2009/12/31

お魚紹介27♪  長井に生息する魚達

今年は初めての朝市を実施しました。足を運んでいただいた方々、本当にありがとうございました。
来年も朝市を行う予定ですのでよろしくお願いします。

さてお魚紹介ですが、今回は南の海からの訪問者「サザナミフグ」です。この魚は沖縄などでダイバーに人気です!

特徴は背中が緑〜茶褐色で縁取りのある白点がちらばっていて、お腹は暗色の波状の線が入っています。背びれ、シリビレ、胸ビレが黄色いです。

毒があるので食べられません!

◎SHOSHI◎
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: サバ

2009/12/25

お魚紹介26♪  長井に生息する魚達

メリークリスマス☆
最近、スゴく寒くなってきましたね。寒い冬と言えば鍋!鍋は体が温まっておいしいですよね。今回の魚は鍋には関係ないです。まぁ鍋にしても美味しいと思いますが、たいして大きくもならず数もそろわないので鍋より味噌汁向きな魚の紹介です。鍋はただ僕が食べたかっただけです。
「ヨロイメバル」と名の魚です。

この魚はメバルと名が付きますがカサゴに似ています。
カサゴより数は少ないです。

僕の親方はこの魚の背びれに刺されて痛がっていたのでもしかしたら毒があるのかもしれませんが毒が無くても鋭い棘が刺されば痛いので注意が必要です。

カサゴなどの根魚と呼ばれている魚は成長がとても遅いので小さい魚は釣ってしまっても放流してあげてください。

食味の方はカサゴの仲間なので美味しいです。唐揚げ、塩焼き、煮付け、味噌汁などなんでもイケます!

by◎SHOSHI◎
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: サバ

2009/12/18

お魚紹介25♪  長井に生息する魚達

前回の予告どおり「ウミスズメ」をご紹介します!

ウミスズメはハコフグよりトゲトゲしています。動くパーツはハコフグと同じです。

ハコフグは断面が四角ですがウミスズメは五角形です。

ウミスズメもハコフグ同様パフトキシンという毒を持ちます。

食味ですがウミスズメにはごく稀にパリトキシン様中毒という中毒を起こすことがあるようです。普通は肝臓にあるようですが、食べない方が無難でしょう。

パリトキシン様中毒はアオブダイ中毒とも呼ばれ、アオブダイからの報告が最も多いようです。
パリトキシン様中毒は潜伏時間が長く、食べてから12時間以上たって症状がでるようです。
●手足、肩、腰など、全身の筋肉が激しく痛む。
●手足がしびれる
●手足に力が入らない。
●こわばる
●全身がだるい
●尿の色が赤褐色になる。
こういう症状がでるようならパリトキシン様中毒を疑った方がよさそうです。

食物連鎖により引き起こされる毒のため、いつ、どこの、どの魚にどの位毒があるのかわからないのが難しいところです。

by◎SHOSHI◎
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: サバ

2009/12/16

浜の母ちゃんの店  

女性部の「浜の母ちゃんの店」、いつもご利用頂きありがとうございます。
これから、ワカメのシーズンが始まり、4月まで休業となりますので、ご了承下さい。
0

2009/12/14

お魚紹介24♪  長井に生息する魚達

この魚は物理的にガードが堅い「ハコフグ」です。

ハコフグは名前の通り四角い箱のようで硬いです。
ハコフグは口と各ヒレ部分しか可動しないので、僕はある意味 亀に似てると思います。

ハコフグ科の魚には体の表面の粘液の中にパフトキシンと言う名の毒を持っています。
ハコフグ科の魚は水槽などに他の魚を入れているとパフトキシンにより他の魚を殺してしまいますが、人への中毒はありません。
パフトキシンには海面活性剤様作用があり泡立ちます。泡立ちはハコフグよりウミスズメの方がよく泡立つように感じます。
ウミスズメはまた次回紹介したいと思います。

ハコフグの調理法は最初にタワシでよく洗いヌメリをとります。
次にお腹を切ります。肛門から調理ばさみでお腹全体をひし形に切り取ると後の作業が楽です。
次に内臓を取り出します。この時に黄色い胆のうを破らないように気をつけてください。
肝は取っておきます。
中をきれいに洗います。

次に肝と味噌と刻んだ長ネギを叩きます。長ネギは玉ねぎでも良いです。
味噌は肝の三ぶんの一位使います。
叩いた肝をお腹に戻し、焼きます。

焼けたハコフグは中の肝と少ない身を絡めて食べます。

機会がありましたらお試し下さい。

by◎SHOSHI◎
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
4
タグ: サバ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ