2012/12/19

秋遍路 土佐塾 その4  

クリックすると元のサイズで表示します昨日は18:00にここ、雪蹊寺前の高知屋さんに着いた。 自転車で竜馬先生に会いに行けばと、娘さんに言われましたが、風呂上り、そして外は雨、明日から本格的にお遍路,早く寝ることに。5:00起床、6:00朝食。高知屋さんの女将さんは、ものすごく礼節、朝食時もいろんなお話をしてくださって。
記念に新しいタオルをいただきました。
4年前、かあちゃんと四国に来たとき、お遍路を初めてお参りしたのが、ここ雪蹊寺です。
なにもわからず、ただラリースタンプのごとく、ぶつぶつ言いながら、夫婦喧嘩しいし足摺岬の金剛福寺まで来てしまいました。 4か月して脳梗塞で倒れ、2週間で復帰。
なんかのご加護で三途の川を戻されました。 ここ雪蹊寺は30分みっちりお参りをしてまいりました。7:20、34番種間寺にむかって歩く。クリックすると元のサイズで表示しますウェイト5kg落とし、着替えと防寒着約2kg宅急便で送り返す。 昨日30km歩いたのに、疲労が伝わってこない。
足の方も快調だ。4年前を思い出しながら歩く。 今日は36番青龍寺まで30km。ただ清滝寺の登り、塚地峠が全然徒歩計算にインプットできていません。(17:00までに青龍寺に着けるか、不安だ) 途中の6地蔵さんに一礼。
種間寺9:00前に着いた。 多分高知屋さんで同宿だった、兵庫県からお越しの若い女子遍路さんとすれ違う。 また、納経帳を書いていただいた奥さんに、クッキーと飴玉をいただき。 今夜の宿場までの早道を教えていただいた。  まともに歩いたら青龍寺までは暗くなって無理だと。
35番清滝寺9,8km 12:00ごろ着く予定だ。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します仁淀川を渡り、ず〜〜〜っと北の山腹が多分清滝寺だと黙認してくてく、土佐中島局にて今日、明日の旅費を引き出す。
カードは便利です。  橋のたもとの、看板の足におねがいの赤い字。 下に丸いシールが矢印、お遍路マーク、独特の道しるべです。 90%地図見なしです。
宇都宮からお越しの、同年輩の紳士お遍路さん、25番津照時までやっときましたが、ひざを悪くして歩けず。 途中レンタカーをお借りして周っているそうで、助手席にどうぞと、お誘いがありましたが、目的は歩き遍路、丁重にお断りもうしあげました。クリックすると元のサイズで表示しますやっと、中腹に伽藍を肉眼で見る距離に、そして途中、皇帝ダリアと風車のコントラスト、 疲れをいやしてくれる。
遠くに、二人ずれのお遍路さんが目に映る。 車もヒイヒイ言えそうな急坂を下りてすぐと、見れば感じる、ご夫婦でした。 挨拶もたどたどの奥さん、も〜〜頭陀袋が肩から落ちそう、広島からお越しで、(おくさん頑張ってくださいと、激励。)(今日は青龍寺までですけど、行けるところまで頑張ってみます)とご夫婦先をいそがれた。 大丈夫だろうか?
あの、ご夫婦、かなり疲労蓄積の歩き方だったが。クリックすると元のサイズで表示します10歩登っては、20回深呼吸
約2000mやっと、山門に。
                   続く
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ