2011/3/17

もう、見たくない、でも見てしまいます。(涙)  

なにもしてあげられない、じれんま。
11日、午後2:00前、エンジンの冬季点検中、ラジオNHKからボロロン〜〜〜ポロロンっと、緊急情報サインが何回も何回も、また、霧島火山の爆発か?。 アナウンスの様子が何時もと違う。
仕事をやめて、テレビに釘付けになった。なんや^^^^^なんや^^^、わあ^^^^
おいおい^^^^^、ほんなこつかい!!!!>>>>>>。
県知事広報課にPCメールを打つ、自然にキーボードを叩いた。九州各県の県知事さんに連絡、ボランティア出願者が出れば、選考して各庁舎在所の駅より東北地震救援隊九州各県団体ボランティア列車を計画、新幹線開通イベント自粛、粛々と、と、送ってしまった。

みんなから、早生門と言われた、しかし、送ったものはしかたがない。 居ても、立っても
いられなかった。
地方版のテレビで自衛隊西部方面、県警、日赤、の支援部隊の出陣の画像を見て、血圧がもとに戻りはじめた。 2日、3日目。第2陣、第3陣と出陣を聞いて大部落ち着いてきた。

問題は4日目、からだ、夫婦で朝から目が真っ赤、花粉症みたいだ、(とぼける)
親族探しの実況、再会の場面、も〜〜〜〜〜たまりません、朝、昼、晩よ〜泣きました。
しかし、情報とは、一歩間違ったら大変ですね、災害地の市長さんの落ち着いた明瞭な実況
説明、と、裏腹に、賢者の甘い判断には、とっても辛い思いをしました。
原発の避難地区は救援物資を配達できない。行政が進入を阻止している、なんて、両刃の剣みたい。
テレビを見て、頑張っていらっしゃる、年寄りばかりの避難地区、まだ、本道も開通していない避難地区の頑張り様、すべて良い教訓、勇気付けになりました。 

第2の団塊の世代が東北地区に誕生することを祈願します。30、40代の息子、娘達よ、
自分たちが育った国を立派に復興再現されんことを。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ