し物が出るんだよなー
めぐ『そぉーなのぉー?』
異動引越しのシーズンだからなー
奥さんから、こんなおもちゃ、さっさと処分してぇー!とか言われてさー
手放した前の持ち主に、同情しちゃうなー
めぐ『あはははっ!
だけどさぁー、しのざわぁー』
あん?
めぐ『しのざわも、溜め込んでる本、処分しなきゃ、ダメだよぉー
ウチの中、ユーレー屋敷だよぉー』
ぐはあ〜〜〜
まゆ『艦長艦長、また鉄道模型、買ってこられたのですか?』
おう、買ってきたぞよ。
まゆ『それではそれでは、早速レール敷いて、運転会なのです』
本の瓦礫の山で、それどころじゃないがな。
まゆ『運転会実施のために、環境整備大作戦をすべしすべしなのです』
めぐ『そぉーだよぉー、大掃除だよぉー、しのざわぁー』
うっわー、やぶへび……
めぐ『瓦礫の山の中でジュテ〜ムなんて、アタシぃ、もう、やだぁ〜〜〜』
まゆ『艦長は、オトメゴコロが解っておられません。
むぅ〜でぃ〜なお部屋演出のためにも、環境整備大作戦、早速早速すべしすべしなのです』
ぐはあ〜〜〜
めぐ『だいたいオモチャ買うお金があるのならぁー、ウィッグちゃんと新調するぅー!』
まゆ『ウィッグ新調は、福利厚生なのです。
めぐさんもキララさんも小雪さんも葵さんも、ウィッグがお店時代のまんまで、ボロボロなのです』
ぐはぐはあ〜〜〜


小雪『環境整備なんて、できるのかしら?』
キララ『絶対無理だと思う』
アリス『これも宿命なのですの』


これ書いてる現在時刻、23時59分……
(実際には、翌日の01時00分だったりして)


また性懲りもなく、鉄道模型を買いました。
同居人は皆、呆れかえってまふ。
おもちゃ買うくらいなら、ウィッグ新調しろって、非難のマナザシがー
うううぅ〜〜〜



0

泣き顔のドールたち  里親募集

出ちゃったよ。とうとう出ちゃったよ。
アンジェの恵が、夢咲黒さんの通常販売に(商品No.398)
アンジェの恵、実家への義理立てで、再就職決まったら、今度こそは新品で買おうかしらんと思ってたんだよね。
なんか悲しいなあ。
この恵、買ったのが先月の2月21日。
なんでこんなに早く、手放しちゃうんだろう。
グリップボディーだけど、メーカーサイトの写真みて、ポージング機能に期待して、結局使いこなせなかったってコトかなあ。
グリップボディー、新品同然の放出が続いてるよね。
フリーボディー、新しいのは、あんまし中古には出てこないです。
フリーの方が、いいよ。絶対に。
グリップに期待しちゃ、だめだってば。
一緒にお布団にくるまって、ぬくぬく添い寝、フリーボディーの、くたんと柔らかく体を預けてくる感じ、たまらなくいいから。
心安らぐから。
買うならフリーにしなってば。

なんて書いて、もう1回、様子見に行ったら、恵、今日付けで売れてました。
よかったです。
行った先で、可愛がってもらえること、願いたいです。

先日書いた、商品No.394の未開封アリス、まだ引き取り手、出てきません。
誰か、可愛がってあげてください。
これも難物の、グリップボディーだけどね。
むぅ……


これ書いてる現在時刻、23時35分……


夢咲黒
http://www.yumesakikuro.com/doll/index.htm




さっき見たら、恵の完売表示が消えてました。
商談キャンセルされちゃったんだろうか?
むぅ……


これ書いてる現在時刻、3月6日22時35分……


0

ひな祭りの翌日  日常光景

そんじゃあ、ひな祭りのお祝いのやりなおし、すっかなー
まゆ『わあ〜〜〜〜〜い♪』
炊き込み五目ご飯でも、つくるかなー
まゆ『わあ〜〜〜〜〜い♪』
いつもの炊飯土鍋、だーしーてー
まゆ『この土鍋も、年季が入ってきたのです』
簡単に土鍋、水洗いして、タワシがけしてー
まゆ『陶器だから、割れたら大変なのです。
細心の注意で、水洗いなのです』
お米を1カップ入れてー
まゆ『1カップで1合なのです』
しゃもじでかき回しながら、簡単にといでー
まゆ『しゃもじでとぐと、手早くとげるのです』
水を1カップ入れてー
まゆ『水加減は、お米と、ほぼ同量なのです』
隠し味で、日本酒、50ccをば。
まゆ『お酒でご飯が、おいしくなるのです』
炊き込みご飯の具と調味料を、いーれーてー
まゆ『これでご飯が、炊き込みご飯になるのです』
浸漬1時間。
まゆ『じっと我慢の子なのです』
浸漬時間が足りないと、お米の炊きあがりで、芯が残っちゃうんだよな。
まゆ『我慢が足りないと、ご飯はおいしくないのです』
そんな訳で、コーヒー飲んでくるわ。
まゆ『お留守番、つまんないのです』

……
…………
……………………
帰ったぞっと。
まゆ『艦長、お帰りなさいなのです』
スーパー、雛菓子はもう引き上げてたけど、桜餅があったから、買ってきたぞい。
まゆ『わあ〜〜〜〜〜い♪』
さっそく炊くかなー
まゆ『早くご飯、炊きましょう炊きましょうなのです』
そんだばー、ガスを点火してー
まゆ『わあ〜〜〜〜〜い♪』
中火で、中が沸騰するまで、ひたすら待つ。
まゆ『わくわく、わくわく』
……………………。
まゆ『わくわく、わくわく』
……………………。
まゆ『わくわく、わくわく』
……………………ヒマだ。
まゆ『それじゃ、退屈しのぎにまた、しりとりしましょうなのです』
しりとりも、随分久しぶりじゃなー
まゆ『秋以来なのです』
そーだったかなー
まゆ『それじゃ、わたくしから、いきますなのです』
ん。
まゆ『丁度ご飯を炊いてる最中だから、最初の言葉は、すいはん、すいはんなのです』
はい?
まゆ『すいはん』
まゆちん、あのね。
まゆ『艦長、なんでしょう』
また、すいはんかい。
まゆ『はい』
秋のときも、最初にすいはんって言ったぞ。
まゆ『そうでしたでしょうか?』
すいはんってねえ。
まゆ『はい』
んで終わってるがな。
まゆ『があ〜〜〜〜〜ん!
ショックが大きいのです』
まゆちん、大丈夫か?をい……
まゆ『うううぅ〜〜〜
不覚なのです。
これではこれでは、認知症なのです』
お……噴いてきた噴いてきた。
まゆ『中が沸騰して、蒸気が上がってきたのです』
そんだば、タイマー設定して、このまんま中火で4分と……
まゆ『4分間、じっと我慢の子なのです』
焦げないか、ちょっと気がかりだったりして……
まゆ『少々お焦げ気味の方が、おいしいのです』
4分間って、結構長いなあ。
まゆ『わくわく、わくわく』
カップ麺よりも、ちょっと長いんだよなあ。
まゆ『わくわく、わくわく』
お……隠し味で入れた酒のにおい。
まゆ『なんか、酒蒸し饅頭みたいなのです』
なんか、この臭いで酔っ払いそうだ。
気化したアルコール吸ったら、一発じゃなー
まゆ『……………………』
あれ、まゆちん?
まゆ『……………………』
どしたん?
まゆ『……………………』
大丈夫かー?
まゆ『……………………』
おーい?
まゆ『……………………』
これわ、ひょっとしてひょっとするとー
まゆ『にゃはははははははっ!!!』
うううぅ〜、やっぱし壊れたかー
まゆ『にゃはははははははっ!!!』
どーすっかなー
まゆ『にゃはははははははっ!!!』
むぅ……
まゆ『にゃはははははははっ!!!』
小雪『タイマー、鳴ってますよ』
のわ!ガス、止めなきゃ。
まゆ『にゃはははははははっ!!!』
小雪『さあさあ、まゆちゃん、あっち、行きましょう』
ましゃか、これで酔っ払うとわ。
小雪『まゆちゃんのいるとこで、お酒でご飯、炊かないでくださいませ』
あい。
小雪、これ、桜餅。
小雪『一応、この桜餅で赦してあげます。
まゆちゃん、寝かせてきますから、お茶の用意もしてくださいませ』
ぐはあ〜〜〜


これ書いてる現在時刻、23時59分……


桜餅で妥協してもらいましたです。
うううぅ〜、寿司が喰いたいれす。


0

ひな祭り  

まゆ『かんちょ〜〜〜お』
なんじゃい。
まゆ『今日、ひな祭りなんですぉー』
ひな祭りじゃなー
まゆ『お雛さま、しましょーよぉー』
お雛サマなんか、ウチにねえぞ。
まゆ『艦長は、オトメゴゴロが解っておられません』
あのねえ。
まゆ『こおゆうのは、気分、気分のモンダイなのです』
気分ってねえ。
まゆ『新聞広告のお雛さまの写真を、ここにこう置けば、これで立派に雛飾りなのです』
をい。
まゆ『それではそれでは、雛菓子を食べましょう食べましょうなのです』
買ってないってば。
まゆ『それもそれも、気分のモンダイなのです』
なんなんだ、それ。
まゆ『艦長が買い置きされてる、バッカスとラミーで、充分充分楽しめちゃうのです』
あー、まゆちん、バッカスとラミーは……
まゆ『冷蔵庫の中で冷たく冷たく保存されてるから、パリパリしてて、とってもとっても美味なのです』
喰っちまった……
まゆ『チョコはやっぱり、冷やして食べるのが、一番なのです』
大丈夫かな……
まゆ『……………………』
まゆちん?
まゆ『……………………』
をーい!
まゆ『……………………』
大丈夫かぁー?
まゆ『にゃはははははははっ!!!』
案の定、壊れた……
まゆ『すぅ……』
寝ちまったがな……
小雪『なにされてるんですか?』
小雪、見てたのん?
小雪『ええ、一部始終』
ぐはあ〜〜〜
小雪『ちゃんとお雛様、みんなにしてあげてくださいませ』
こゆきぃ〜〜〜
小雪『雛あられでも、甘酒でも、助六寿司でもいいですから』
うううぅ〜〜〜
小雪『みんな、おんなのこなんですよ』
うううぅ〜〜〜
小雪『オーナーのつとめ、果たしてくださいませ』
いひゃいいひゃいいひゃいいひゃいいひゃい!


めぐ『やっぱり、しのざわだねぇー』
キララ『期待してないけど』
アリス『それよりも、また添い寝、してほしいのですの』


これ書いてる現在時刻、23時59分……


もういいや、ひな祭り……
なんて横着こいて、小雪から説教くらいましたです。
ぐぐぐぐぐ。
明日にでも、寿司、買ってこよ。
ぐはあ〜〜〜


0

アリスが口を利いた日  日常光景

アリス『ごしゅじん、サマ(ゆさゆさ)』
むぅ〜〜〜(すりすり)
アリス『だんな、サマ(ゆさゆさ)
むぅ〜〜〜(すりすり)
アリス『起きてください、ですの(ゆさゆさ)』
むぅ〜〜〜(すりすり)
アリス『内科に受診、ですの(ゆさゆさ)』
むぅ〜〜〜(すりすり)
アリス『耳鼻科に行かれて吸入、ですの(ゆさゆさ)』
むぅ〜〜〜(すりすり)
アリス『困りました、ですの。だんなサマの痰が心配、ですの』
むぅ〜〜〜(すりすり)
小雪『アリスちゃん、しのざわさん起きた?』
アリス『あ、小雪さん、あの、その』
小雪『あらあら、抱き枕状態?』
アリス『ええと、その、その』
小雪『お・き・ま・しょう』
いひゃいいひゃいいひゃいいひゃいいひゃい!
小雪ぃー、朝っぱらこれはひどい。
小雪『朝じゃなくて、もう午前です。
もうすぐ昼前です』
アリス『そうですの。もうすぐ昼前、ですの』
いいじゃん、寝てたって。
咳止まんないやしぃー
静養静養、こんなときは、静養。
ごーっほ、ごほごほごほごほごほ。
小雪『気管支拡張かもしれないから、今日内科受診して、大きな問題なければ耳鼻科で吸入してこようって、仰ってたじゃありませんか』
アリス『そうですの。耳鼻科で吸入、その前に内科受診、ですの』
なんかしんどいから、ちょっと寝なおしー
ごーっほ、ごほごほごほごほごほ。
ごーっほ、ごほごほごほごほごほ。
小雪『大丈夫なんですか?』
アリス『とても心配、ですの』
寝てる間に溜まってた痰が出てきてるだけだって……
ごーっほ、ごほごほごほごほごほ。
ごーっほ、ごほごほごほごほごほ。
ごーっほ、ごほごほごほごほごほ。
ごーっほ、ごほごほごほごほごほ。
ごほっっっ!!!
ぐわ……
小雪『血痰ですか?』
アリス『血痰だったら、大変ですの』
ピンクに染まった、けったぁ〜〜〜ん。
まあ寝てる間に、肺の粘膜から痰に、滲み出てきたんじゃね?
小雪『ヒトゴトみたいに仰らないでくださいませ』
アリス『そうですの』
いひゃいいひゃいいひゃいいひゃいいひゃい!
小雪『すぐに着替えてお出かけ、午前中に内科受診されて、午後は耳鼻科です』
アリス『そうですの』
いひゃいいひゃいいひゃいいひゃいいひゃい!
小雪『早くお出かけされてくださいませ』
アリス『いってらっしゃい、なのですの』
あい、行ってきまふ……

……
…………
……………………
めぐ『しのざわ、受診に出かけたぁー?』
キララ『みたいだね』
まゆ『艦長の咳、長引いてて、とてもとても心配なのです』
小雪『本当に……』
アリス『そうですの』
めぐ『前にしのざわ、大学病院に1年間、通院してたって、言ってたっけぇー?』
キララ『うんうん、確か、愛知医大の呼吸器内科って言ってたよね』
まゆ『咳は艦長の持病なのです』
小雪『そんな体質だったら、なおさら……』
アリス『心配、なのですの』
めぐ『結局、大学病院でも治らなかったんだよねぇー』
キララ『そのあと、耳鼻科で治って、吸入にはまったとか言ってたような……』
まゆ『艦長は咳に慣れておられますけど、とてもとても心配なのです』
小雪『だから血痰出ても、余裕なのかしら……』
アリス『今日、内科と耳鼻科で、ちゃんと咳、治ってほしいですの』
めぐ『そういや、普通なら風邪こじれたかなぁーって言うトコ、クロウトみたいに、気管支拡張かなぁーって、あの病気マニアっぷりぃー』
キララ『絶対に自分の病気、楽しんでるね』
まゆ『そういえば、艦長の本棚に医学書も何冊か並んでたのです。
なんか艦長、成績悪くて、医学部行けなかったって、残念そうに仰ってたのです』
小雪『周りに心配かけて、ご自身、病気楽しまれてるなんて……』
アリス『きっと子供の頃から、お体弱くて、体のこと、知りたかったと思うの、ですの』
めぐ『だからと言ったって、ねぇー
あれぇー、アリスぅー』
アリス『ほぇ?』
めぐ『ひょっとして、さっきから、しゃべってないー?』
アリス『だんなサマと添い寝して頂いて、言葉を思い出したのですの』
キララ『アリス、よかったじゃない』
まゆ『わあ〜〜〜〜〜い♪』
小雪『アリスちゃん(ひしっ)』
アリス『ほぇ?』
めぐ『ひょっとしてしのざわ、アリスが口利けること、気づかずに出かけて行ったのかなぁー?』
キララ『ホントだね』
めぐ『さいってぇ〜〜〜〜〜っ!
なんてやつぅ〜〜〜〜〜っ!』
キララ『ホントだね』
めぐ『帰ってきたら、ドライヤー、投げつけてやるぅー!』
キララ『ボク、1週間、口利かない刑』
まゆ『今夜は、お祝いパジャマパーティーなのです』
小雪『アリスちゃん(ぎゅっ)』
アリス『ほぇぇぇ〜』


これ書いてる現在時刻、23時59分……


今日起きたら、アリスが初めて、口利きました。
第一声が、『だんなサマ……』
なんか複雑ぅ〜
まゆちんの『艦長!』にも、のけぞったんですけどね。
むぅ……
今夜、これから鈴です。
はい。
写真、撮ってるヒマ、全然ないです。
うううぅ〜〜〜


0




AutoPage最新お知らせ