2008/10/30

畑の一大事  

農協からTEL.玉ねぎの苗が到着、サラたま、100本で500円思い切って200本にした。
昨日は、大潮で釣りはお休み、で、玉ねぎの植床作り、と、畑の足場まわりの草刈。
除草剤一切禁止。草刈機も技術もんで、中低速にて土の中に回転歯を入れクサの根までカットする技である。
農業も基本は、畑は清潔に、伝染病、虫、かび、菌が寄ってくる原因が雑草のほたらかし、収獲後の残廃の未処理。
案の定、植えたばかりの、白菜の苗に小さな穴が点々と、キャベツも一緒、よ〜く見ると青虫が、そして、てんとうむしの仲間が、 
あわてて、農協へ、農家の人が教えてくださいました、2000倍に薄める水和剤を紹介してもらったが、粉末を、水和剤に変換、そして、塗布の仕方、時期。
当然、劇薬で購入時に、印鑑サイン、が?。農協組合員でもなく、ただ、実績、実行中にて一から十まで教えていただいた。 かたじけない。
マリーナに帰り、1g単位に計る計量器、 噴霧器。容器。そして、希釈計算の計算機。  おいおいそこまでするかい????。
すべて、エンジン修理に使うやつでとりあえず代用することにした。
(劇薬ゆえ一歩間違えば大変なことになりかねません、慎重に慎重に((笑))
無農薬野菜って、葉っぱ物の野菜は露地栽培は絶対無理な栽培ですね。 気持ち程度の農薬が要りますね、 人間のかぜ薬、はたまた、栄養ドリンク剤、目薬、歯磨きみたいなもん。
今日、消石灰を撒く。3日後苗植え予定。
0

2008/10/28

本格的じゃろうか?  

とうとう、近くの農機具屋さんに耕運機の中古を依頼した。5〜6万円でありますよ、返事。  5日目にTELが見に行った。高いか、安いかまったく、ただすごく古いのは間違いない。 マリーナに運んでもらい、早速、操作の見習い、75馬力、てれーっとされない。真剣、下手すると大怪我かも????。クリックすると元のサイズで表示しますチョイとなんて無理。早速山へ、硬い畑もなんのその、さすがパワーだ。 じゃがいもを植えたところを機械を入れ、畝まで作り上げた。鶏糞2表、牛糞2表。

そして、26日夕方、白菜、キャベツ、レタス、ブロッコリー、深ねぎの苗をうえました。クリックすると元のサイズで表示します難しい菜っ葉類ですが、やるだけやってみようと、あと、大根を植えたいのですが、種撒きからそうで、これも、やってみましょう。
来週は、農協から、サラ玉の苗100本、普通の玉ねぎ100本が届く。遂に本格的にだが、収獲してなんぼである。
季節がらも良好、根気良く、やってみましょう。
0

2008/10/21

親睦鯛釣り  

かれこれ6年越の親睦会。 別荘のお客さん計4人、一番上のお客さんの還暦祝いをかね鯛釣りに始まり今日で6年目。
年とともにわがままもひどくなり、家族から居ても、居なくても良い一員になり、おのおの別荘で行末の生活の自慢話で花が咲き、身体のつずく限り人とのお付き合い大切にしたいものである。
AM5:30出港、有明の海の有明最高でした。  クリックすると元のサイズで表示します季節も丁度鯛釣り絶好調の時期。ジャンバー一枚がいるくらい、 しかし、昼間は半そでTシャツでOK.
諸先輩方に何時までも、お世話になり、また、ご指導いただき感謝にたえません。
今日は一日幸せな日でした。 
一番大きい鯛も分けていただきました。 クリックすると元のサイズで表示します4人で真鯛50匹軽く越えていました。ただし、平均500g(笑我慢)大きいのは1,5〜1,7kっが6匹いました。
0

2008/10/16

マリーナにお猿さん来社  

10月14日午前10:00、お客さんに船の修理完了の説明をしていたら、突然ペコがワワワア^^^^と駐車場の方へ走りでた、びっくりして丘の中腹に、ペコより一回り大きい猿がのっしのっしと逃げた。

まさか戸馳に猿、(完全に我目を疑った)。家族その他みんな、たぬきだろう、ねこだろうと、そそくさに持ち場に退散。  しかし、見たのは確かである。
 
危険動物として、市役所に連絡、ここでびっくり、2年前から目撃情報あり、現在3頭。流れ猿、オスのみで、多分五木山中で群れから、追われて、ひたすら100kmの戸馳に(1日の行動範囲30kmだそうで、3日ちょっとで着くそうです。

30分もしないうちに、市役所の担当の方が聞き取りに、話をしていたら、真正面に(なんば、噂しよっとかーーみたいに、座ってこちらを警戒)居た。
疑いも無く日本猿、お尻は真赤か、立派な00玉、オス。 木々の幹を揺らす(威嚇)だそうです、 
お年寄り、子供の一人歩きは、要注意と市役所の広報が始まりました。 (現在の被害は、お年寄り一人暮らしの家に、家宅侵入し、食べ物をもっていかれたそうで、窃盗猿として指名手配中だそうです(笑)。
突然のことで、画像ありません。
0

2008/10/10

秋植えの身支度  

休耕地の雑草取と、耕し、5m×10mの畑、(じゃがいもの収獲後休耕)、籾殻もばっちり、鶏糞もばっちり、ロータリーで耕運。
大根、たまねぎ、白菜、ねぎ、を、予定してま^^^す。

昼から、流木、のり竹、海岸掃除のとき拾い上げたのを、焼却作業、海岸では焼却は法律違反、ダンプで畑に運び、大抵、暖をとるために冬焼却するのですが、量が多すぎるので、もんもんと燃やした。のり竹いったん火がついたら、すごい。 

途中、腰をブスリやられました。あわてて、上着、下着を脱いだ。 しかし、すでに遅し、じか〜〜〜〜あああああ。小指ほどの大きさ、真っ黒く、足は橙色。 不気味な身体のツヤが、デカすぎて身の隠し場所が無い、はだかのまま、頭を靴の先で押さえ(つぶしません)、肥料袋を二重にして、ぐにゅ〜〜〜っと、握り、一生懸命歯先でビニールを噛んでいる。
右の腰が熱くなり、鼓動が聞こえるように感じる。  のり竹の真っ赤に燃えた熾きが目の前に、  当然、生け贄の儀式である。  一瞬である、まっすぐに、割る前の割り箸みたいに、しかし、なかなか、焦げない。
今でも、ずきんずきんです。触ると腫れて暖かいです。  一日3匹大ムカデをつぶしました。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ