2007/10/20

そして神戸?  マリンスポーツ

クリックすると元のサイズで表示します 
2日間隔が開くと、アイデンティティーが狂ってしまった。
一年間東海岸お留守にしてびっくり、高速道路が出来ているではないか。通勤ラッシュはすでに、過ぎ、国道10号南下する。
門川港でオオアジが、また、太刀魚がの情報が昨年の、12月号の釣恋人に、夫婦で堤防釣りも結構と釣具店探し、そして、お昼の弁当屋さん探し。

ワシントン椰子の並木道思い出した、まだ独身のころ大阪赴任(研修)で布団やら教材やら衣類めいいっぱいホンダNkoroに乗せて、フェリーで神戸まで、当時は保冷車の大型トラックばかりで、軽自動車なんてでしたが。
昔のことは良しとして、
釣具店のおばちゃんの情報入手して岸壁に、50人は並んでいるだろう、じっちゃま、ばっちゃまのアングラー。ちょっと離れて、早速仕掛け作り、10mぐらい離れて青年組が、、、あややや なんと、竿2本だして、椅子に腰掛けコーヒー飲みながら読書なんです。 すごい余裕。読書か〜〜〜?
あわてて仕掛けを作り撒き餌を作り、釣り開始。 二人とも朝が早かったし、まさか牛深の予定が門川とは、おにぎりほおばりながら、期待に膨らむ瞬間であった。
10分20分、30分、なんの音沙汰なし、右左を見るが、誰も釣れてる様子がない、皆よく我慢して竿をだしている。
一時間経過、いつの間にかバランスよく並んでいた釣り客達が、300mの岸壁の両サイドに、我々はポッツンと残され、さっきの読書の青年組含んで5組になった。
噂のオオアジは噂に終わりました。皆辛抱強い宮崎の人は(笑)
あきらめて、さらに南下を試みる。美々津に着いた。海軍発祥の地、古い商屋の町。
壊さずレトロ調の手作り工房があったり、カフェテラスが、。古い漁村の村おこし。

沖は季節風なのか、太平洋の波はデカイ、砕けた大波が引く時、小石の当たる音がなんともユニークであった。
文章で表現、ワオオ〜〜ドバ〜ン、ドッスン、ジャラジャラーー、パチンパッチン。
目のまえが、七つバエでしょうか?。南側に3人の磯釣りが見えておりました。
しかし、相当の荒れ模様でしたが。帰りが心配で帰路に。
帰りは、門川から延岡市内を通らず北方方面に高速が、高千穂の渓谷、山間の黄金蒸た
稲穂、お風呂か、夕時の準備か屋根の一辺から煙が低くたなびき。
漁村とは、違ったロマンを見ることができた。何時も通りすがり思うのだが、渓谷の向こう山の民家に用事が出来たらどこを通ったらよいのか、橋なんて有りはしないし。〆て走行距離410kmでした。
0

2007/10/18

話には聞いていたが?  

クリックすると元のサイズで表示します
牛深にミズイカ釣りの計画が、16日に決定。堤防釣りなので単独行動ぐらい大丈夫だろう。
17日5:00起床。床を揚げ、ペコの散歩を済ますが、まだ外は真っ暗である。朝食をしようにも、台所で音を立てたらまずい、トーストでもとオーブンで焼いたのがまずかった。タイマーが切れたらチィ〜〜〜ンと台所に響いた。
かあちゃんが鏡の前で、黒板消しをパタパタ、上着は薄い防寒着を着ている。
監視役で付いて来るみたいだ。6:30出発、途中コンビニにて朝食補充するが、予定変更、進路が東へ、かねて東国原県知事(そのまんま東)のご紹介があってそのままにしていた、世にも不思議な高千穂の天岩戸神社を訪れることにしました。
国道218号ひたすらまっすぐ、7:30高千穂着、まさに雲海の真ん中、通勤、通学にはまだ、時間が。真面目そうな、高千穂高校生が5,6人沿道ですれ違う。

天岩戸神社前、宮司さん達が参道の落ち葉集めをされていた、電化製品大型ブロアーで一挙に落ち葉を集めておられました。
想像でしたが、松葉カキで箒の目をいれながら、集めた落ち葉の焚き火の煙が木立ちの中へとしみわたり。
情緒あふれる焚き火の臭いが心を清めるような昔の記憶がありますが。 宮司さんにご挨拶したつもりが、ブロアーの音で聞こえなかったみたいでした。
参拝を済ませ、天照大神が隠れ潜んでおられた大洞窟とやらを見聞に約500m川沿いを下る。
ずでに晩秋を思わせる、神秘的な空間に徐々に入る予感がしてきた。途中の参道の画像がこれです。
後は、カメラを撮る事が必然的にできない心境に、何時何方が何のためにされたか、石積の塔、何千個いや、万は入っているだろう。
冗談言える空間でもない、祠の奥に拝殿があり拝を済ませ社務所に向かう。
土産品店もまだ時間がはやく、閉店中、多分地元の手作りの食べ物の衝動買いがなくてほっとしたものでした。
敷地、建物内全て禁煙、お土産商店街まだ開店準備中、かあちゃんの計算図串の勘有り。
そのご、雲海からのがれるために、下山日之影町から延岡に。 太平洋で魚釣りでもするか。 明日また書こうっと。目がヒラヒラしてまいりました。
0

2007/10/9

危機管理予告  

今、PCキーボード打つ自分に感謝しております。
9月27日、昼食後、一服休憩。 突然、右足が床から離れない、まるで強力な磁石でも靴に付いているみたいだ。
右腕が、肩から無い、いや?。見るとちゃんと、ある。唇がしびれ言葉が出ない。 夢の中の夢なのか?????。
5分間ぐらいで、悪魔のいたずらは、過ぎ去った。((かあちゃん三角病院に連れて行って))皆、キョト〜ン。なんで〜〜みたいな顔であった。
お客さん、家族に、明日は香典を沢山用意してなんて、冗談発しながら病院へ。
何時もは、受付3分、待ち時間3時間、診察15分の済生会、受付で何時ものごとく、症状自己報告、受付の顔が変である、診察室がなんか?慌しい4〜5分して呼ばれた。
何回も、何回も症状を聞かれる、MRI 検査。 (脳梗塞と判明)
脳の血管の一部が詰まっているのを確認する。大小合せて、5ヶ所。さあ〜どうしましょうである。オーバーホールするか、部品交換するか、聞いたら、ここでは、修理できないとのこと、救急車にて、熊本済生会へ転送40分の緊急走行でした。
最近のドライバーさん達、ピーポー、ピーポーが近ずいても、左によけないですね〜、
びっくりしました、(前の車、左によけなさい、救急車が通ります、はい、左、左、
そのうちに、ナンバーまで呼ばれる始末)7〜8台は注意されたみたいだ。
済生会に入ったら、検査、検査、宇宙船の中にいるみたいな、機械ばかりです。
24時間完全看護、血栓を溶かす投与が左腕に4日間、今度は、右腕に。5日目にMRI
検査、 症状なし、全てクリアー、歩行の許可がおりる。
毎朝、1Fの売店に朝刊(120円)を買いに行くのが楽しみになりました。念には念を、心臓の検査まで最後にしていただき、これもクリアー。
退院許可前日、主治医の先生から、4〜5年生きたいなら元の生活どおりに過ごしてください。????????
20年以上だったら、どうします。と、皮肉った、カウンセラーである。
即、禁煙、食事制限付き、常備薬付き。

自由気ままな食生活、喫煙、これも贅沢な習慣病、つらいけど、頑張ります。
入院生活10日間、で済みスタッフの皆さんに感謝申し上げます。
85パーセントの方々が、車椅子にて退院そして、リハビリー。
15パーセントに木下さんが選ばれたのですよ、運がよかったです。看護師さんからの アドバイスでした。
来月から、磯釣りシーズンに、体力トレーニングを今月いっぱい頑張ろう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ