2008/1/22

何とか畑らしく  

また今日も雨、しかも、膝から下がしんしんと冷える。
肥料を撒いて、耕運機ででんぐり返しの耕しをして3日目、気になって覗きに行った。

クリックすると元のサイズで表示します

今になって、しもたーーー。最初のやぶから写真に撮っとけばなんて思っとります。
とにかく夢中真剣だったから、これからを一つ一つあせらずだ。

白い石ころみたいのが、カキガラ、、手前がユンボの輪達に砂岩。ここまで丁度一週間。
まだまだ、ほっかほっか土になるまで頑張ります。
0

2008/1/21

家庭菜園を作りたい  

年明けから益々世の中厳しく感じており、今年は北風木枯らしも身にしみじみと効けています。

昨年からの夢が、畑を持ちたい、作りたい、団塊の世代、少しは辛抱も体験したい。
自給自足をやってみたい、 別荘の諸先輩の真似とゆうか、身をもって体験したいのです。
釣った魚は、一夜干し、2枚に下ろして冷凍庫保存。
野菜は狭い畑に、じゃがいも、たまねぎ、丸々育った大根、こつこつ努力され決して贅沢されず、買い物もされず、しかも料理が美味しいんです。

今や各自治体では、男の料理教室、の催し物が、5日分の献立表が作られているのです。
クリックすると元のサイズで表示します
とにかく12日より雑木林の開墾、雑木、雑草は焼いて灰を土壌改良に使用。しかし、平地はむずかしく、水はけが悪くユンボが完全に抜かる始末、必死で抜け出し。赤土、粘土質の砂岩混じり、バッケットが硬めの粘土でこばりつきもう、失点抜刀。
農家じゃないので、トラックターもなし。
しかし、こんな時PCインターネットは最高ですね。土壌改良から野菜の栽培までずずずいと、体験談から失敗談までついつい夜中の2時までPCとにらめっこでした。
学生時代がこんなに必死にの俺だったらと、ちょっぴり反省しております。(笑)
だが、実技が優先です。戸馳農協に飛んでいく、ああだ、こうだで一応落ち着いた。クリックすると元のサイズで表示します
今日牛糞堆肥10袋、過燐酸石灰1袋撒布、ほっかほっか土壌になるかも楽しみだ。
一番最初はじゃがいも栽培です、メークウィン、男爵。計画は今月末種芋植え付け。
まだまだ先、床畑をまず完成させてから。
0

2008/1/4

一年の計は00に  

今日から仕事初めです。なんか作業着が年末に比べ胴周りが窮屈である。
気分新たにと行きたいけど、年末、年始の悪天候に、今日の眩しいくらいの雲ひとつ無い天気、西海岸は1mの波だそうな(くやし〜〜〜)
初釣りは、まず、天草西海岸は2,5〜3mの波、全てキャンセル食らってしまた。
今年の初詣は、強風とみぞれだった、玉名の蓮華院(小岱山の麓)今年の初詣は、県外の方が多かった、とにかく大晦日23:30大型観光バスが20数台、中に入ったら除夜の鐘撞きの列が本堂を通りすぎて並んでいる。18年通いつずけて初めてである。

昨年は、お大師さんに助けていただき、祈願場で般若心経(お経を見ながら)唱えてまいりました。実際、お教師さんの声みたいに出ません、少し訓練が必要かも(笑)。帰りは、サーチライトに写った朱色の五重塔に降り注ぐ舞雪、見応えがありました。ばっちし、御札もいただきました。

2日、3日鹿児島、宮崎?初釣り計画。九州山脈彼方は真っ白化、おまけに北西の風が耳を刺す。とにかく県外に出たくて、八代ジャンクションに警告がなく人吉、えびのまでスイスイでした。南薩は年末親子の傷害事件が新聞に少々行く気になれず。都城経由で志布志に決定。車もパラッパラ、釣恋人で釣具店を探し、2日分の餌さを、調達する、フィシング Sの女将さんめずらしく美しく見えた、店内も清潔さすが釣恋人のPRがたある。
あれよあれよで志布志港に、益々西の風が強くなり、どこもここも白波だらけ、都井まで車を走らせた、突風が舞い吹き飛ばれそうに、かあちゃんはなお更危険である。
ダクリ岬を見つけ、1kmはあろう磯ずたい、バッカン、バック、ロッドケース〆て4〜50kgはあろうか2人でフラフラしながら運ぶ、風裏なので今度は、防寒着が邪魔にしかし、30分の地獄行進であった。先客一人、朝から来ているがO匹らしい、途中焚き木ひらいに変身されました。(地元のおっさんでした)
本当に餌取一匹も浮いてこない、道の駅で買った弁当開き、かあちゃんが防寒着、ベストを着だした、真剣な目つきに変わりだした。完全フカセ仕掛けで、r突風で手元に針が来ない、この波浪に一隻船外機艇が瀬裏に避難しながら釣りはじめた。大声で届くか(救命胴衣2人とも着用なし)風の音で無理とわかり、心配よそに釣り開始。3時間ねばって完全O匹、撒き餌がもったいなく、引き返すことに、地獄の行進完全に車についた時は、ヘトヘトグロッキーでした。
16:30垂水着、桜島古里温泉一泊二食20,000円(一人)はあ〜〜〜でした。
うろちょろして、熊本にもない温泉湯発見、しかもキャンセルが一組でて泊まりOK.
垂水港のすぐそばにあった。温泉〜〜〜だーって感じです、肌はつるつる、色は白くなるし、お湯は流しっぱなし、疲れが一湯で摂れるとは銘湯である。
3日は8:00温泉宿を出発、桜島山頂に雪を見て、車から出たくない、でも魚を釣りたい。
避難港をかたっぱしに物色、ほとんど先客あり。中には、一人で3人分ぐらいの釣り座のスペースをお持ちの方も、おいらのトランクを開けると、自分の仕掛け(浮き)は見ずに、何時場所取りされるか冷や冷や覗かれる。ひやかしに、志布志の仕掛けの整理をしてたら、すぐ傍にきて撒き餌をされる。
思わず、わ〜〜お〜〜(よくよく堤防の根っこを見ると、温泉が湧き出ている、湯ノ花も浮いている)
北側の桜島を撮るのもはじめてである、しかも山頂は真っ白化、デジカメとりながらちょっと、先方をじらしました。
次なる避難港ちょっと大きめでした、ここでは、私たちと同じく、枕崎方面からキャンセル組がD社オンリー、G社オンリーの決まったスタイル、ちなみにこっちは、G社にD社のミックススタイル(笑)
ここで5時間はねばった、アジ5匹、はぜ一匹、ベラ3匹、すずめ一匹、でした。
二組の方は、もう一泊して帰るそうです、

昼飯も食わず、国分、空港、横川、えびのと国道を走り、道の駅で買った昼弁当がえびのの手前で胃の中に、晩飯兼用にしました。経費節減、えびのより高速に、ラッシュ、ラッシュ、松橋までず〜〜〜っと、80キロ走行、ゆったり運転でした。
来週は、リベンジです。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ