2008/9/20

戦後生まれの最年長  

台風明け、正常営業に戻り、一段落しております。 しかし相変わらず暑い日より続きます。
夕方、釣行からお帰りのお客さんから、思わず、直立不動敬礼しかねない言葉をいただいた。
船の配列整理をしておりました。ふと、お客様達の荷物の中に、戦中のリックの色が目にいった。OOO隊、OO。 グループで船の水洗いをされて、久しぶりの優しい美しい言葉が耳に入る。しかし、みんな、坊主頭に、がっちりした体、言葉がマッチしていない。 陸上自衛隊の方ですか(問う)。はい、そうです。沖縄の隊です。(答)
ついつい、知覧の話をしてしまった、沖縄はもっともっと、涙が出るところが沢山ありますよ、と、年恰好40代と見受けたお客さんからの言葉をいただいた。
そして、今こんなに平和になった日本に生まれ育ち感謝しております!!!!なぜ私にこの言葉掛けられたんだろう。
思わず(きおつけ)姿勢になった。 お疲れ様、がんばってください。で、事なきに。
戦後生まれの最年長組。 しかし、まさか、中堅クラスの自衛隊員からこんな言葉をもらうとは>>>>>。
すがすがしい、なんて表現したらいいのだろうか、この、青年自衛隊員グループが駐車場を後にした時は、今まで見た、映画の一シーンが次から次えと脳裏にかぶさってきた。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ