2008/4/9

1480kmの旅  

4月4日泣いても笑っても今日で終わり、昨夜の宿室戸荘の宿帳を記入する時、私たち夫婦が一番若かった。逆打ちされる方(88番札所から巡拝されるかたは24:00に宿をでるみたい。また、縁起を担ぐために05:30に起床、太平洋の朝日を撮りに室戸岬にここは断崖ではない、地磯に砂浜、多分台風時は10m超の高波だったら間違いなく国道に波が、想像するだけで足がすくむ。
何人かの歩きお遍路さんすでに行動開始されていた。ここ室戸で10日目位だろう、男性、女性の方少々(いや、はっきりわかる)足を引きずっておられる。ただひたすらにひたすらに歩かれている。クリックすると元のサイズで表示します  32番札所禅師峰寺まで無事周ることができた。
昨年、33〜38番札所は巡拝済み、 39番延光寺まで125km。
大相撲の朝青龍は、36番札所青龍寺の近くの高校野球でも有名な高校出身で、ここのお寺の四股名を取ったそうです。
17:00前に宿毛市(延光寺)に着く。納経帳納経朱印をしてもらった。今回の計画は全て完済。

八幡浜〜別府フェリー 22:00である。八幡浜港まで宿毛から100km、20:00のフェリーは間に合わず、別府港着5日00:30、自宅03:30着、また、家族がいやみたっぷりの言葉が。
行きも帰りも夜中のフェリーで画像がありません。  3泊4日のお遍路の旅の反省。
1日目の巡拝お寺その日は脳裏にはっきりあるが、一寝入りすれば、記憶にないお寺が?????とほほーーー。これも年の精か、それとも1日の巡拝が多かったのか。

境内の鐘を撞くときは本堂にお参りする前に撞くこと、今来ました、これから巡拝に来ますとその合図または、ご挨拶だそうだ。間違って、5−6札所勝手にお世話になりました、なんて解釈して撞いてしまった。

あと2年は掛かるだろう、40〜88番札所、巡拝。かあちゃん元気でいてくれよ。俺も無理せず。一人で行っても意味がない。 

1番札所から88番札所までの巡拝距離1,400km。 今回自宅からぐるっとまわって四国一周1,480kmの旅でした。
0

2008/4/9

情報収集不足(遍路ころがし)  

クリックすると元のサイズで表示します  昨日は我が家を出て、3時間の睡眠、おまけに、13番札所まで巡拝、翌日の札所の特徴、道順をしらべたかったんですけど、ノックダウン。朝からかあちゃんと、ナビと参考書とにらめっこになった。
徳島市内が遠くになりつつ、山頂のお寺から徳島市内を見下ろすようになった。鶴林寺標高570mまださくらの蕾だけ、昨日から平坦なお寺はお花見絶好調、こんな山奥にどうやって建てたのだろう、立派な本堂に大師堂。遍路ころがし、登っても、登ってもお寺が見えない、太龍寺になると標高602mロープウェイが巡拝に一役かっている。
乗車料金往復2400円、(登って3時間がたったの10分で、総工費28億円)
奈良、飛鳥時代も大変だったみたいだが、昭和、平成も大変みたいです。
般若心経もとなえるのが慣れたみたいでしたが、団体さんに負けじと声が大きくなり少々枯れ気味に、お坊さんになると、山門の外まで声が響きます、さすがです。何となく2日目なったものの、27番札所神峯寺は車まで焦げ臭くなる上り坂である。オートマギアを1にセットでやっと。ここで山口県の六十半ばの男性お遍路さんに話しかけられる、山道で私の車のNo熊本が懐かしいらしい(奥さんが本渡出身だそうだ)。今回は、奥さんがご病気で一緒じゃなく、奥さんと一緒に巡れるか、どの程度のものか、初めての巡礼体験みたいで、やはり、ご夫婦で巡礼を夢見ていらっしゃるようだ。
段々話し込んでると、右手が振るいだし、昨晩は、晩酌できず、朝のおにぎりもむかむかで喉に通らず、口がまめらないなんて、言い出され、  まったく、私の昨年の9月と同じ徴候、 ご本人さんには申し訳ないけど、脳梗塞の前触れ、(ここで巡礼おやめになって、山口の大きな病院でMRI検査、こんな山奥に救急車は来ないです、奥さんと同伴でお遍路さんできなくなりますよ)説得その後中止されただろうか??。

クリックすると元のサイズで表示します室戸岬にきてしまった。クリックすると元のサイズで表示します
4日目の室戸岬太平洋の朝日です。最終日です。どんなことがあっても帰らなくてはなりません。ここまで、高速、フェリー、燃料、宿泊費、お寺のお布施、納経、しめて12万円(参考までに)
昨年、高知を周り、最後の39番札所(延光寺)を残したので、これが今回の打ち納めに。
0

2008/4/6

体力との戦い(1番〜13番)  

霊山寺(一番札所)クリックすると元のサイズで表示します07:30無事到着。金剛杖、笈摺(おいずる)を早速身につけ、十善戒を誓い巡拝。  @生き物は殺さない。 A盗まない。 B邪淫しない。 C偽りは言わない。
 D虚飾の言葉は言わない。 E悪口は言わない。F2枚舌は使わない。G貧らない。
 H怒らない。 I正しくない考えは起さない。
本堂にお参りし、般若心経をとなえた。(何時しか涙が出て止まらなかった)お経の声も震えて途切れがちになった。かあちゃんはこんなもんかな?なんて隣りで手を合わせていた。
1年間、般若心経となえた甲斐があった、かあちゃんの寝不足、強行行脚で疲れきった格好が目に映り、益々涙腺が緩みだした。感謝に浸り、感無量の涙でもあった。
2番、3番と巡拝、境内では、桜の花見の準備もあちこちに見られる。よくよく考えてみれば、朝飯抜きである。 寝不足と、疲れで食欲が無く、コンビニでお赤飯とサラダ、こっぺぱん、お茶を買い、境内の休憩所をお借りすることに、(徳島はあんがいと札所間隔が近い、お遍路さんも、たくさん見受けられる。昨年と、違って春休み期間、学生さんと見受けられるお遍路さんが多い、それから、団塊の世代そのまんま、まるごとと言いたい、男性一人歩きに、車利用が目に付く。それから、なぜか30中半の女性お遍路さん一人歩きが多い。
大型観光バスでドカッ〜と団体さんが、あちこちで目に着く。 8番札所ぐらいになると、団体さんとは、時間差で差が出来、個人、ご夫婦、親子、になる。本堂、大師堂でおとなえの、お経が、何時しかかあちゃんが仏前勤行を開きながら般若心経をとなえだした。12番札所焼山寺、標高800m。駐車場に雪が積まれていた。杉林に囲まれ薄暗く金剛杖の鈴の音が巌に響く。二人とも、きついと言わず。。。。。
かあちゃんが撮ったデジカメです、門前にて、お大師さんに負けず、劣らずの疲れきった格好です。
クリックすると元のサイズで表示します 
ここまで来たからには、後に引けず、14番札所で17:00回った。 顔はカパカパ、ややガンガン。膝に相当きている。山中を抜け宿さがし、市内の宿は団体さんで満杯。ビジネスHをさがし、少し贅沢なスタミナ食餃子ラーメン定食をいただいた。19:00には爆睡。(しかし、夜中に大変なことに、かあちゃんが発熱、38度5分にたぶん昨日からだと、36時間不眠に山麓の行脚。解熱剤服用させる。相当な試練みたい)
翌朝、05:30起床、かあちゃん熱が引いていた。安堵。  カーテン越しにうっすらと夜が明ける。(前日風呂にも入る元気なし。晩飯食べていて眠かった)
06:20朝食。06:50出発。ラッシュを避けることが懸命。
14番札所、常楽寺を目指す。教訓、自分のペースと、」かあちゃんのペース配分を考慮。 いざとゆうときの常備薬持参。絶対無理をするな。 明日に書きます、もうクタクタです。寝ます。
0

2008/4/6

南無大師遍照金剛 同行二人 願主  

クリックすると元のサイズで表示します           4月1日、23:30別府港発、4月2日02:30八幡浜港着フェリーTELにて予約をしてしまった。 (3月31日の出来事からこの日記は始めます)

日々日々、昨年のことが思い出され、やがて、1年目になろうと、秋に倒れこれだけで済まされたのも、お大師様のお陰と念じ、我慢も限界、自分勝手に第2回目の、お遍路の旅計画を立てた。
フェリー会社から確認のTELが入って、家中大騒動と、相成った。?苦笑
かあちゃんは、すでに察していたらしく、準備は早くからしていたみたい、ただ、日程だけは (さすが、さすが)  まるで 駆け落ちするがごとく、我が家を後にした。

期待と不安を抱き、夜中の高速(梗塞)道路、えっちら、ぼっちらで別府着、1時間早く着き、早速温泉探しに、身体を清め、乗船。 深夜便は大型トラックばかり、2〜30台はいるだろうか、出港しものの5分で深い眠りに、、、、、、。
5分もしない内に、船内マイクに起された。(たっぷり2時間チョイは爆睡していた)

船内で1時間仮眠し、興奮のあまりフェリーを飛び出すことに、カーナビ頼りだが、真っ暗で、どこがどこだか?。
高速が見つかり、超安堵。一路徳島に、針路インプット完了。 松山当たりで、山影がはっきり見え出し、伊予でいよいよ限界に、SAで爆睡、(お互いに、顔は腫れぼったく、目は赤く充血、とにかく、なんであれ車中仮眠)
1時間で目が覚め、スッキリ状態、(なんで目が覚めたかとゆうと、2台の観光バスに、お遍路さんの団体さんが、わいわい、がやがやで、一瞬シャッキ〜ンっとなった・

洗面、乗らないお化粧?を済ませ、頭はぼさぼさの、二人のお遍路の珍道中の始まりです。年、、年、、腰、肩、膝、一晩で相当の違和感に(笑)。
          今夜また続
0

2008/4/1

やがて一月  

クリックすると元のサイズで表示しますなんとか、新芽が出ております。
教科書によると、5〜6本の芽が伸びたら、2〜3本残して切ると、書いてあった。まだまだかな?。
同じ日に植えたのですけど、こんなに発芽の差があるのだろうか?。
少し、例えがオーバーですが、我が家のペットがお産して乳を探しているみたいです。

もう少しで、マリーナの冬季点検も終了に近く早く寄せむねしなくては、それから雑草取りもしなくては、(笑)。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ