2014/4/26

春遍路3日目 泰山寺から日切大師まで  

昨日は、右足のふくらはぎの激痛に耐えながら万歩計を見るとクリックすると元のサイズで表示します途中で引き返そうと、何度思ったか。
阿波、土佐の歩き(修行)はなんだっただ。たっぷり一カ月歩行訓練積んできているのに。
15日、今治の民宿を6:30出発。 やっぱり、びりびり右足が、無理せず、30cm歩幅。明徳高校を過ぎ今治西高校付近で、ピカピカの小学生の軍団が列をなし向かってくる。
≪ おはようございます、一斉に挨拶が来る≫ こちらも足の痛さに負けないよう、いや、子供たちに負けないよう『おはよう』とお返しを、すると、(がんばってください)とまたコールが。。 “ ありがとう、ありがとう”笑顔で応対。泰山寺が見えて来た、 足の痛みがこらえきれるような痛みにかわっていた。
手を清め、鐘楼を打ち、移動も苦にならない程度の痛みに、本堂、大師堂とお唱えを終え、納経をいただく。クリックすると元のサイズで表示します蒼社川にでる、幾度となく、テレビでこの川の由来を知る。 昔橋がないときは、歩かなければならず。 村人、旅人を何人も犠牲にさせた川で、人食い川と恐れられていたそうな。クリックすると元のサイズで表示しますケアハウス病院前のお遍路休憩所を抜け、小さな川ともを歩いていると、ご婦人から、300円のお接待をいただく、朝から元気を2度いただく、次のお寺でお賽銭にと、お礼を言って先を急いだ。こじんまりしたお寺栄福寺に。
10人ほどの団体お遍路さんが調子よいお経をあげている。 終わるまで待ってて、右隅でおもむろにお経をあげる。 
ここから、山郷らしきお遍路道にはいる。犬塚池の坂が歩幅20cmで前進する。痛みが来ないよう無理せず。クリックすると元のサイズで表示します後ろを見ると、しまなみハイウェイの大橋の連なりが見える。10年前に夫婦で通った。
クリックすると元のサイズで表示します仙遊寺の山門が突然あらわれる
ここの、仁王さん阿吽さん言葉をかけてくるような顔つきで、どうだい足は大丈夫かい。
そのくらいの痛さで修行が務まるかい、な〜おやっさん、と、しゃべりかけているみたいで、どうも、どうもお世話になります。と、もじもじ言って本堂目指す。が。ここからの、登りがおいおいでした。クリックすると元のサイズで表示します今回初の山麓遍路道
鶯の声がひびく、天気も上々。国分寺と足を向ける。吉祥禅寺前で気品の上、ご婦人から声をかけられる。 どちらから、何時から、どこまで、大変ですね。がんばってください。 と、エコ健康、歩行途中のスタイルみたいでした。 こんやはここまで。。。。
0

2014/4/26

南光坊の納経所で特別記帳をいただく  

クリックすると元のサイズで表示しますご住職さんが、へ〜〜熊本ですか。木下さんですか。 納経帳に住所、氏名、電話番号書いているのは、年に2〜3冊みかけますね。 熊本と言えば、念ずれば花ひらく 熊本は玉名の詩人ですよ。
ちょいと、拝借して、書かせてください。
すごい、記念いただきました。
0

2014/4/25

南光坊にて玉名高校の先輩を紹介される  

延命寺のお参りも無事おわりました。 国道に戻ろうかと思いましたが、お遍路道を選択しました。クリックすると元のサイズで表示しますあさっては、四国で一番の難所横峰寺が石槌山の頂上は雪が、霊園からよく見えた。クリックすると元のサイズで表示しますどこからでも見える、ひときわでかい山系です。山里に入り、少し歩幅も広くなり、また、激痛が走らぬよう慎重に歩く。今治市街にはいる。今治城と思ったら、お城の形をしたホテルだそうで、まったくのお城です。途中道路工事の作業員の方に南光坊を聞く、懇切丁寧に教えていただき感謝する。今治東高校の下校時間に、最近の高校生男女仲が良すぎるほど親密がうかがえる。おいらの時代は、まず、皆の前でおしゃべりもできず、だんまり、しゃべりきれず、かちんかちんに固まってでも、ちゃんと彼女はいましたよ(笑)16:00過ぎちゃんと南光坊着クリックすると元のサイズで表示します今夜の宿に連絡を入れる。17:00に迎えに来ると返事が、御本堂、お大師堂お参りし、しかし、ここのネコちゃんは、極端に愛嬌が良い、誰でもねちねち、さわり纏う。どのお遍路さんからもかわいがられているみたい。
打ち止めの納経、住職さんから、とんでもない情報をいただいた。納経帳に住所、氏名、携帯番号を書いている人、年に2〜3人見るかね〜〜〜?ですと。 熊本県ね〜〜、木下さんか。 あなた、玉名出身の坂村真民さん、念ずれば花開く詩人知っているでしょう。聞いたような、聞かないような、と、返事をする。クリックすると元のサイズで表示します荒尾出身で玉名高校を卒業後中国に行かれ、終戦後四国の砥部高校で教師をされて96歳で亡くなられたそうだ。また、門徒さんで今治東高校の陸上監督の先生が玉名の金栗杯マラソンの役員をなされているそうだ。さっそく、宿に帰って高校の親友に尋ねた、間抜けなのは、俺一人。みんな玉高の先輩と認識が、まして、会ったぞが何人かで、恥はかいたものの、いいプライドができたみたいな錯覚が。アツアツのお風呂をいただき、ビールで轟沈。
0

2014/4/24

早朝の電車女子高生ばっかし、我が子を思い出す。  

東横イン5:30、チェックアウト。血圧。血液サラサラ、胃腸薬を服用。市電の始発は7:00らしく、タクシーで松山駅に、早朝の駅は、静か。昨年末打ち止めした柳原行の切符360円購入。待合室でサンドウィッチと缶コーヒーを買って、今日1日のスケジュールを再確認する。柳原から北条=瓦工場の町菊間=延命寺=南光坊 30kmのルート。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します何時もは地方のローカル線1両ですが、4両編成です。松山6:42発=柳原7:04着。女子校生が7,8人乗ってきた。高学年でしょう、先に座って、後で下級生でしょう挨拶が、そして、極めつけが、男子生徒が先輩女子生徒に挨拶。最初に乗ってきた高学年の女子生徒は偉い。むかしの我が家の二人の娘を思い出す。 進学校みたいだ、みんなノートを取り出し勉強し始めた。俺の高校時代を思い出す。な〜〜〜んてね、柳原に着き、昨年のR196に出る。いよいよ打ちはじめ、1か月近く3〜5kmの歩行訓練をしたおかげで、ペース配分がわかる。40分で北条の市街地に着く、ここは町こぞってのお遍路の町おこしです。 おもてなしのご案内が各所にクリックすると元のサイズで表示しますテレビでよく見る鹿島を抜けて小さい橋を渡る、向こうから、新1年生の女の子とお父さんが来る。ちょっと様子がおかしい。おとうさんと子供さんとの距離が5〜6m離れている。 後ろの子供に一生懸命お父さんが、両手の指先で(手話)子供さんに言っているが、ど〜〜〜も子供が納得しないみたい。 聾はのお父さんとピカピカの小学1年生の女の子、 なにかの事情があるにせよ、おいらは、朝からちょっと、辛い場面に遭遇した感があった。お父さんの気持ちが〜〜〜〜〜〜〜〜〜?。
鎌大師を過ぎ穏やかな瀬戸内海を一望しながら瓦の里菊間へと足が鳴る。クリックすると元のサイズで表示しますお遍路地図にもあった、海賊うどんのお店、時間的にまだまだ。国道とJR予讃線が並行。 海の色がきれいだし、雲一つない、晴天。クリックすると元のサイズで表示します松山空港いきの旅客機が、余裕の時間が続く。10:00返照院につく、立派な優しいお顔の観音様が。厄払いが主のお寺さんみたいで、休憩をする。般若心経を唱えて、素足に成り、自宅から持ってきたデコポンをいただく。 しばらくしたら、お寺の人かおばさんが飴玉のお接待と頂くことになった、歩きには良い飴玉です。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します菊間のお接待所では、無事帰るのお守りとかわいい草履のお守りありがとうございました。また、みかんも最高においしかったです。太陽石油菊間精油所(すごい、圧巻)を通り別府付近で右足のふくらはぎが痙攣を起こした。
そして、電気が走ったみたいに、奥の筋肉が強烈に痛みだし、一時歩行ストップ。 完全に足を地面に着けると激痛が。 民家の車庫をお借りして、応急処置と言っても、バンテリン湿布をするのみ。親指で押すと上下一筋に痛みがある。ここでリタイヤだけはしたくない、まだ2日目じゃないか。10分ほどマッサージをする。クリックすると元のサイズで表示します遍照院の到着時刻、自宅で工程計画10:30ぴったしカンカンでした。そしてお接待の飴玉の袋です。話は前後。星の浦海浜公園まで歩幅20cmのビッコスタイル。
バックパックと頭多袋9kっが足にもろ響く。はずかしい、ほんなこつはずかしい。 もしかすると、原因は脱水症かも???。手打ちうどんのお店にはいる。延命寺まで4km、通常1時間、こりゃへたすると2時間以上かかるかも。宿の変更も辞さない????つらい。
肉うどんを注文し、御冷水をがぶがぶ飲む。
マッサージをする。うどんを食べながら、小1時間。うどんやを出て、30分ピリピリジンジン
少しずつ歩幅も広くなり、延命寺に着いたときは、膝を曲げなければ、通常の歩幅までなった。
それも、1時間で到着。ラッキー。15:00無事延命寺打つことができ、今日の打ち止め南光坊に向かう。行程3,4km、今の足で1時間半を予定。
0

2014/4/20

26年春遍路4/13〜4/18日(伊予国)  

昨年は、久万高原にて雪に足を取られ服装、体調をなめて残りの1日を繰り上げて帰路に。 今回は、準備ばんたんに近い様相で四国に向かった。                                                                                 今回は、1カ月余り歩行訓練をし、6日間の伊予のお遍路で桜を見るのが楽しみで豊後水道を渡った。 感極まって涙したのが2回、 四国で最大の難所横峰寺を巡拝(下山の9km近くの下って登って下っての遍路坂)精魂吸い取られた石槌山。 途中道を尋ねた、おっちゃんが学生時代の剣道部の後輩の同級生とは、おまけに大学院まで行って博士号取得。3年間の春秋の区切り打ちで、自分ながらこれがお遍路でなければ、なにがお遍路か自負してきました。クリックすると元のサイズで表示します                                              4月13日(日)熊本雨、 14:00別府発  16:45八幡浜着 フェリーを予約、九州道を鳥栖JCTから大分道に湯布院で濃霧で交通止め、さい先悪しか?。1時間余裕をみて熊本を出たので安堵はしたものの、国道の渋滞と20m先が全然見えない。別府港まで20分の予定が1時間以上かかってしまった。
やっと、有料駐車場に着く。 フェリーが入港しているのが黙認。 外はやや強めの雨。 着替えがままならぬ。 車の後ろのハッチを開けるが、海からの風で、ニュ―フィット3が、、、、、。まず ザック、ウエストバック、頭多袋、 菅笠、金剛杖、トータル9kg、ターミナルまで300m、傘をさして、いきなりトレッキングシューズでぎこちなく。 防寒レインスーツ春秋用が持ってきて正解でした。
クリックすると元のサイズで表示します雨に濡れはしましたが、無事乗船。

4時間の運転で、弁当を食べて轟沈。 1時間ぐらいして、船首からドーーン、しばらくして、ドーーンっとショックで目が覚めた。
甲板に出たら、まともに立っていられないほどの雨風。 波も北東から。有明海では2,5〜3mの時化に相当。 船内は、日曜日とあって、ファミリーが多かった。八幡浜では小雨になりJRまで1,6km歩いて40分。松山行エックスプレスで40分少々。 大洲、内子、伊予と停車ごとに、アドレナリンが湧いてくる。18時過ぎ松山駅着。 なぬなぬ、お遍路さんの姿があちこちに。 ザックを背にみなさん、歩きと見受けする。
予約のホテル東横インまで40分、途中、外堀、松山城見ながら、、、肥後藩54万石、松山藩15万石。 しかし三越がある。
19時過ぎホテル着。 お遍路の格好してたら、メンバーにさらに割引されて4,500円でした。  いつもの近くにCO,COカレー屋さんで夕食。 明日は5:30出発、
早く寝たいが、船中深寝しすぎてうとうとが続く。 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ