2009/9/29

やっと雨が、昼過ぎから(笑)  

畑の管理がこれほど辛いとは、農協からは、キャベツ、白菜、レタスの苗の予約をして半月、雨が降らず、畑の土質改良もできず。昨日からPCの天気予報とにらめっこです。
何時までも、夏日ばかりで、雑草の丈が延びるのが早く、草刈はしたものの、耕耘機のローターの刃が土に食い込まず、ピヨンピヨン跳ねて危険である。とにかく土か硬い。
3週間前に耕したところを5〜6回機械を入れる。土がなかなか微粒子にならず、親指代の塊が一面に、今朝は5:00起床。今日こそは雨を期待して、大型耕運機と仕上げ用に小型耕運機2台で土壌作り、マリーナは息子に今日だけは任せる。
午前中は、枯れ草を燃やす、軽トラ3台分、白い煙がもくもくと八代海にたなびく。
ついつい、気合を入れすぎて13:30が昼飯になってしまった。昼寝タイムたっぷり取り、15:00前、三角岳が白く霞みだした、雨脚だ。サー大変だ。農協に消石灰を取りに、途中あっちこっちで畑作業の人が、皆一生懸命だ。(おばちゃ〜〜〜〜ん、よか雨ばい、頑張って〜〜〜無理せんで〜〜〜)軽トラから叫ぶ。
残りの1枚やっと、耕し、消石灰を撒く。17:00には本降りにクリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ