2006/7/29

夏の思い出  


夏は私の大好きな季節。
でもあっという間に過ぎてしまう〜
最近、やっと蝉の声が聞こえてくる。
私はヒグラシのカナカナカナ・・・って声を聞くと
子供の頃にタイムスリップしてしまうのだ。

子供の頃の夏休みは必ず房総の田舎へ遊びに行っていた。
今は道路が整備されてるけど昔は田んぼに沿って
くねくねした砂利道だった。近くのバス停まで
歩いて30分以上はかかったと思う。やたらと長く感じた。

山の方に家があったので夜になるとカブトムシや
クワガタなどが家の中に飛んできた。
日中は叔父、叔母、従兄弟達と一緒に川の散策や
エビ釣り、山から流れてくる水で冷やしたスイカを
食べたりボーっとしたり。
夕暮れ時になると大音量のカナカナカナ・・・

私が10歳の頃、夏休みが始まってすぐ田舎へ行った。
帰りがけにいつもは無口で無愛想なおじいちゃんが
「また来年、遊びに来い」とネコをなでながら言った。
私達家族はその後、家族旅行へ行く。
その間におじいちゃんは事故で亡くなってしまった。
いつも帰る時はおじいちゃんは仕事に行ってたし
また来いなんて言わないのに、やっぱり何かを
感じていたのかな・・・?

めちゃくちゃ強烈な記憶があるワケじゃないのに
どうしてもあの"カナカナカナ"を聞くとあの頃の
空、空気、けだるい暑さ、草木が揺れる感じ、匂い、
おばあちゃんが背負っていた大きなカゴ。
そこに荷物を入れてバス停まで送ってくれた事が
フラッシュバックされる。どうしてだろう・・・?
切なくて胸が締め付けられるようななんとも
いえない気持ち・・・

ヒグラシの声は私にとってはタイムマシーンの
ようなものなのか??
でもヒグラシはここら辺ではめったに聞けない。
ちょっと残念。。。カナ

みなさんの夏の思い出ってなにかありますか?

クリックすると元のサイズで表示します
夕暮れ時が好きなのかも。。。



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ