2011/9/16

お魚紹介59♪  長井に生息する魚達

怒涛の更新です。今日は乗りに乗っていいるのでさらに更新しちゃいます!

今回のお魚紹介は・・・高級魚。たいがいが料亭行きなんじゃないのだろうかと思うお魚です。
その名は・・・・「オニオコゼ」です。
オニオコゼという魚は見た目が明らかに邪悪な感じです。
背鰭棘は16−18棘からなり、その鰭膜は棘の半分くらいまでの深さである。胸鰭の軟条のうち、下部の2本は長く、遊離している。体色は黒っぽいもの、灰色っぽいものから鮮やかな黄色、橙色まで様々なものがいる。体長20cmほどらしいです。背びれなどに強い毒をもっているので取り扱いには注意が必要です。結構浅場にくるようです。海水浴など楽しむ際にはご注意を。。まぁ、岩礁地帯に生息してるんで海水浴場とかではエイなんかに注意してくださいね。


クリックすると元のサイズで表示します

こいつが掛かるとちょっとテンション上がります見た目は悪いといわれますが僕はこんな感じの魚が結構好きなんです。色合い形がとても魅力的ですなぜか市場では「おこし」と呼ばれています。なぜ伝票まで「おこし」なんだろう・・

クリックすると元のサイズで表示します

味のほうですが、高級魚のため僕のお口には入りませんwwきっと美味しいのでしょう。。。気が向いたら食べてみたいですがどうしても価格の魅力に負けてしまうでしょう・・・あんまりお目に掛かれないし・・・

By◎SHOSHI◎
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ