2007/1/28

30年前の甑  

昭和52年1月、自宅の車庫の奥から釣りの道具箱が。その中には、甑島ナポレオンとメモが、サラリーマン時代の骨董品が脳裏に昨日のごとく現れる。
すでに、脱サラ18年目、上司は、同僚は、部下は、と、偲ばれる。
安月給を積み立て釣りクラブ結成。15〜16名でマイクロ貸し切り年2回の遠征、もちろん先輩がドライバー、このときばかりは、上司も部下もへったくれも無し。
今のフィシングウェアーと比べると、真冬の土木作業員スタイル、地下足袋スパイク、物干し竿みたいな、グラス竿。ベストだけはOOOフィシングクラブと刺繍がしかもフルネーム入り。
汚い話だが、笑いたくなり、申し訳ないやらの思い出が。
串木野からフェリーで甑(手打港)西磯へ遠征記録、団体にてナポレオンと称する周辺の各磯へ渡船。
当時期待は、1〜2ヶ月前からそわそわ、春休みが終わった途端、夏休みを楽しみにすごした、小学時代と同じ。
先輩、後輩と4人1グループ編成、4組に別れ乗礁。(瀬の名前忘れました)
とにかく情報は、70〜100匹は楽勝、車のボンネットが上がるくらい、クーラーボクッス2つも3つも持参、瀬上がりしてまだ、明けあらぬ、オガライトで暖と明かりを得、撒きえ作り、4人で共同作業、それが終わり、朝飯のうどん(鍋で炊いて)それぞれ愛妻おにぎり、当時はコンビニなんて、今は贅沢三昧。
撒きえをし、先輩から竿出し、こちとらは、いつものパターン、夜明けの一発(爆弾投下)、岩の切れ目を探し、防寒着上下脱ぎ、うんこらしょ、明るくならないうちに投下しないと、丸見え状態。しかし寒いが、斜めまえは、先輩2人が仕掛け投入みたい、棚調整か?。
重爆完了し、防寒着を着てたら、爆弾の上に剥き身の餌が、あれっ???。と、まばたきしたら、無い、気のせいか?。
釣り場に戻ろうとした途端、今度は、爆弾の横のペーパーが矢のごとく海中へ、風かな?。
なぬーーー、先輩の仕掛けが、まさか。。。(剥き身が練りえにまぶされ、また、サビキの擬似ぺーぱー)
2回も的に的中、さすが先輩だ、関心はよそに、クロが釣れなくて、素針でよかった。
が、後にも、先にもO秘事項でした。
多分ばれたら、部所の配置転換転勤は避けられないこと必至。苦しい1日の遠征だった。それ以来、港の公衆トイレでかならず、今は、道の駅。そして、渡船も高速化楽になったが、少々体力の限界が(笑)。クロシーズンも後1月半頑張ろう。
0

2007/1/21

なんやかんやで21日  

今年の一月は、暖冬かな?。ちょっと動くと一枚脱ぎたくなる、暮れのほうがよっぽど寒かったように思うが。
年明けからTVは、見たくないほど事件ばかり、事故もあるある、何時わが身に振りかかるかたまったものではない。
暮れにお得意さん周りで粗品的お歳暮くばりをしたのですが、リストに無い人からお歳暮請求され、それも、隣りに配ってなんで持ってこないのか。ですと。
うちはガス屋、石油屋とは違います、船の販売、管理屋と言っても八百屋みたいに言われた。
へたに、返答したら大変、変な世の中になったものだ、日本中、私を含めて団塊の世代人がうようよになる、大半がリタイア組みになる、日本中の企業の退職金引当金がちらばることになるが、銀行さんもおたおたしたら、よそに取られるはめに。
世の中先の見透視明かりが見えず、みなさんの金庫の扉ますます頑丈になると思う。
私が3〜4歳のころは、わらじの履物、だんご汁にさつまいもが昼飯。そのころ、じいさんが、くじらの冷凍刺身を湯のみ焼酎飲みながら、が〜が〜ぴ〜ぴ〜のラジオを聞いていたのを思い出す。
お風呂は、五右衛門風呂、お風呂と便所が一番怖かった20Wぐらいの裸電球で影が動くのがいやだった。
小学校中学年までなんといっても、お正月が一番楽しみだった、そのころお年玉なんて見たこと聞いたことなく、祖母から、親からの服をいただくことだった、それもがぶがぶの、どこも、日の丸の旗が、じいさんから、けじめとゆうものを教わった。
数の子の卵を一つ一つ数えた記憶も、お屠蘇を飲みすぎて、ばあさんにしかられた。
冬休み、夏休みの絵日記がいまは、これこれPCまさか〜〜〜〜。なんて。
0

2007/1/4

お化けきのこ  


クリックすると元のサイズで表示します
下の四角い建物が管理棟です。案内板を見ながら、ほ〜そうか、へ〜えなるほど、と、勉強しつつ、次の衛星組み立て工場に進もうかとした時に、雲の切れ目の上空にこのキノコが、見慣れていない物体ゆえ、おまけに、山頂の雲は、流れが速く、一瞬、宇宙船が降りてきたか、多分、すごい大きな声を出したのではないかと、かあちゃんと二人きりでしたので、恐怖で固まっていたと思います。
直径36m、高さは忘れました。真下に行ったらO菱電気とありました。これが360度回転、90度倒れます。
後は、ご想像に。
0

2007/1/4

正月三が日  

クリックすると元のサイズで表示します
初詣大晦日の22:30自宅を出て、玉名の蓮華院誕生寺へ、17年お世話に。
祈祷とお札をいただき、毎年、奥の院にて祈祷中新年を迎え帰路へ。10:00に目が覚めお節を頂き、お昼からかあちゃんと夜逃げじゃなく、昼逃げちょっと温泉にが宮崎まで、なんの日帰り出来ようか?(笑)
エルグランドの後ろは、釣り道具、でかいバッグ2個かあちゃんが積んでいる。クーラーバッグは、2日分はあろうか果物に調度品。
糸が切れた凧みたいに、西風にあおられながら、車が見当たらない高速、ぶきっちょでナビもろくに使えず、青島に着いた。観光案内がナビにあるのだが、二人でボードを見ながら(お前が押せ、いや、あんたが押せば)で触りきれず。日南の海岸を、太平洋独り占めしたみたいでした。
油津、南郷港遠洋漁船団の正月お飾り見て、雄大且つ美しく見惚れぱなし。そして、町の名前もわからず民宿探し、これが快くあるんです正月に。おまけに安い3,000円。もちろん外食、
翌朝、7:00出発、宇宙航空開発センター(内之浦ロケット基地)へ受付が済みなかに、戸馳島の面積は充分にあろう、パラポラアンテナ(径36m)が雲が切れて見えたときはドキ〜〜ンでした。
二人ともしばらく固まっていました。人工衛星打ち上げ台(ビル10階建て)ほ〜〜お、へ〜〜えとあごが上がりぱなし。
船間、辺塚と断崖絶壁の国道448号。お猿さんに、たぬきに遭遇しながら、屋根がひくい民家、高い暴風壁や林、今は車があるけど、昔は〜〜〜〜〜。
はるか下を見ると最高の磯ばかり、ただ港なし、道無し、未知の世界だ。
とうとう鹿児島(佐多岬)に来てしまった。地磯見つけかあちゃんと、一騎打ちクロ釣りに、、、(おめんさどっからきたんかえ)地元のおっさんが。熊本からこげなところまで釣りにきよって、ま〜ま^。
結果、私は、ゼロ、かあちゃんオナガ35cm2枚、ブダイ1,5kg一匹。完敗。
はよ撒き餌ばして、と、せがまれ、泊まるところ探そうかと言えば、まだウキの見える、ここは、あんまり潮が通さんねだと。かあちゃん俺がゼロ匹で超満足。
佐多町(田尻)の民宿へ。クーラーに氷入れといて、明日は早よからまた地磯にいくけん。寝るばい。はい、はいの私でした。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ