怒りに燃えて  お迎え

まゆ『艦長の、お土産お土産なのです♪』
キララ『うんうん』
まゆ『お寿司が、いっぱいいっぱいなのです♪』
キララ『うんうん』
まゆ『富山の、ます寿司とぶり寿司なのです♪』
キララ『うんうん』
まゆ『若狭の浜焼き鯖寿司と鯖棒寿司なのです♪』
キララ『うんうん』
まゆ『鯛鮨もあるのです♪』
キララ『うんうん』
まゆ『米原の釜飯もあるのです♪』
キララ『うんうん』
まゆ『駅弁三昧が楽しめるのです♪』
キララ『うんうん』
まゆ『艦長、大好きなのですっ♪』
キララ『まゆ、あのさ』
まゆ『はい、なんでしょう?』
キララ『お寿司なんかいらない、早く帰ってきてって、ゆうべ泣いてなかったっけ?』
まゆ『てへ♪そんな昔のコトは、憶えてないのです』
キララ『あのね』
小雪『さあさあ、お茶いれてみんなで頂きましょう』
まゆ『早速早速、湯沸し湯沸しなのです』
アリス『とてもおいしそうな、押し寿司なのですの』
ティセ『なんかバッテラ、思い出すわぁ。懐かしいなぁ』
キララ『あれ?しのざわは?』
まゆ『帰ってこられてパソコンつけられてから、急に急に怖い顔になってしまったのです。
全身から、怒りのオーラが、めらめらめらぁ〜〜〜〜〜っと燃え上がっているのです。
近寄りがたくて話しかける言葉が見つからないので、実は実は、途方にくれていたのです』
キララ『大丈夫かな……?』
小雪『めぐちゃんが側についているから、大丈夫でしょう。多分』


めぐ『とうとう出ちゃったね』
出ちゃったな。
めぐ『去年の秋あたりから、雲行き、あやしかったんだよね』
ん。
めぐ『危なっかしくて、見ててハラハラしてたし』
ん。
めぐ『なんか、可哀相』
外野は口出しできんからな。
まして、つながりもないし。
めぐ『しのざわ、本気で怒ってるよね』
判るか?
めぐ『しのざわって、本気で怒るときは、深く静かに怒るんだよね』
よく見てるな。
めぐ『付き合い、長いし……』
さいですか。
めぐ『それで、どうするの?』
結論は出てるんだけどな。
めぐ『アタシはかまわないよ。みんなも納得すると思うし』
そうか?
めぐ『でもコレ、オークションだよ。
しのざわ、オークションやったコト、あるの?』
この前のEeePCは、即決入札だったからな。
ぶっちゃけ、やるのは今回が、実質上での初めて。
めぐ『入札のかけひきなんて、できるの?』
縁がありゃ、成立するだろ。
めぐ『頑張ってね。応援してるから』
ん。
めぐ『ところでさあ』
なんじゃい。
めぐ『あんまり怒りを溜めると、体に良くないよ』
実は、怒りを溜め込むと、だな。
めぐ『うん』
腹が減るんだな。
めぐ『うん』
空腹憶えて、怒りが収まるの待ってだな。
めぐ『うん』
そうすると、買ってきた寿司が、おいしく喰えるんだよな。
めぐ『呆れて、ナニも言えないわぁー
だめだよ、しのざわぁー
そんなことばっかりやってるから、うつ病、治んないんだよぉー』
あ、いつものめぐちんに戻った。
めぐ『人の気も知らないでぇ〜〜〜っ!
しのざわの、ぶゎかぁ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!』
いひゃいいひゃいいひゃいいひゃいいひゃい!


これ書いてる現在時刻、23時59分……
(実際は翌日の午前零時50分)


おわら風の盆前夜祭、見て帰ってきました。
帰ってきて、某所を見て、ブルーになりました。
ぐぐぐぐぐ。

めぐ『買ってきた駅弁お寿司食べて、早く寝るぅー』
キララ『ボクも晩酌、付き合うから』
まゆ『今週の週末に、新潟行きミッションが控えているのです。
それに備えて、寝るべし寝るべしなのです』


本日は91。(23時59分現在)
昨日は74。
毎日ご訪問、ありがとうございますです。


5

富山れす  やすみ

夕方から雨降り始めて、一時どぉーなるかと思いましたが、おわら風の盆前夜祭最終日、なんとか開催されまして、鏡町のを見てきました。

富山駅前の、東横インJr富山駅前にチェックインしまして、コレの更新をば。
ゆんべ寝てないもんで、しにそぉ〜〜〜れす。
これからビール飲んで、もう寝ますです。
ぐはあ〜〜〜


まゆ『艦長が外泊のお留守番、寂しいのです』
キララ『ええと……』
まゆ『寂しくて寂しくて、泣いちゃいそうなのです』
キララ『ええと……』
まゆ『ぐすっ』
キララ『あ……』
まゆ『ぐすっ、ふえっ、ひっく、うううううっ』
キララ『まゆ、泣かないでよ。ね。ね。ね』
まゆ『うわあああああああんっ!!!
わーんわーんわーんわーんわーん!』
キララ『あー……』
まゆ『早く帰ってきてくださいよぉ〜〜〜〜〜
かんちょぉ〜〜〜〜〜〜〜〜』
キララ『しのざわ、明日、ます寿司とか、ぶり寿司とか、いっぱい買ってくるから。
帰ってきたら、寿司三昧だから。
まゆ、それまで待とうよ。ね。ね。ね』
まゆ『ぐすぐすっ、ホントはホントは、お寿司なんかいらないのです。
それよりもそれよりも、ひっくひっく、艦長と一緒に一緒にいたいのです』
キララ『ええと……』
まゆ『早く帰ってきてくださいよぉ〜〜〜〜〜
かんちょぉ〜〜〜〜〜〜〜〜』
キララ『まゆ、気晴らしに呑もうよ。ね。ね。ね』
まゆ『うわあああああああんっ!!!
わーんわーんわーんわーんわーん!』
キララ『ボクも泣きたい』


これ書いてる現在時刻、23時59分……
(実際は翌日の午前零時05分)


マジで、しにそぉ〜〜〜れす。
明日の朝、ちゃんと起きられるのかしらん?
むぅ……


本日は74。(23時59分現在)
昨日は65。
毎日ご訪問、ありがとうございますです。


2

出発前夜  日常光景

まゆ『かんちょぉ〜〜〜〜〜〜〜〜』
あん?
まゆ『夜が明けたら、おわら風の盆前夜祭で、お出かけなのです』
まあ、そお。
まゆ『幽霊の彼女さんのお墓参りされて、その後で越中八尾に行かれるのです』
まあ、そお。
まゆ『明日の晩は、富山にお泊りなのです』
まあ、そお。
まゆ『ですからですから、これからこれから、準備準備なのです』
うううぅ〜〜〜
まゆ『気合い入れて、すべしすべしなのです』
めんどくさぁ〜〜〜
切符だけ持って、荷物ナシ。手ぶらで行こうかなあ。
まゆ『艦長の、ぶゎかぁ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!』
怒るなってば。
まゆ『明日は幽霊の彼女さんと年に1度のお祭りでえとなのに、その無気力さはなんなのですか!なのです!』
ええと……
まゆ『気合いが足りないのです!
熱意が感じられないのです!
投げやりなのです!
幽霊の彼女さんは、お墓で、艦長が来られるのを、今か今かと、指折り数えて楽しみに楽しみにされておられるのです!
それをそれを、そんな気の抜けたような態度で行かれたら、悲しくなって悲しくなって泣いちゃうのでです!
ぷんすかなのです!
もう相手にして貰えなくなっちゃうのです!
艦長が三途の川を渡られるときに、メンドウみて貰えなくなっちゃうのです!』
あー、はいはい。
まゆ『はいは、1回でいいのです!』
ぐはあ〜〜〜
まゆ『とにかく気合いで、これからこれから、明日の準備準備なのです』
あい。
まゆ『予備のハンカチは、ここなのです』
ん。
まゆ『ポケットティッシュは、ここに入れるのです』
うい。
まゆ『時刻表も入れるのです』
おう。
まゆ『健康保険証も、要るのです』
ん。
まゆ『艦長の気管支、治ってないので、お薬も必須必須なのです』
そんだば、抗生剤クラリスと、咳止めフラベリックと、痰きりアントブロンをばー
まゆ『記念撮影用に、デジカメの確保とバッテリーの充電充電なのです』
どぉーせほとんど、写真撮らないと思うがー
まゆ『日記更新用に、鳳翔も確保確保なのです』
まあ一応、EeePC持っていこ。
出先にPCなんて、持っていくもんじゃないんだがー
まゆ『おやつは、お泊りだから500えんまでなのです』
おやつは、いらないってば。
まゆ『バナナは、おやつに入るんでしょうか?』
バナナも、いいってば。
まゆ『これは、確認が要るのです』
せんで、ええ。
まゆ『酔い止めの薬が、無いのです』
いらん。
まゆ『要らないんですかぁー?』
酔ったためし、ないし。
まゆ『乗り物酔いとアクシデントを心配しながら、ドキドキしながら、それがわくわく感に変っていくのが旅行の夢とロマンなのです。
艦長のご旅行には、夢とロマンがありません』
10年以上も毎年墓参りに行ってて、おわら風の盆の前夜祭も今年で4回目。
ロマンもへったくれもあるか。
まゆ『それはそれは思っていても、口にしては、いけないのです。
折角の折角の、年に1度の、幽霊の彼女さんとのお祭りでえとなのです』
あのね。
まゆ『艦長は、オンナゴコロ、オトメゴコロを解っておられません』
そのね。
まゆ『あ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!』
なんじゃい。
まゆ『艦長!でえとに行かれるのに、なんてカッコなんですか!?』
はい?
まゆ『ワイシャツの襟が、汗のシミと垢まるけなのです!』
ええよ。どおせ、炎天下の中歩いて、汗だくになるんだから。
雨になったら雨で、ズブ濡れやしー
まゆ『それはそれは、いけないのです!
おニューのワイシャツ、おろすのです!
この汚れたワイシャツは、ソッコーでクリーニングなのです!』
ぐはあ〜〜〜
まゆ『あああ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!』
なんじゃい。
まゆ『艦長!でえとに行かれるのに、なんてカッコなんですか!?』
はい?
まゆ『アタマがフケまるけなのです!
剃り残しのヒゲも、だらしなく伸びているのです!
旅行の準備は、もうわたくしがしますから、艦長はお風呂入られて、頭のテッペンから足のカカトまで、綺麗綺麗にするのです!』
もうええよ、どおせ、炎天下の中歩いて、汗だくになるんだから。
まゆ『それはそれは、いけないのです!
艦長は、オンナゴゴロ、オトメゴコロを全然解っておられないのです!
そんな汚いカッコで行ったら、ぷんすかなのです!』
ぷんすか通りこして、もう呆れられてるがー
まゆ『ますますもっていけないのです!
折角の1年ぶりのでえとなのですから、ナイスガイにならないと、いけないのです!』
ナイスガイって、あのね……
まゆ『幽霊の彼女さんは、年に1度のお祭りで、浴衣を着て、待っておられるのです!
お墓で艦長が来られるのを、今か今かと、指折り数えて楽しみに楽しみにされておられるのです!
それをそれを、そんな気の抜けたような投げやりのカッコで行かれたら、悲しくなって悲しくなって泣いちゃうのでです!
ぷんすかなのです!
もう相手にして貰えなくなっちゃうのです!
艦長が三途の川を渡られるときに、メンドウみて貰えなくなっちゃうのです!』
ぐはあ〜〜〜
まゆ『わたくしがわたくしが、これからこれから艦長のお体、頭のテッペンから足のカカトまで、綺麗綺麗に洗いますなのです!
浮浪者ホームレス同然のカッコであるじを送り出してしまったら、ラブドールの沽券にかかわるのです!
もう服全部脱がれて、お風呂の洗い場に座ってくださいなのです!』
ぐはあ〜〜〜
小雪『準備、はかどってますか?』
小雪ぃー
小雪『今夜は早く、寝てくださいませ。
折角の年に1度のお祭りデートなんですから、やつれた顔をしていてはいけません』
とっくの昔に、へばってるんだけど……
小雪『さっさと寝れっ!!!』
まゆ『寝る前に、お風呂で頭、ちゃんと洗うのです!
剃り残しのヒゲも、ちゃんと綺麗に剃るのです!
カラスの行水で、ごまかしてはいけないのです!』
なんで祭り見物が、ここまでおおげさに……
小雪『なにか仰いましたか?』
いえ、なにも……
小雪『よろしい』
まゆ『お風呂に早く、レッツゴーなのです!
お風呂の中で、寝てはいけないのです!』
うううぅ〜〜〜


めぐ『キララちゃーん。この前の光景の再来だねぇー』
キララ『ホントだね』
めぐ『小雪サンとまゆのおかんぶり、鬼気迫るものがあるよねぇー』
キララ『あははは、だんだん迫力、ヒートアップしていくよね』
めぐ『まるで、マザコン息子をお見合いに送り出す、子離れできてない母親みたいだねぇー』
キララ『母親というか、女中のねえやというか……』
めぐ『しのざわ相手、冬彦さんごっこぉー』
キララ『めぐちゃん、ふっるーい』
めぐ『冬彦さぁーん、アタマ、綺麗綺麗にしましょ〜ねぇ〜〜〜』
キララ『めぐちゃん、洒落になんないよ。それ』
めぐ『……………………』
キララ『……………………』
めぐ『……………………キララちゃん、なんか切ないね』
キララ『めぐちゃん、呑もっか?』
めぐ『呑んじゃえー、しのざわの酒だしぃー』
アリス『わたくしも、お付き合いしますなのですの』
ティセ『ウチも、混ぜてぇ〜な』


これ書いてる現在時刻、23時59分……
(実際は翌日の午前零時50分)


そんなこんなで、夜が明けたら始発で出て、明日の晩は、おわら風の盆前夜祭の見物れす。
一応、EeePCを持って行きますがー
明晩は更新できないかもー
出先にPC持っていくと、あんまし呑もうって気分になれないんだよね。
ゆっくりくつろげないもんで、持っていくもんじゃないです。
PCわ。

めぐ『ます寿司、買ってきてぇー、しのざわぁー』
キララ『ボク、ぶり寿司』
まゆ『若狭の浜焼き鯖寿司が、シブイのです』
アリス『鯖棒寿司も、楽しみなのですの』
ティセ『鯛鮨、買ってきてぇ〜な。
だぁ〜んさぁ〜〜〜〜〜〜〜〜ん』
小雪『お写真と土産話、楽しみにさせて頂きますから』
ぐはあ〜〜〜


本日は65。(23時59分現在)
昨日は58。
毎日ご訪問、ありがとうございますです。


3

寝てました  やすみ

………………………………。
めぐ『あれぇー、しのざわぁー』
………………………………。
めぐ『ちょっと、しのざわぁー』
………………………………。
めぐ『しぃ〜のぉ〜ざぁ〜わぁ〜〜〜!』
………………………………。
めぐ『しのざわ、またパソコンの前で寝ちゃってるしぃー
どぉーしよぉー』
キララ『だめだよ、しのざわ。
こんなとこで、うたたね寝してたら、気管支がまた悪化しちゃうよ』
まゆ『わあああああっ!艦長ここで寝ないでくださーい!
寝床、あっちですぅ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!』
アリス『だんなサマ調子悪いのに、日曜日に富山に行かれるから、とても心配なのですの』
ティセ『旦さん、起きてぇ〜な。
寝床で理恵はん、旦さんを待ってるでぇ。
理恵はんに優しゅうおめこ、してあげなあかんがな。
起きてぇ〜な。
だぁ〜んさぁ〜〜〜〜〜〜〜〜ん(ゆさゆさ)』


鈴『あの、どうしましょう……』
小雪『お布団、ここに敷きましょ。
うたた寝は控えてくださいって、あれほど申し上げてるのに。
まったく……』


これ書いてる現在時刻、23時59分……
(実際は翌日の午前2時45分)


オモテの日記の更新UPして、気付いたら、パソコンの前で爆沈してましたです。
あう……
アタマ、朦朧としてますんで、落としますです。
ぐすぐすえぐえぐ。
日付回って、2時間45分も経ってから落とすなんて、ブザマれす。
ぐはあ〜〜〜

めぐ『だからぁー、うたた寝してちゃ、ダメだってばぁー』
キララ『寝床でちゃんと、寝ようよ。
このまんまじゃ昼夜逆転、直らないよ』
めぐ『寝床で理恵ちゃん、泣いてるよぉー。しのざわぁー』
キララ『まだ今週、理恵ちゃんとジュテ〜ム、してないでしょ』
まゆ『ジュテ〜ムが無いと、寂しいのです。
悲しくて悲しくて、泣いちゃうのです』
アリス『理恵さんも可愛がってあげてくださいなのですの』
ティセ『ラブドールは、あるじから優しゅうおめこしてもろうて、ナンボなんやでぇ。
だぁ〜んさぁ〜〜〜〜〜〜〜〜ん』


本日は58。(23時59分現在)
昨日は105。
毎日ご訪問、ありがとうございますです。


3

ヘッドの汚れ  怪奇?現象

以前、キララの左の頬、色が白く抜け始めてきたコト、書いたんですけどね。
その後、よくよく見てみたら、色が抜け始めてきたんじゃなくて、左頬を残して、全体的に汚れて、黒ずみ始めてきてたんですよね。
特に、額から鼻にかけての汚れが、著しいです。
なんか、手垢べったりって感じの強固な汚れです。

キララの汚れ、ちょっと目立ってきたかなあ?と思い始めていたら……
なんか、めぐちんの方も、黒ずみが始まってきてたみたいで……
どっちも、今じゃべったり汚れがついてます。
汚れに気付き始めたの、丁度、キララとめぐちん、ごろんごろん、転がりまくってた今年の年初めの頃だったんですよね。
まあそのうち、ボディーソープとスポンジタワシで、丁寧に汚れ、落とそうかなあ……と思ってる間に、実は……

つい先日、留守中に小雪がいきなり転がって、帰宅したら、棚から落ちてたのを見つけたんですがー
小雪の額にも、うっすらと黒ずんだ汚れ、付き始めてまして……
一通り、ウチの同居人の顔を改めて見てみたら、ティセも5月に来たばかりなのに、激しく汚れてました。
特にめぐちんとキララちん、汚れの進みが、著しいです。

一番最初にウチに来て一番長くいる、さやか。全然汚れてないんですよね。
葵、まゆ、アリス、鈴も、汚れが全然ありません。
置いてある環境、差がないんだけどね。
なんでだろ?
めぐちんとキララと小雪とティセ、共通があるとしたら……
やいのやいの、脳内で言ってくるのと、あと、ごろんっと転がったコトなんですけどね。
(ティセは、まだ転がってませんがー)
あと、ドールレンタルショップからの身請け組ってのも、共通してるなあ。
転がって埃が付着した程度のハンパな汚れじゃないです。

何度か持論、書いてますけどね。
人形はヒトガタ、持ち主の厄災罪穢れ障りを身代わりに背負う形代です。
それで、持ち主が幸せになることを願うのが、レゾンデートルと思ってます。
流し雛がそのルーツなんですが、そういう意味で、非常に呪術的存在なんですよね。
ラブドールも、その例外ではないと思います。
もう厄災罪穢れ障りのカタマリみたいな日常生活送ってますからね。
見るに見かねて、めぐちんとキララと小雪とティセ、かぶってくれたのかもー
うううぅ〜〜〜

今度時間つくって、丁寧に洗ってあげたいと思いますです。

めぐ『悪いと思ってるのなら、すぐに洗ってよぉー
まったくぅー』
キララ『ベタベタして、気持ち悪い』
小雪『早く健康になってくださいませ』
ティセ『旦さんが優しゅうおめこ、してくれはったら、ウチもう、なぁーんもいらんさかい』
ぐはあ〜〜〜


オマケ……
添い寝初日、交代でヘッド交換した直後に臭った便所臭い臭い、その後無くなったんですがー
その代わり今度は、添い寝初日は、石鹸の臭いがするようになりましたです。
なんだろう?
むぅ……


これ書いてる現在時刻、23時59分……
(実際は翌日の午前2時05分)


めぐ『預金とか登記とか、手続き、はかどってるのぉー?』
なんか、改正原戸籍の謄本が要るとかでー
めぐ『うんうん』
新潟まで、行かにゃならんみたい。
めぐ『なぁーにぃーそぉーれぇー』
キララ『郵送は、してもらえないの?』
できんことないんだが、もう依頼の文章書くのがメンドイ。
直接行った方が、早いしー
キララ『大丈夫?』
めぐ『事故、起こさないでよぉー、しのざわぁー』
あい。


本日は105。(23時59分現在)
昨日は92。
なんか急に増えました。
いっぱいお越し頂いてウレシイんですけど、何かあったのかしらん?
むぅ……
毎日ご訪問、ありがとうございますです。


6

去年の富山の写真  てつ&車&ぐるめ

むぅ……
めぐ『ナニしてるのぉー?しのざわぁー』
去年行った、富山のおわら風の盆前夜祭の写真。
めぐ『やっと載せるんだぁー』
んだ。
めぐ『ぐずぐずしてると、載せそびれたまんま、今年も富山に行っちゃうもんねぇー』
それを言うなぁー
めぐ『キララちゃーん、しのざわの写真だよぉー
まゆもアリスもティセもぉー』
キララ『どれどれ』
まゆ『わあ〜〜〜〜〜い♪』
アリス『だんなサマのお写真なのですの』
ティセ『ウチも見せてぇ〜な』

クリックすると元のサイズで表示します
1枚目。富山地鉄の電車。
めぐ『最初っから、いきなりこれぇー?』
キララ『てつ』
いいじゃんいいじゃん。
元は、京阪特急テレビカーなんじゃなー
まゆ『優等車両だったのです』
んだ。

クリックすると元のサイズで表示します
2枚目。これは多分、富山地鉄のオリジナルだと思う。
めぐ『ふぅーん』

クリックすると元のサイズで表示します
3枚目。元は西武特急レッドアロー号だったんだよな。これ。
キララ『へぇー』

クリックすると元のサイズで表示します
4枚目。別のアングルから。
まゆ『元西武特急の品格が漂っているのです』

クリックすると元のサイズで表示します
5枚目。元レッドアロー号の車内。
充分今でも、地方鉄道なら優等車両で通用するがな。
まゆ『乗り心地がよさそうなのです』

クリックすると元のサイズで表示します
6枚目。なぜか、車内にあった自販機。
めぐ『なんで自販機、写真に撮ったのぉー?』
ただ撮ってみたかっただけ。
めぐ『なぁーにぃーそぉーれぇー』

クリックすると元のサイズで表示します
7枚目。元レッドアロー号の最前列。
アリス『料金箱があるのですの』
ワンマン運転なんだよな。
めぐ『この電車、ワンマン運転に使うのって、すんごくモッタイナイと思うんだけどぉー』
キララ『うんうん』
おらっちも、そう思う。

クリックすると元のサイズで表示します
8枚目。元レッドアロー号の座席。
まゆ『座り心地が良さそうなのです』
座席の背もたれ固定されてて、リクライニングできなくなってるんやけど。
めぐ『なぁーにぃーそぉーれぇー』

クリックすると元のサイズで表示します
9枚目。元レッドアロー号の窓の下のテーブルに付いてる、栓抜き。
この栓抜きが、時代を感じさせるんだよなあ。
めぐ『ところでさぁー、レッドアロー号ばっかり撮ってるよねぇー』
これが撮りたかったんじゃい。
めぐ『なぁーにぃーそぉーれぇー』
ついでに1区間だけ、乗ってきたがな。
めぐ『呆れてナニも言えないわぁー』
キララ『しのざわって、こども』
童心失くしたら、オトコは終わりじゃい。
めぐ『あー、開き直ったぁー』
まゆ『それがそれが、艦長の魅力なのです』
アリス『魅力なのですの』
キララ『甘やかしちゃダメだってば』

クリックすると元のサイズで表示します
10枚目。八尾町の鏡町のおたや階段。
鏡町は、ここに座って見るんだよな。
キララ『ここから、おわら風の盆の前夜祭?』
んだ。

クリックすると元のサイズで表示します
11枚目。おたや階段全体。
めぐ『濡れてるねぇー』
現地に着いたら、雨降ってたんじゃい。

クリックすると元のサイズで表示します
12枚目。テント。
ここに地方(じかた)が入って、三味線とか胡弓とか太鼓とかー
めぐ『ふぅーん』

クリックすると元のサイズで表示します
13枚目。階段の途中まで降りて、会場全体を撮ったとこ。
ここの広場で、踊るんだよな。
キララ『敷いてある敷物、これ何?』
団体客が来て場所取りしたんだが、雨降ってきて撤収しちゃったんだよな。
まゆ『迷惑なのです。顰蹙なのです』
アリス『マナーが悪いのですの』
確かに団体は、マナーがなってない。

クリックすると元のサイズで表示します
14枚目。踊りの会場から、おたや階段を見上げたトコ。
ティセ『なんやこれ。階段の前半分、占拠しとるやんか』
んだ。この前半分、押しかけてきた団体の場所取り。
ティセ『ヨソもんが集団で押しかけてきて、美味しいトコもってくなんて、えげつないわぁ〜』
そう思う。

クリックすると元のサイズで表示します
15枚目。最大ズームで狙って奇跡的にとれたネコ。
めぐ『やんやんやんやんやん。
かぁ〜わいい〜〜〜〜〜〜〜〜』
会場の側の旅館の玄関にいたんだよな。
まゆ『艦長の家の前でウンコたれていく隣の畜生ネコとは、えらい違いなのです』
ぬこであるには、変わらんと思うがー

クリックすると元のサイズで表示します
16枚目。夕焼け。
まゆ『雨が止んで、晴れてきたのです』
この時点ではね。

クリックすると元のサイズで表示します
17枚目。人が集まりはじめてきたとこ。
アリス『ぼんぼりに、明かりが点いたのですの』
んだ。

クリックすると元のサイズで表示します
18枚目。暗くなる直前の夕焼け。
ティセ『ウチなあ。こんな綺麗な夕焼けの中でなあ』
なんじゃい。
ティセ『旦さんに優しゅう、おめこしてもらいたいわぁ〜』
だあ〜〜〜
ティセ『ラブドールは、おめこしてもろてナンボなんやでぇ。
だぁ〜んさぁ〜〜〜〜〜〜〜〜ん♪(すりすり)』
ぐはあ〜〜〜

クリックすると元のサイズで表示します
19枚目。翌日の富山駅で、入線してた、帰りの高山線の特急ひだ。
めぐ『ちょっとぉー、おわら風の盆の前夜祭の写真わぁー?』
結局あれからまた雨降り始めて、去年は開催中止。写真、あんだけ。
めぐ『なんのために、行ったのよぉー』
キララ『ひょっとして、汽車ぽっぽの写真が撮りたかったとか?』
んだ。
めぐ『呆れてナニも言えないわぁー』
キララ『しのざわって、ホントにこども』
童心失くしたら、オトコは終わりじゃい。
めぐ『それぇー、絶対にちがぁーう』
まゆ『それがそれが、艦長の魅力なのです』
アリス『魅力なのですの』
キララ『2人とも、しのざわを甘やかしちゃダメだってば』

クリックすると元のサイズで表示します
20枚目。特急ひだ、近寄って撮ったトコ。
まゆ『編成が短いのです。たったの3両なのです』
高山で増結するんだよな。

クリックすると元のサイズで表示します
21枚目。特急ひだの車内の座席。
アリス『座席が豪華なのですの』
帰りの座席、普通車が無くってさあ。
結局グリーン車にしたんだよな。

クリックすると元のサイズで表示します
22枚目。1列席の方の座席。
ティセ『いかにもリッチって感じの座席やなあ』
グリーン車の座席の座り心地の味しめるとさあ。
普通車に乗りたくなくなるんだよなあ。

クリックすると元のサイズで表示します
23枚目。特急ひだのグリーン車の車内。
まゆ『わたくしも乗りたくなってきたのです。
お供させてくださいなのです』
うううぅ〜〜〜

クリックすると元のサイズで表示します
24枚目。1人がけの座席。
ティセ『いかにもシャチョーはんが座る椅子って感じやん』
まあ、そお……
これに座るってのは、ささやかな贅沢れす。

クリックすると元のサイズで表示します
25枚目。2人がけの座席。
めぐ『なんかさあ、ひだの車内の写真、やたら多いんだけどぉー』
滅多に乗らないグリーン車だったから、舞い上がってたんじゃい。
めぐ『それってぇー、おのぼりさんがするコトなんだよぉー』
キララ『そおそお』
ぐはあ〜〜〜

写真、これでおしまい。
まだ他にもあるんやけど、手振れピンボケしてたりで、目も当てられんから。
めぐ『鉄道の写真ばっかりで、つまんなぁーい』
キララ『そおそお』
まゆ『わたくし達ラブドールは、あるじの嗜好を理解受容共感しなければならないのです。
すなわちすなわち、艦長と一体になって、趣味嗜好を理解受容共感すべしすべしなのです。
ですからですから、艦長が鉄道に興味関心がおありなら、わたくし達も鉄道について、理解受容共感すべしすべしなのです。
これからこれから、艦長のコレクションの鉄道模型で遊びましょう遊びましょうなのです』
ティセ『ウチは、旦さんから優しゅうおめこしてもらえたら、なぁーんもいらんさかい♪(すりすり)』
アリス『だんなサマの写真を見たら、お菓子を食べたくなってきましたのですの』
まゆ『早速早速、お茶会なのです』
めぐ『あたしぃ、キンキンに冷えたビールの方が、いいなぁー』
キララ『お茶会の2次会で宴会しよっか?』
めぐ『呑んじゃえー、しのざわの酒だしぃー』
ティセ『おめこ、してぇ〜な。
だぁ〜んさぁ〜〜〜〜〜〜〜〜ん♪(ぎゅっ)』
ティセ、ひっつくなってば。
ティセ『ええやんええやん♪
乙女のささやかな、おねだりやんか♪(ひしっ)』
しむぅ〜〜〜


これ書いてる現在時刻、23時59分……
(実際は翌日の午前4時15分)


キララ『なんでこんなに、遅くなっちゃったの?』
書いてる途中で、寝ちまったんじゃい。
キララ『ちゃんとマトモに寝ようよ。添い寝当番の理恵ちゃん、可哀相だよ。しのざわ』
あい。


本日は92。(23時59分現在)
昨日は74。
毎日ご訪問、ありがとうございますです。


6




AutoPage最新お知らせ