2013/6/29

土佐最後のお遍路(歴史と文化)  

さ〜〜〜5月24日、四国から帰ってすでに1カ月をすぎました。 まず体調現況復帰に心がけること3週間。それから、業務関係先の連絡不通による業務衰退でチンチロマイ。
そうかと思うと、太陽光発電工事の受注のスケールの大きさに大空を飛ぶがごとく、墜落しないよう必死に羽ばたく我を観ることしばしでありました。今絶頂期の太陽光発電ブームにすこーし乗っかることができました。  ただ四国の記憶がどこまで消されずに脳裏にあるか挑戦します。 相当物忘れが多くなりました。

クリックすると元のサイズで表示します昨夜の雨、打って変わって眩いほどの、喉かな農村、当然5:00起床、荷物の整理、洗濯物は乾燥機がないので、生乾き状態なのでビニールに収納。別宅(就寝専用)におやっさんが迎えにこられた。風車まで5分、おかみさんの朝食がすでにテーブルに、山菜ずくし、我が子の遠足みたいに、昼のおにぎり、のどあめ、ドリンク剤。 簡単なお礼ができない、恐縮三昧のほどこしにたじたじになった。クリックすると元のサイズで表示します昨日、もう夜です。迎えにきていただいた、場所まで送っていただき、風車まで3kmを歩いているところです。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します農家食堂 風車 池本公二さんとツーショットです。 有名などぶろく6本宅配にて注文。 おやっさんありがとうございました。 道中急ぎます。 今日は延光寺を打って、宿毛市に入り、難所松尾峠越えが待っている。もうすでに、80km超歩きどうし、体調とにらめっこしながら、今日の宿泊は、延光寺で判断することに。  しかし、昨夜のビール(気付け薬が効いたか)足が軽い。クリックすると元のサイズで表示します交通機関はバスのみ、車の往来時たま。 のどかなる三原村です。子供と会いません。会うのはお年寄りばっかしです。クリックすると元のサイズで表示します船ヵ峠を越えふれあいの里公園
を右に見て、三原村憩いの森9:00.宿毛市に入る。クリックすると元のサイズで表示しますたぶん、高知の水瓶じゃなかろうか。クリックすると元のサイズで表示しますただただ、てくてく、延光寺までおよそ7km。11:30予定。 いったん休憩します。25年、6月29日11:40
3

2013/6/8

お遍路通して3年目、2回目の雨  

クリックすると元のサイズで表示します昨夜は、山海荘のおかみさん、おやっさん、ありがとうございました。室戸岬周りと比べて、回復力が早かったみたいでした。階段がスムーズに下りられました。 降水確率90%、波浪注意報。6:30朝食をいただきました。隣席のご婦人、東京都から行き当たりばったり、家を出られた、昭和3年出世の気品のおばさんでした。4番札所当たりでバッグからリックに替えられ、都度都度、宅急便で荷物を自宅に送られ、身軽になられ、JR,バスを利用され38番札所まで、83歳元気なおばちゃんでしたが、一緒に朝食とりながら、自分が昭和22年生まれ、歩き遍路、熊本出身と身柄を紹介するや、涙ぐまれました。うん〜〜〜〜?なぜ。『今まで、好き勝手に顎で人を使ってきました、ふと、今になって、後ろを見ると、皆いなくなっていました。 自分の好き勝手が、こんなに迷惑かけたなんて、なさけなく、家を飛び出してきました。歩きなんてすごいです。』と言われ、ご年配のご婦人に向かってなんとも返事ができないでいました。 うちの、おやじも、おふくろも一緒です。うるさいです。と、笑いながら談義しました。 席を立つ時に、わたくしは隣の県愛媛生まれで、24歳で東京へ、今は分けあって故郷も帰れず、今日は39番まで行って帰京されるそうです。
思いました、死ぬまで修行かな〜〜〜〜〜。よくある風情と。
玄関で、南無大師遍照金剛3回唱え、ご夫婦に挨拶し、一路土佐清水に足を向けました。
曇り今にも降りそうな雲行き、今回はぐるっと足摺岬を周って、ジョン万次郎の生家を訪ねて日本一のカツオの水揚げ港を経由、また、大岐の海岸を通り、宿がここしかない37km先の三原村上長谷まで。 出発(熊本)前に予約済。今夜は安心と、てくてく歩きだした。途中足摺お遍路休憩所通り過ぎ断崖の絶壁の西海岸を通る。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します最高の地磯が眼下に、救命胴衣着用、バカ波に注意、ゴミは持って帰りましょう、の看板があちこちに。明日は宿毛かはるか遠くに見える。
よくみると、海上に雨脚の模様が遠くに見える。西風が強くなりだした。歩きだして2時間こんなこと書くと、地元の人にぶんなぐられるかも。
交通の便が、ライフサイクル、よーーーー我慢されているみたい。車が無いと生活は無理な地形だし、多分台風のときは、電気は、要らぬ世話かも、田舎でした。
クリックすると元のサイズで表示します中浜万次郎(ジョン万次郎)の御墓です。クリックすると元のサイズで表示します昨年、坂本竜馬伝、また、今年になって、八重の桜の時代、テレビでこことばかり、歴史文学が生身で勉強できることが、生きててよかった〜〜〜〜とつくずく思いました。
1959年小学校6年生の時、卒業記念に紙芝居を作るグループになりました。その時に選択した物語がジョン万次郎物語でした。 その時の絵の担当が元熊日新聞次長園田、今は画伯になっています。文章は多分俺だったかな。黒船に助けられ、日本の発展にアメリカで文化の継承に身を投資され、今日の日本の礎となられた、ここまでは記憶にありましたが。まさか、55年経って、万次郎先生の生家に来るなんて夢にも思いませんでした。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します昭和29年代、生活地域にこのような、間取りの友達の家、何軒も記憶に残っております。 長洲町(田舎の漁村)でした。
いりこの蒸した匂いが思い出します。クリックすると元のサイズで表示しますこの家は子孫の方のお家です。地域が中浜で、子孫の名も中浜で、しっかり合掌してまいりました。 ついに降りだしました。 しかも本降り。クリックすると元のサイズで表示します清水の町枕崎より活気があり、牛深の5倍ぐらい大きい街。新しい以布利トンネルを抜け、歩道のスペースが安心でした。また雨宿りに最適でした。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します昨日と同じところを通りました。人、車なかなか合わず。 大岐の浜の食堂でチャンポンをいただく。冷えた体に満足しました。昨日は夕方まで食わずのまま。 オロナミンCをお接待いただいた。
ポンチョに着替え出発。今夜の宿場、民宿風車に連絡。そこからだと18:00はすぎますよ、途中まで迎えに来ると、おかみさんの返事でしたが、這ってでもと、タンカをきる。これが罰当たりに。
クリックすると元のサイズで表示しますふと、反対の歩道に、どこかでお会いした、浮浪風お遍路が傘をさしてショルダー一つで短パン姿。 うん〜〜〜〜こりゃなんじゃ。 10m歩いてはこちらを伺う、海岸の記念碑前でまた、様子をうかがっている。 なにを隠そうかな。物乞い遍路ではないか、久しぶりに会ったぜよ。 昨年の春、
琴が浜海岸の手前伊尾木の防波堤歩道でお目にっかかったおっさんだ。《福島から来ました、リックごと盗まれ、帰ることができなくなり、この錦札を買ってくださいと、来た。
それにしても、困った顔をしていないし、歩き方がピンピンしている。 錦札の字がへたくそ。 ましてや、錦札を出すようなお方が、こんなことするかいな????。プライドが許さんと違うか。  まさしくその男である。 50m先に左折お遍路道が、昨日通ってどんな道かわかっている。まさしくまた、物乞いに最高の場所である。 男は、後ろをたびたび振り返りながら、100m先をお遍路道へと消え行った。 策略はお見とうし。足が軽いし、傘をさして、白衣を着ている。(普通は、前進あるのみ、振り返るなんてまずない)。
しからばである、 お遍路道に入らず、国道を通りすぎ、先のお遍路道の入り口に早回りして、待つことに。やっぱり現れてこなかった、物乞いおやじ。 この先、真念庵まで、男性歩き遍路3名、女性2名。足摺方面行きに会う。それぞれに、雨も降ることだし、絶対遍路道に入らず、国道を歩くことを勧めた。 特に女性2人はまだ、30代前半と見受けした。
クリックすると元のサイズで表示しますいいことをしたか、どうかはわからんが、あの殺気は尋常ではなかった。 あと10年もすると、われわれ団塊の世代、年金族のお遍路、女性歩き遍路の被害が多発するのでは、無防備で海里、山郷での犯罪がなんて思いながら歩きました。先達さん無きお遍路は許可が下りないかも。
ますます、雨脚はひどくなり、下の加江郵便局に着いた。日曜日、お休みだ。 しばらくして、あちこちから、選挙の連呼が。家々がなくなると、お遍路さんお疲れさん頑張ってください。よろしくですと。 失礼ながら手を振る始末でした。 真念庵に着き、いよいよ成山峠越えだ。計算では10km少しで三原村上長谷集落、2時間半で楽勝の距離だ。民宿に連絡をいれる。やっさんが出る。峠で連絡しなさい、迎えに来るそうです。自力で行くと電話を切る。PM4:00だから6:30には着く見込みです。
ところが、いきなり、登りの坂が、つずらおり、霞が這ってくるし、山間部の日暮れは早い。たま〜〜〜〜に、軽トラが通りすぎる。5:00まだ、登り坂がつずく、沢カニがちょこちょこ道にでてくる。 クリックすると元のサイズで表示します成山峠に着いた、相当標高が高いのか、冷えだして、霞が、カーブミラーに映った自分がすでにストボロ状態。  靴がびしょびしょ、やっと民家が見えて来たが、地名が違う、まだ4kmぐらいありそうだ。6:00小学校跡か病院後か通り、ふもとの家々に灯りが点きそうだ。とうとう、ヘルプ、おやっさんに迎えにきていただく。明日のため。
なんと、あと3km、でしたが、あすに響けば悪影響と思い、明日、迎えにきていただいた場所から歩き出しと念を押して、民宿に。 一組限定の宿泊で、一人でもったいない宿でした。上品なご夫婦で70代後半、もう家族みたいな接待でした。 おどろきが、息子さんの嫁さんが熊本上益城郡御船町から、なんじゃ隣の町からなんで、なんで、息子夫婦、崇城大学(熊本工業大学)のOBでなるほどでした。日曜日の夜は、TV8:00NHK.
ゆっくり見させていただきました。田んぼの集落、カエルの合唱が、雨音とコラボまたまた
爆睡でした。
2

2013/6/5

足摺岬、金剛福寺  

18日、AM6:05中村駅を出て25km、似布利まできた。 胃の中には、水だけで、そのうちに、そのうちにがとうとう、コンビニも見つからず、食堂も見つからず。パン1個、バナナ1本が無性に欲しくなった。 自販機で沖縄のなんとか飲料水、すこ〜〜〜〜し足しに。ジンベイサメの大きい看板がクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します大きい漁港です。水族館は駐車場ゼロ、来客ゼロ。休館とみたが、丁度昼食かな????。係りの人が来て、この水族館は、大阪の水族館より委託飼育用に造られた館ゆえ、拝観は無料です。へ〜〜〜〜、お遍路姿のまま入館しました。6m超のジンベイさん、シマアジ、アラ、子供ジンベイさん、ゆっくり見させていただきました。 焦ったのが、コンビニ、食堂、足摺岬15km先まで、無。ここの港町お店無。 とほほほ〜〜〜〜。そして、足摺岬まで1軒の宿しかなく、予約を入れる。間髪入れず、満員とことわられる。(土曜日だ)足摺岬は観光地、ホテルは高価。その中でも、お遍路さん歓迎の看板見つけてTELするも、満員と断られる。引き返しは無理、前進のみ、クリックすると元のサイズで表示します27号線、昨年の豪雨の復旧工事か、工事工事、ダンプだらけ。窪津、お遍路地図には商店が3軒載っているが、廃業か休業か!!!!。津呂のお遍路道にさしかかり。帰りの御遍路さんに会う、焼き豚ラーメンの匂いが(妄想)。しばらくして長崎チャンポンがカウンターに(妄想)携帯が圏外スレスレに、いよいよ高級ホテルか迷う。 やっとこころよいおかみさんの声が(山海荘)金剛福寺から1,5km。(熊本の木下です、初めての一人歩き遍路です、自分のペースがわからず、今窪津を過ぎました。営業されていますか?)
そこからだと、2時間、18:00ごろ着く時間です、食事は嫌いなものありますか???
おかみさんからの返事が。(好き嫌いはありません、ビールがあれば結構です、這ってでもお伺いします)必至で返答しました。 も〜〜〜〜〜〜俄然がむしゃら、
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します椿のトンネル4年まえにかあちゃんと車で通った記憶が。いのしし注意の看板が。 1番最初にTELした宿を通過、駐車場車無。金剛福寺5:0015分前かろうじて到着。 すでに、観光バスでホテル街満車。
団体参拝者でがやがや。お参り前に納経所に出向き、事なかれを申し、事前納経をしていただいた。和タオルのお接待いただいた。 空腹を通りすぎ、しゃべり過ぎでもないのに、声がかすれてお経が変でした。 お線香を焚くときに、手が震え、少し脱水症状かな?
でも安心、ご本堂、大師堂お参りを済ませました。1日の大役の終わりです。山海荘にTELをする。ほんとうに歩いてきましたか?と何回も疑われました。人間の力は測りきれません。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します金剛福寺の画像は記帳が先でしたのでありません。 途中無料足の湯があり、やがて12時間歩きどうしの御身足、しばし労りたく、20分ほど休憩する。靴下脱ぐのがやっとこさ。膝から下が温泉から上がりたくないと、しきりに言ってました。絶景黒潮洗う足摺岬をながめの足湯そして、はちみつオレンジで喉を潤し、宿場に向かう。中心街からはずれたホテルからホテルボーイからお泊りはと声をかけられながら、今夜の宿へと歩くこと1,5km。
おやっさん、おかみさんのお出迎え、さっそく、、アチッ、アチッのお風呂。そして、腰、首、腿、膝、ふくらはぎ、足裏。インゲル軟膏(関節、筋肉疲労薬)たっぷり塗り、ヒラヒラ、も〜〜〜階段は降りるのが一苦労。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します最後の画像は帰港中の漁船でしょう、宿の部屋から撮りました。
カツオのたたき、とこぶし、つめた〜〜〜いビール、駆けつけ3杯、昨日夕方5:00おにぎり2個食べたきり、ごはんがいけない。刺身にビールで事足りました。 明日は降水率90%強風注意報、覚悟です。21:00超爆睡。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ