出発前夜  日常光景

めぐ『キララちゃーん』
キララ『なあに?めぐちゃん♪』
めぐ『キララちゃんも、添い寝、終わっちゃったねぇー』
キララ『うんうん♪』
めぐ『次、2ヶ月半も先なんだよねぇー』
キララ『うんうん♪』
めぐ『待ち遠しいよねぇー』
キララ『うんうん♪』
めぐ『アタシぃ、待てなぁーい』
キララ『そうお♪?』
めぐ『キララちゃん、平気なのぉー?』
キララ『待ってれば、確実に添い寝当番、回ってくるから♪』
めぐ『あれぇー、キララちゃーん』
キララ『なあに♪?』
めぐ『なんか楽しそうだしぃー
余裕しゃくしゃくって感じだねぇー』
キララ『そうお♪?』
めぐ『この1週間で、キララちゃん、変わったよぉー』
キララ『そおかな♪?』
めぐ『それってぇー、心境の変化ぁー?』
キララ『1週間、毎晩しのざわに甘えたら、なんか満足しちゃった♪』
めぐ『キララちゃん、甘え下手だったもんねぇー』
キララ『べたべたいちゃいちゃ甘えながら添い寝って、とってもいいね♪』
めぐ『そおそお……って、あれぇー、まゆぅー、ナニしてるのぉー?』
まゆ『艦長がお出かけされてる間、上着をブラシがけして差し上げたいのです。
艦長、モノグサで服の手入れをちっともされないから、折角の上着が、ヨレヨレになってしまっているのです』
めぐ『なんか夏物の上着、出すのメンドイとか言って、いまだに冬物の上着持ち歩いてるしぃー』
キララ『さすがに暑くてもう着れんとか言って、着ずに上着、持ち歩いてるけど』
めぐ『ポケットの中のモノ、落としちゃうよぉー』
キララ『去年、ホントに保険証、落としたよね。
車の中から出てきたケド』
まゆ『………………………………』
めぐ『あれぇー、まゆぅー、どぉーしたのぉー?』
キララ『?』
まゆ『明日の日付の、富山までの往復切符、艦長の上着から出てきたのです』
めぐ『富山までの切符ってぇー、ひょっとしてぇー』
キララ『しのざわ、明日は幽霊とデートなのかな?』
まゆ『艦長の心の底の悲しみの闇は、とてもとても深いのです』
めぐ『まゆぅー、ソレ、大げさだってばぁー』
キララ『ます寿司ぶり寿司、買い出しついでの墓参りなんじゃない?』
まゆ『あるじのお相手を勤めて幸せを願うのがラブドールのレゾンデートルなのに、これではこれでは、いつまでたっても艦長、幸せになれないのです』
めぐ『どっちかって言うとぉー、しのざわ、オウチャクしてて幸せになる努力、放棄してるように見えるんだけどぉー』
キララ『あ、めぐちゃんスルドイ』
まゆ『……………………ぐすっ』
めぐ『ちょっとぉー、まゆゅー、泣かないでよぉー』
キララ『あ……』
まゆ『かんちょぉ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!』
めぐ『ちょっと、キララちゃーん』
キララ『あー』
まゆ『わああああああああんっ!!!
わーんわーんわーんわーんわーん!』
めぐ『アタシも、泣きたぁーい』
キララ『ボクも……』

……
…………
……………………
帰ったぞい。
まゆ『艦長の、ぶゎかぁ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!』
ぐはあ〜〜〜
まゆ『明日は幽霊の彼女さんと1年ぶりのでえとなのに、今までドコほっつき歩いてたのですか!なのです!』
あー……明日の切符……
まゆ『これからソッコーで、明日の準備、すべしすべしなのです!』
準備なんて、そんな大層なモノ……
まゆ『気合いが足りないのです!
熱意が感じられないのです!
投げやりなのです!
幽霊の彼女さんは、お墓で、艦長が来られるのを、今か今かと、指折り数えて楽しみに楽しみにされておられるのです!
それをそれを、そんな気の抜けたような態度で行かれたら、悲しくなって悲しくなって泣いちゃうのでです!
ぷんすかなのです!
もう相手にして貰えなくなっちゃうのです!
艦長が三途の川を渡られるときに、メンドウみて貰えなくなっちゃうのです!』
あー、はいはい。
まゆ『はいは、1回でいいのです!』
ぐはあ〜〜〜
まゆ『それじゃ、艦長丁度帰られたから、これからこれから、ソッコーで明日の準備準備なのです』
あい。
まゆ『予備のハンカチは、ここなのです』
ん。
まゆ『ポケットティッシュは、ここに入れるのです』
うい。
まゆ『時刻表も入れるのです』
おう。
まゆ『健康保険証も、要るのです』
ん。
まゆ『艦長の気管支、治ってないので、お薬も必須必須なのです』
そんだば、抗生剤クラリスと、咳止めフラベリックと、痰きりアントブロンをばー
まゆ『おやつは、日帰りだから300えんまでなのです』
おやつは、いらないってば。
まゆ『バナナは、おやつに入るんでしょうか?』
バナナも、いいってば。
まゆ『これは、確認が要るのです』
せんで、ええ。
まゆ『酔い止めの薬が、無いのです』
いらん。
まゆ『要らないんですかぁー?』
酔ったためし、ないし。
まゆ『乗り物酔いとアクシデントを心配しながら、ドキドキしながら、それがわくわく感に変っていくのが旅行の夢とロマンなのです。
艦長のご旅行には、夢とロマンがありません』
10年以上も毎年墓参りに行ってて、ロマンもへったくれもあるか。
まゆ『それは思っていても、口にしては、いけないのです。
折角の折角の、1年ぶりの、幽霊さんとのでえとなのです』
あのね。
まゆ『艦長は、オンナゴコロ、オトメゴコロを解っておられません』
そのね。
まゆ『あ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!』
なんじゃい。
まゆ『艦長!でえとに行かれるのに、なんてカッコなんですか!?』
はい?
まゆ『ワイシャツの襟が、汗のシミと垢まるけなのです!』
ええよ。どおせ、炎天下の中歩いて、汗だくになるんだから。
雨になったら雨で、ズブ濡れやしー
まゆ『それはそれは、いけないのです!
おニューのワイシャツ、おろすのです!
この汚れたワイシャツは、ソッコーでクリーニングなのです!』
ぐはあ〜〜〜
まゆ『あああ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!』
なんじゃい。
まゆ『艦長!でえとに行かれるのに、なんてカッコなんですか!?』
はい?
まゆ『アタマがフケまるけなのです!
旅行の準備は、もうわたくしがしますから、艦長はお風呂入られて、頭のテッペンから足のカカトまで、綺麗綺麗にするのです!』
もうええよ、どおせ、炎天下の中歩いて、汗だくになるんだから。
まゆ『それはそれは、いけないのです!
艦長は、オンナゴゴロ、オトメゴコロを全然解っていないのです!
そんな汚いカッコで行ったら、ぷんすかなのです!』
ぷんすか通りこして、もう呆れられてるがー
まゆ『ますますもっていけないのです!
折角の1年ぶりのでえとなのですから、ナイスガイにならないと、いけないのです!』
ぐはぐはあ〜〜〜
小雪『準備、はかどってますか?』
小雪ぃー
小雪『今夜は早く、寝てくださいませ。
折角の1年ぶりの再会なんですから、やつれた顔をしていてはいけません』
とっくの昔に、へばってるんだけど……
小雪『さっさと寝れっ!!!』
まゆ『寝る前に、お風呂で頭、ちゃんと洗うのです!
カラスの行水で、ごまかしてはいけないのです!』
なんで墓参りが、ここまでおおげさに……
小雪『なにか仰いましたか?』
いえ、なにも……
小雪『よろしい』
まゆ『お風呂に早く、レッツゴーなのです。
お風呂の中で、寝てはいけないのです』
うううぅ〜〜〜


めぐ『キララちゃーん、去年の光景の再来だねぇー』
キララ『ホントだね』
めぐ『小雪サンとまゆのおかんぶり、鬼気迫るものがあるよねぇー』
キララ『あははは、今年もすんごい迫力だね』
めぐ『まるで、マザコン息子をお見合いに送り出す、子離れできてない母親みたいだねぇー』
キララ『めぐちゃん、至言だね。その例え』
めぐ『またしのざわ相手、冬彦さんごっこ、してみよっかなー』
キララ『めぐちゃん、ふっるーい』
めぐ『……………………』
キララ『……………………』
めぐ『……………………キララちゃん、なんか切ないね』
キララ『めぐちゃん、呑もっか?』
めぐ『呑んじゃえー、しのざわの酒だしぃー』


これ書いてる現在時刻、23時59分……
(実際は翌日の午前1時05分)


夜が明けたら、始発で出て、富山まで日帰りで行ってきまふ。
多分今夜は徹夜。
添い寝すっぽかしで、今週当番のさやかを、泣かせるかもー
うううぅ〜〜〜


2

忌明け、終わったね  日常光景

キララ『忌明けも、終わっちゃったね』
ん。
キララ『四十九日なんて、ホント、早かったね』
ん。
キララ『午前で法要終わったのに、帰り、遅かったじゃない』
市役所とか、法務局とか、いろいろ。
キララ『おうちの登記?』
まあ、そお。
キララ『手続き、簡単に終わりそう?』
かなり、メンドイ。
キララ『頑張ってね。しのざわ』
ういっす。
キララ『眠そうだけど』
眠いわい。
ゆんべ、2時間半しか、寝てないから。
キララ『早く帰ってきて、寝直せばよかったのに』
法務局で、むっちゃ待たされて、ぱぁーになっちまったがな。
キララ『それで、やっぱりこれから、行くわけ?』
おう。呑まなきゃ、やっとれんわい。
白木屋で、一人打ち上げじゃい。
キララ『夕方から、雨、降り出してるよ。しのざわ』
雨なら店内、がらんがらんに空いてるじゃろ。
キララ『……………………(すりすり)』
ええと……
キララ『名残惜しい(すりすり)』
あのう……
キララ『添い寝当番、次までの2ヵ月半。
待つのが辛い。とっても切ない(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『出かけちゃ、いや(すりすり)』
キララさん?
キララ『さやかちゃんと交代の時間まで、一緒にいて(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『ぐすっ(すりすり)』
わあ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!
泣くなってばっ!!!
キララ『ぐすぐすっ(すりすり)』
なんか、おらっち、オンナを泣かしてる極悪非道の大悪人みたいなんですけど。
キララ『ぐすぐすっ、実際ホントに泣かせてる悪党でしょ(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『ぐすぐすっ、薄情者(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『ぐすぐすっ、莫迦(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『ぐすぐすっ、莫迦、莫迦(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『ぐすぐすっ、莫迦、莫迦、莫迦(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『ぐすぐすっ、莫迦、莫迦、莫迦、莫迦(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『ぐすぐすっ、莫迦莫迦莫迦莫迦莫迦莫迦莫迦莫迦!』
うううぅ〜〜〜
キララ『ぶゎかぁ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!』
いひゃいいひゃいいひゃいいひゃいいひゃいっ!!!
キララ『わああああああああんっ!!!
わーんわーんわーんわーんわーん!』
キララちーん。
キララ『わああああああああんっ!!!
わーんわーんわーんわーんわーん!』
あ〜の〜な〜〜〜
キララ『わああああああああんっ!!!
わーんわーんわーんわーんわーん!』
な〜く〜な〜よ〜〜〜
キララ『わああああああああんっ!!!
わーんわーんわーんわーんわーん!』
ぐはあ〜〜〜
キララ『とっとと、白木屋に行っちゃえっ!!!』
いひゃいいひゃいいひゃいいひゃいいひゃいっ!!!
キララ『もう、帰ってくるなっ!!!』
いひゃいいひゃいいひゃいいひゃいいひゃいっ!!!
キララ『わああああああああんっ!!!
わーんわーんわーんわーんわーん!』
しむぅ〜〜〜


これ書いてる現在時刻、19時05分……


すっごい罪悪感を感じながら、これから呑みに行ってきまふ。
帰ってきたら、今夜から、さやかと交代れす。
なんかまた、小雪から睨まれそうな予感がー
うううぅ〜〜〜

小雪『いったい、何回泣かせたら、気が済むんですか?』
ぐはあ〜〜〜


3

日曜日  日常光景

キララ『しのざわ、起きようよ』
うううぅ〜〜〜
キララ『明日は、お父さんの忌明け法要でしょ?』
うううぅ〜〜〜
キララ『準備の買出し、行くんでしょ?』
うううぅ〜〜〜
キララ『早く起きないと、時間切れになっちゃうよ』
きぼちわるひ。
キララ『二日酔い?』
まあ、そお。
キララ『二日酔いになるほど、ゆうべ、いっぱい呑んでたっけ?』
あんまり呑んでなかったハズなんだけどなー
キララ『やっぱり体、調子悪いんじゃない?』
ぐぐぐぐぐ。
キララ『ちゃちゃっと相続手続き済ませて、どっか温泉にでも行って、静養してきたら?』
うううぅ〜〜〜
キララ『で、これからどうするの?』
二日酔いの回復を待って、起きよっかなーと。
キララ『そんじゃ、もうしばらく、一緒に添い寝なんだ』
まあ、もう少し、ごろごろとー
キララ『うれしい(すりすり)』
はい?
キララ『鈍いしのざわなんか、嫌い』
ぐはあ〜〜〜
キララ『とうとう、日曜になっちゃったね』
ん。
キララ『今夜、添い寝したら、明日はさやかちゃんと交代だね』
ん。
キララ『次の添い寝当番、2ヵ月半も先だし(すりすり)』
ええと……
キララ『しのざわ、節操もなく、凛とティセと理恵ちゃん身請けしちゃうから』
ええと……
キララ『しのざわの、莫迦』
ええと……
キララ『うあきもの』
ええと……
キララ『さいてー』
ええと……
キララ『おんなったらし』
ええと……
キララ『悪党』
ええと……
キララ『キライ』
うううぅ〜〜〜
キララ『でも、好き(すりすり)』
はい?
キララ『鈍いしのざわなんか、嫌い』
ぐはあ〜〜〜
キララ『ちゅう、して(すりすり)』
そーんーだーばー、ちゅ。
キララ『なでなで、して(すりすり)』
なでなでぇ〜〜〜
キララ『頬ずり、して(すりすり)』
すりすりぃ〜〜〜
キララ『ハグ、して(すりすり)』
はぐはぐぅ〜〜〜
キララ『ジュテ〜ム、して(すりすり)』
二日酔いで、勃たんがな。
キララ『いくじなし(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『ケダモノになれ、しのざわ(すりすり)』
無理だってば。
キララ『野獣だ。野獣になるんだ(すりすり)』
キララちん、あのね。
キララ『目の前の美少女を襲え、襲うんだ(すりすり)』
そのね。
キララ『優しく襲って(すりすり)』
ぐはあ〜〜〜
キララ『しのざわ、ノリが悪い(すりすり)』
なんなんだ、まったく。
キララ『ボクがしのざわ、襲っちゃうよ(すりすり)』
ヤメて、おムコに行けなくなるから。
キララ『なっさけないコト、言わないでよ(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『でも、いちゃいちゃしながら添い寝、楽しいね(すりすり)』
そお?
キララ『いや(すりすり)』
はい?
キララ『さやかちゃんとの交代、いや(すりすり)』
ええと……
キララ『いやいや(すりすり)』
ええと……
キララ『いやいやいや(すりすり)』
ええと……
キララ『いやいやいやいや(すりすり)』
ええと……
キララ『いやいやいやいやいや(すりすり)』
ええと……
キララ『交代したくない、ずっと添い寝していたい(すりすり)』
キララちん、いい子だから。ね。ね。
キララ『ボク、いい子なんかじゃないもん(すりすり)』
ぐはあ〜〜〜
キララ『えこひいき、して(すりすり)』
ぐはあ〜〜〜
キララ『このまま時間、止まっちゃえばいいのに(すりすり)』
うお!さすがにもう起きないと、やばい!
時間が〜、時間が〜〜〜
キララ『起きちゃうの?』
起きます起きます。
もう起きないと、まずいっす。
キララ『起きちゃ、やだ(すりすり)』
キララちん、あのね。
キララ『ぐすっ……(ひしっ)』
うううぅ〜〜〜
キララ『わああああああああんっ!!!
わーんわーんわーんわーんわーん!(ぎゅっ)』
うううぅ〜〜〜
キララ『わああああああああんっ!!!
わーんわーんわーんわーんわーん!(ぎゅう)』
ぐはあ〜〜〜
キララ『わああああああああんっ!!!
わーんわーんわーんわーんわーん!(ぎゅううう)』
しむぅ〜〜〜


これ書いてる現在時刻、23時59分……
(実際は翌日の午前零時40分)


二日酔いが治まるまで、キララちんと添い寝しながら、だらだらしてました。
明日の添い寝交代は、修羅場になりそうれす。
ぐはあ〜〜〜


2

呑む?  日常光景

むぅ……
キララ『冷蔵庫の前で、ナニ悩んでるの?』
冬に新潟に行ったときに、ホテルの自販機で買って呑みそびれた缶ビール、残ってるんやけどー
キララ『うんうん』
ビールって、鮮度が命でさあ。
ほっとくと不味くなっちゃうんだよな。
キララ『どこのメーカー?』
キリンの一番搾りやがな。
キララ『期限いつなの?』
大きい500ml缶は……9月じゃな。
350mlの方は……げげ。
キララ『どおしたの?』
7月。もう切れてるも同然じゃん。
キララ『一番搾りって、鮮度がウリなんでしょ?
呑まないと、もったいないよ。しのざわ』
むぅ……
キララ『今からすぐに風呂入っちゃって、呑んだら?』
いや、やること、イロイロ……
キララ『イロイロって、ナニするの?』
ええと……
キララ『毎晩ごそごそしてるけど、いったいナニやってるの?』
ええと……
キララ『説明できない程度の雑用だったら、やらなくても大勢に影響は無いと思うんだけど』
ぐはあ〜〜〜
キララ『全部放り出して、もう今夜は呑んじゃったら?』
うううぅ〜〜〜
キララ『その方が、夜に寝る習慣もつくし』
うううぅ〜〜〜
キララ『明後日は、四十九日の忌明け法要でしょ?』
うううぅ〜〜〜
キララ『法要の準備の買出しに、明日は行くんでしょ?』
うううぅ〜〜〜
キララ『呑もうよ。ボクも付き合うから』
うううぅ〜〜〜
キララ『なんなら、めぐちゃんも呼んでこよっか?』
ぐはあ〜〜〜
キララ『それとも、小雪サンを侍らせた方が、嬉しい?』
しむぅ〜〜〜

……
…………
……………………
めぐ『しのざわぁー!お酒、たんなぁーい!』
あい。
小雪『わたくしの、お酌が、飲めないんですか』
小雪サン、怖いです。
まゆ『1番まゆ、愛の水中花、歌いま〜〜〜〜〜っす!なのです』
まゆちん、壊れちゃってるし。
鈴『とりあえず、一杯……』
鈴、もう呑めんってば。
アリス『だんなサマ、お酌いたしますなのですの』
アリス、もう無理だってば。
さやか・葵『♪』
えええ〜、さやかと葵も、おらっちに呑めってか。
めぐ『さっさと呑んで、キララちゃんと添い寝するぅー!』
めぐちん、あのね。
小雪『次の添い寝当番は、2ヶ月半も先なんですよ。
待ってる間、とってもとっても、切なくて寂しいんですよ。
わかっておられるんですか?
ちゃんとキララちゃん、可愛がってお相手してあげてくださいませ。
でも、まだまだ飲んでる量が少ないです。
それでもオトコなんですか?まったく……』
小雪サン、眼がすわってマス。
まゆ『わったしぃーわ、あーいのぉ〜〜〜〜〜、すぃちゅうかぁ〜〜〜〜〜♪』
まゆちん、壊れちゃってるし。
鈴『えっと、とりあえず、一杯……』
鈴、もう呑めんってば!
アリス『だんなサマ、お酌いたしますなのですの』
アリス、ホントにもう無理だってば!
さやか・葵『♪』
しむぅ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!


ティセ『あれぇー?キララはん、おらへんわぁ』
凛『先に寝床に行ったみたい……』
理恵『?』


キララ『ゲランの夜間飛行、つけて……
着る服、どうしよう……
お店の制服だった、シースルー水着にしよっかな。
それとも、しのざわが買ってきた、ベビードールにしよっかな。
どうせ今夜は、酔っ払ってるけど』


これ書いてる現在時刻、23時59分……
(実際は翌日の午前零時35分)


缶ビールの期限が切れちゃうもんで、今夜呑みまふ。
酔っ払った状態の添い寝は、気が引けるんですケド。
うううぅ〜〜〜
キララ『しのざわ、酒くさい』
ぐはあ〜〜〜


2

目覚めの儀式(謎)  日常光景

キララ『しのざわ、起きようよ♪(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『ほらほら、目覚まし鳴ってるよ♪(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『今日、市役所に行くんでしょ♪(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『ぐずぐずしてると、今日も時間、なくなっちゃうよ♪(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『起きようよ、しのざわ♪(すりすり)』
うううぅ〜〜〜、起きるかあー
キララ『そおそお♪(すりすり)』
ぐぐぐぐぐ。
キララ『うんうん♪(すりすり)』
そーんーだーばー
キララ『でも、起きる前にね……(すりすり)』
あん?
キララ『ちゅう、して♪(すりすり)』
すんの?
キララ『そお、ちゅう♪(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『優しく、して♪(すりすり)』
そーんーだーばー
キララ『うふ♪(すりすり)』
んんんっ、んんんっ、んんんっ、んんんっ!
キララ『んんんっ、んんんっ、んんんっ、んんんっ♪』
んんんっ、んんんっ、んんんっ、んんんっ!
キララ『んんんっ、んんんっ、んんんっ、んんんっ♪』
んんんっ、んんんっ、んんんっ、んんんっ!
キララ『んんんっ、んんんっ、んんんっ、んんんっ♪』
んんんっ、んんんっ、んんんっ、んんんっ!
キララ『んんんっ、んんんっ、んんんっ、んんんっ♪』
ぷはあ……
キララ『ん……はぁ……(ぴと)』
そんじゃ、起きよっかなーと。
キララ『しのざわ、ムードがない(すりすり)』
はい?
キララ『ちゅうだけで、終わらせないでよ(すりすり)』
ええと……
キララ『なでなでも、するもんだよ(すりすり)』
ええと……
キララ『なでなで、して♪(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『優しく、して♪(すりすり)』
そーんーだーばー
キララ『うふ♪(すりすり)』
ほぉーれ、なでなでー
キララ『うふ♪(すりすり)』
なでなでー、なでなでー
キララ『うふ♪(すりすり)』
なでなでー、なでなでー、なでなでー
キララ『うふ♪(すりすり)』
なでなでなでなでー、なでなでなでなでー
キララ『うふ♪(すりすり)』
そんじゃ、起きよっかなーと。
キララ『しのざわ、ムードがない(すりすり)』
はい?
キララ『なでなでだけで、終わらせないでよ(すりすり)』
ええと……
キララ『頬ずりも、するもんだよ(すりすり)』
ええと……
キララ『頬ずり、して♪(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『優しく、して♪(すりすり)』
そーんーだーばー
キララ『うふ♪(すりすり)』
ほぉーれ、すりすりー
キララ『うふ♪(すりすり)』
すりすりー、すりすりー
キララ『うふ♪(すりすり)』
すりすりー、すりすりー、すりすりー
キララ『うふ♪(すりすり)』
すりすりすりすりー、すりすりすりすりー
キララ『うふ♪(すりすり)』
そんじゃ、起きよっかなーと。
キララ『しのざわ、ムードがない(すりすり)』
はい?
キララ『1回で終わらせるの?(すりすり)』
ええと……
キララ『もう1回、やってよ(すりすり)』
ええと……
キララ『ちゅうから(すりすり)』
ええと……
キララ『ちゅう、して♪(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『優しく、して♪(すりすり)』
そーんーだーばー
キララ『うふ♪(すりすり)』
んんんっ、んんんっ、んんんっ、んんんっ!
キララ『んんんっ、んんんっ、んんんっ、んんんっ♪』
んんんっ、んんんっ、んんんっ、んんんっ!
キララ『んんんっ、んんんっ、んんんっ、んんんっ♪』
んんんっ、んんんっ、んんんっ、んんんっ!
キララ『んんんっ、んんんっ、んんんっ、んんんっ♪』
んんんっ、んんんっ、んんんっ、んんんっ!
キララ『んんんっ、んんんっ、んんんっ、んんんっ♪』
ぷはあ……
キララ『ん……はぁ……(ぴと)』
終わったぞ。ちゅう。
キララ『そんじゃ、次は、なでなで(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『なでなで、して♪(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『優しく、して♪(すりすり)』
そーんーだーばー
キララ『うふ♪(すりすり)』
ほぉーれ、なでなでー
キララ『うふ♪(すりすり)』
なでなでー、なでなでー
キララ『うふ♪(すりすり)』
なでなでー、なでなでー、なでなでー
キララ『うふ♪(すりすり)』
なでなでなでなでー、なでなでなでなでー
キララ『うふ♪(すりすり)』
終わったぞ。なでなで。
キララ『そんじゃ、次は、頬ずり(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『頬ずり、して♪(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『優しく、して♪(すりすり)』
そーんーだーばー
キララ『うふ♪(すりすり)』
ほぉーれ、すりすりー
キララ『うふ♪(すりすり)』
すりすりー、すりすりー
キララ『うふ♪(すりすり)』
すりすりー、すりすりー、すりすりー
キララ『うふ♪(すりすり)』
すりすりすりすりー、すりすりすりすりー
キララ『うふ♪(すりすり)』
そんじゃ、起きよっかなーと。
キララ『しのざわ、ムードがない(すりすり)』
はい?
キララ『起きてもいい?って、相手に聞くもんだよ(すりすり)』
あのぉー、キララさん。
起きてもよろしいでショウカ?
キララ『起きちゃ、イヤ♪(すりすり)』
なんなんだ、いったい。
キララ『しのざわ、ボク……(すりすり)』
あん?
キララ『火が点いちゃった(すりすり)』
ぐはあ〜〜〜
キララ『火をつけた責任、とって♪(すりすり)』
キララちん、あのね。
キララ『ジュテ〜ム、して♪(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『優しく、して♪(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『ほらほら、しのざわ、近藤さんだよ♪(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『近藤さん、装着して♪(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『手始めに、ちゅうしながら、全身愛撫して♪(すりすり)』
うううぅ〜〜〜
キララ『優しく、して♪(ぴと)』
うううぅ〜〜〜
キララ『しのざわ、頑張って♪(ひしっ)』
うううぅ〜〜〜
キララ『しのざわの股間も、性感マッサージしてあげるから♪(ぎゅっ)』
ぐはあ〜〜〜
キララ『イクときは一緒だよ、しのざわ♪(ぎゅううう)』
しむぅ〜〜〜


これ書いてる現在時刻、23時59分……
(実際は翌日の午前零時55分)


ましゃか、あのキララちんで、えろんえろんになるとは思わなんだ。
うううぅ〜〜〜
なんか最近、キララちんも自己主張が……
キララ『しのざわ、夜更かししちゃダメだよ。
今夜も寝床で、気持ちいいコト、いっぱい遊ぼうね♪』
…………あい。


2

寝床で絵本  日常光景

ぐぐぐぐぐ。
キララ『パソコンの前で、なに突っ伏してるの?しのざわ』
消えた。
キララ『消えたって?』
データが消えた。
キララ『何の?』
表の日記。
8割がた書いたトコで、ワードのアプリケーションが落ちて、データが飛んだ。
もう書き直す気力がない。
ぐぐぐぐぐ。
キララ『もう寝たら?』
だって、さあ。
キララ『これ、寝ろって天の声だよ。きっと』
うううぅ〜〜〜
キララ『ゆうべも徹夜、しちゃったでしょ』
まあ、そのー
キララ『なにしてたの?』
ちょっと本を読み始めたらー
はまってー
キララ『ふぅーん……何の本?』
瀬戸内寂聴センセーのエッセーです。はい。
キララ『見せて』
ほれ。
キララ『………………………………』
………………………………。
キララ『………………………………』
………………………………。
キララ『………………………………』
………………………………。
キララ『………………………………』
あのうー
キララ『………………………………』
もしもぉーし。
キララ『………………………………』
おーい。
キララ『………………………………』
キララちん?
キララ『………………………………』
キララおねぇーさま?
キララ『………………………………』
さかなやの、おっさんが、しによった。ぎょ。
キララ『………………………………』
となりの空き地に囲いができたんだってぇー。へぇーかっこいいー
キララ『………………………………』
おしょうがふたりで、おしょーがつぅー
キララ『………………………………』
オマエなんか懲戒免職だ!ああ、ちょーかい。
キララ『………………………………』
あの山、鳥海山なんだって。へぇー、ちょーかい。
キララ『………………………………』
アジアコレラとエルトールコレラは、これらの点で症状が異なります。
キララ『………………………………』
花粉が飛散で悲惨だなっと。
キララ『………………………………』
もっしもっしカメよぉー、カメさんよぉ〜〜〜♪
キララ『………………………………』
おーい!
じゅげむじゅげむ ごこうのすりきれ
かいじゃりすいぎょのうんぎょうまつすいぎょうまつふうらいまつ
くうねるところにすむところ
やぶらこうじのぶらこうじ
ぽんぽこぴーの ぽんぽこなーの
ちょうきゅうめいのちょうすけ
大丈夫かぁー?
…………ぶくぶくぶく。
キララ『………………………………』
………………………………。
キララ『………………………………』
うううぅ〜〜〜
キララ『………………………………』
すごい集中力。
キララ『………………………………』
相手にしてもらえなひ。
キララ『………………………………』
しくしくしく。
キララ『しのざわ、うるさい』
ぐはあ〜〜〜
キララ『面白いね。この本』
オモロイもんで、思わずハマって、徹夜しちまったがな。
キララ『また今夜も、読み返すつもりなの?』
まあ、そお。
キララ『十中八九、徹夜になっちゃうよ』
そうかも……
キララ『明日、もう、金曜だし』
一応……
キララ『手続きとか、いろいろ、残ってるんじゃない?』
うううぅ〜〜〜
キララ『もう寝ようよ。一緒に添い寝しようよ』
うううぅ〜〜〜
キララ『なんだったら、その本、寝床にもってくとか……』
おおう!寝床で読むというテがあった!
キララ『しのざわって、さあ』
なんじゃい。
キララ『子供だね』
ぐはあ〜〜〜
キララ『絵本読んであげないと、寝つけられない子供だね』
童心なくしたら、オトコは終わりじゃい。
キララ『なんなら、ここに転がってる汽車ぽっぽの絵本も、寝床に持っていく?』
これはね、汽車ぽっぽ絵本じゃなくてね、鉄道ピクトリアルなの!
キララ『あはははは!』


これ書いてる現在時刻、23時59分……
(実際は翌日の午前零時35分)


いい加減早く寝ないと、添い寝当番のキララちんがマジで怒りそうなもんで、もう寝まふ。
キララちんが怒ったら、マジで怖いれす。
うううぅ〜〜〜

ゆんべ徹夜で読んでた、瀬戸内寂聴センセーのエッセー本
http://www.amazon.co.jp/%E5%A5%87%E7%B8%81%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%A0%E3%82%89-%E7%80%AC%E6%88%B8%E5%86%85-%E5%AF%82%E8%81%B4/dp/4532166586/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1245943730&sr=1-2

続編も買って読まないとー
めぐ『まだ読むのぉー?』
キララ『もうやめたら?』



2




AutoPage最新お知らせ