2006/8/14

キフ、たくさんありがとう  friends


また悲しいお話です。

ブルテリアとケルピーMIXのキフ。
友達N子がオーストラリアから連れて帰って来た
犬です。オーストラリアの保健所で15年前に
出会い、N子の大事な家族になりました。

まだまだ手の平に乗るちっちゃなキフ。
片目がアイパンチ入っててどうみてもブルテリア。
耳が聞こえないというハンデがあっても
いつもニコニコ笑ってたキフ。
グーちゃんといつもビーチを走りまくってたよね。

日本で1度私がお散歩に連れ出したらあまりのパワーに
池に引っ張られそうになった。おかげで私はドロドロ。
本とキフとは笑う思い出しかないよ。。。

悲しいけどでもいつかまたN子の子として戻ってまた
私達を笑わせてよね、キフ!
グーちゃんとも海、ドルちゃんともそしてみんなとも
仲良く楽しく過ごすんだよ。

オーストラリアに居た頃は本当に毎日会って、家族みたい
だったから本当に悲しいです。。。





この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ