2012/12/20

秋遍路 土佐塾 その5  

クリックすると元のサイズで表示します2日目のお昼です。清滝寺から土佐市を眺めました。 びっくりするほど、大きい薬師如来さんがおられます。クリックすると元のサイズで表示します昨夜の、天気予報は晴れのち雨。傘マークしかし、不思議で境内から桂浜まで見えるような晴天、南無大師返照金剛である。
納経を済まして、13:00.種間寺の奥さんは途中、コンビニでおにぎり1個でも買って行ったら、腹減るでー。 思はずバッグから、いただいたクッキーとクリックすると元のサイズで表示しますお餅、のど飴、を出す。
今日の昼飯はこれで十分です。 春はバナナ1本とアイスクリーム1個でした。ベンチで昼飯タイム、この時間帯になると、車のお遍路さんが多くなる、関東、北陸のナンバーが目立つ。 こちらも、札所を重ねるごとに、勤行が調子よい。 また、体調も絶好調。 要注意が下りの坂道、階段、普段は一段ごと跨いでいたが、両足合わせて、金剛杖頼りに慎重に下りている。 時間はかかるが、明日、明後日で終わりではない、いつトラブルにあうか、勇気と自分を信じて。
さあ〜〜〜青龍寺まで14km。 3時間半です。16時30分着予定。 下山開始。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します麓から後ろを向いて、中腹が清滝寺です。  商店街、住宅、団地街、を通りすぎ、田園地帯に出る。いい天気です。相変わらず、両足絶好調です。 多分あの奥、三山先が宇佐漁港、そして、青龍寺だと思います。クリックすると元のサイズで表示します1本道が続く、ウェイトを落とすとこんなにもスムーズに足がかわるのか、バンドの穴が一つ増えた、(もちろん外側に)。いつもは、過去のことばかり考えて歩いていたが、昨日から、明日、明後日、明々後日と距離と、宿場、の計算ばっかり。 田園地帯には、100年前台の農家、屋敷が至る所に残っている。し、無縁仏さんを新たに、墓碑を建立されているのが、目立つ。 建立者はほとんど、OOO建設株、 地元のベンチャーさんだ。 道路拡張工事にともない、供養でしょう。 昔のお遍路さん、大喜びされているのでは。2山上がり、休憩所が見えた、冬はトイレが近い、ありがたや、ありがたや、 自販機もある、リアルゴールド1本。 のどを蹴り上げる炭酸。  ここで思案、時計は14:30. 青龍寺まで7km。 2時間。
塚地峠超えだと30分プラス。 やめた。 塚地坂トンネルを選ぶ、選んで後で正解でした。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します1200mのトンネルですが、軽トラでも通る歩道が、安心です。 時間短縮ゆえ、足のさばきも当然早くなる。
トンネルを抜けるとそこは、宇佐湾が中央の山が青龍寺、そして、明徳義塾高校、 高校野球で有名です。 そして、元横綱朝青龍の母校です。 青龍寺の四股名をいただいた横綱。
モンゴルでここ、青龍寺に足を向けられないぞ、うんなもし〜〜〜〜〜!!。
クリックすると元のサイズで表示します宇佐町の入り口。 道の真ん中に祠がありました。よ〜〜〜く画像を見てください。 神社の名前は忘れました。
珍しい、珍百景でしょう。クリックすると元のサイズで表示します宇佐大橋です。むかしは渡しがあったそうですが、この橋は、明徳義塾の生徒にとって、鬼門になったり迎賓門になったり、全寮制みたいです、体育系は。 脱走者はこの橋で、将来を見つめるそうです。 橋のたもとに関所ならぬ、明徳義塾高校、相談所の看板を見る。 もうよい。 先を急ぐ、さらばじゃ。クリックすると元のサイズで表示します橋の上は、風速10m以上、背中から突風が、体ごと押しまくる、ひざに力が入らず、ブレーキが利きません、横歩きに、そしたら、菅傘が吹き飛び、メガネも一緒に。
おまけに、前から、軽自動車が。 猛然とあわてたまっくった。 軽自動車のおばさんも止まってくださった。 まず、めがねが、OK. もうちょっとで菅笠、ランカンから海にちゃっぽんどころでした。
軽自動車のおばちゃんばかり、礼をしてたら、なんと、対向車が知らぬ間に4〜5台に。
ま〜お遍路ゆえ許してください。 気を取り直して、デジカメを堤防にあわせました。堤防の先端とその奥の山、山、 見えるかな? 春遍路の室戸岬です。土佐湾ぐるり歩きです。
もうすぐ、足摺岬です。台風の銀座通りとうかがっています。竜馬じゃないが、しばし、春遍路を忍んでいました。 辛かった1っ週間(肉刺、まめ、 ひざ痛、)
クリックすると元のサイズで表示しますとうとう、青龍寺まで1kmのところまできた。
砂浜が続き休憩所がみえたがノンストップ。 すると休憩所から一人のお遍路さんが、どう見ても、ご婦人みたい。 挨拶を交わす。 まったくの関東弁、育ちの品がちがった、ざ〜ますのちょっと、手前、で、よかった〜〜〜?。 おいらより、先輩と見受けた。
どうせあの世に行くなら、是非経験したいお遍路を、しかも、元気なうちに、何時か何時かじゃ、足腰し、だめになっちゃうかもね、だから達者なうちにと思いまして。 お宅は九州の方でしょう!!!!!。 は、はいっそうです。 青龍寺はこちらでいいのでしょうか。
あと、1km、ご一緒しましょうで、同行二人に。このおばちゃん
なにをしゃべったかもう忘れました。クリックすると元のサイズで表示します1国参りと言って、阿波、土佐、伊予、讃岐と15日から20日ベースでお遍路されるそうです。16:30予定どおり。 山腹に響き渡った読経、般若心経、気持ちよかった〜〜〜。
納経所で野宿のお遍路さんに会う、 仙台からお越し、 以前は自転車で、2週間で四国一周されたそうです、  よって、全然札所の記憶が無く、今回はじっくりこよなく、巡礼とあいさつが、今日はこのまま、横波スカイラインを歩き、9km先の武市半平太銅像公園で野宿をするそうだ。多分、夜8時近くに成りはせぬかな、 いのしし要注意だがな〜〜〜?心配だ。
ここ納経所から、山越え、遍路ころがし900mを登ったところに、土佐国民宿舎が、そこで仙台の青年と別れる。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します真立ての道です、最後の最後で、モモが上がりません、金剛杖もやっと使えます。
東京のおばちゃん、そして、兵庫の娘さん、を、前にやり、鈴を大きく鳴らし、確認しながら、登る。 5時半もうこの暗さです、、女性ではきつい、中央の白い菅傘姿がおばちゃんです。6時過ぎに土佐国民宿舎到着。 山頂ゆえ風通しは最高で耳が痛いほどでした、ですから、写真無です。
支配人推薦の露天風呂を、女性群も露天風呂を選ぶ、 浴衣着に着替えるが、外、外、裾野からの風が、浴衣の下から、内また歩きに。
露天風呂からの景色、真下に最高の、磯釣りポイントが、浴槽から届きそう。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します最後の画像、中央が高知市内です。昨日、今日と歩いて来たところです。風呂に入ったが、寒さゆえ、外に出られません。10秒持ちませんでした、でも  ここ国民宿舎は、生ビールがありました。
2杯いただきました。 足の先からももたぶらまで、両足、腰。たっぷり、湿布薬を張り、
テレビつけっぱなしで3時まで爆睡、トイレで目が覚めたが、両足動かず。這ってトイレと思いきや、トイレは部屋の外でした。 いっぺんに目が覚めました。
      2日目終わり    続きます
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ