2009/12/18 | 投稿者: 長井町漁協

前回の予告どおり「ウミスズメ」をご紹介します!

ウミスズメはハコフグよりトゲトゲしています。動くパーツはハコフグと同じです。

ハコフグは断面が四角ですがウミスズメは五角形です。

ウミスズメもハコフグ同様パフトキシンという毒を持ちます。

食味ですがウミスズメにはごく稀にパリトキシン様中毒という中毒を起こすことがあるようです。普通は肝臓にあるようですが、食べない方が無難でしょう。

パリトキシン様中毒はアオブダイ中毒とも呼ばれ、アオブダイからの報告が最も多いようです。
パリトキシン様中毒は潜伏時間が長く、食べてから12時間以上たって症状がでるようです。
●手足、肩、腰など、全身の筋肉が激しく痛む。
●手足がしびれる
●手足に力が入らない。
●こわばる
●全身がだるい
●尿の色が赤褐色になる。
こういう症状がでるようならパリトキシン様中毒を疑った方がよさそうです。

食物連鎖により引き起こされる毒のため、いつ、どこの、どの魚にどの位毒があるのかわからないのが難しいところです。

by◎SHOSHI◎
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
1
タグ: サバ




AutoPage最新お知らせ