2014/3/26

3月26日の釣果  釣果情報
・3月28日(金)はエビメバル・シーバス・シロギス船に出船予定です

※27日(木)は定休日です

・29日(土)、30日(日)はエビメバル・シーバス・シロギス船に出船予定です


※メバル船は7時30分までに受付をお願いします

シーバスとシロギス船は8時までに受付をお願いします



◆3月のお休みは27日です

!スパイクブーツでの乗船は禁止ですご注意ください!

<3月26日(水)>
天気:曇り 風:北北西1〜南南西10m 波:ナギ〜0.5m
水温:11.5℃ 薄濁り
★1日曇り、昼過ぎまでナギでした
海の上では風が冷たいので、上着は1枚多めに!




<ルアー船>
・シーバス 38〜83p 8〜56本


・シーバストップシーズン!

昼前からイワシの回遊で鳥山が飛び出し活性上がり、連発タイム長く好調でした!
丸々と太っている魚体が多くまじり出し、水温上がり引きが強くなってきました。
最大83cm!78cm、60cm前後多数まじり型良かったです。
2番手48本、44本、43本、42本、41本と続きました。

クリックすると元のサイズで表示します
↑トップ56本!葛飾区の錦織さん
↓83cm!板橋区の渡辺将則さん

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




★ジグは80gを中心に60gや100gもあると良いでしょう!

・船長考案、当店オリジナルカラー発売中です!

・ルアー釣りはエサ付け要らずで寒い時期おすすめです


●シーバスは淡白な白身、フライや唐揚げがおすすめです!
ほかにも刺身・塩焼き・ムニエル・干物いろいろアレンジできます。

◆シーバスはルアー釣りのなかでも比較的手軽です、ジグを底まで落として巻いての繰り返しで難しいアクションがなくても大丈夫です。
フォール中(落とし込み)のアタリが分かりやすいベイト(両軸)リールが良いでしょう!
・水深20〜30mくらいをジギングで狙う予定です。
・おすすめジグやオリジナルカラーの販売あります!アシストフックも各種あります。
分からない方は当店でお買い求めいただいた方が良いでしょう!
ルアーは1個700円〜です(80gがおすすめです)


・9000円・女性、小中学生は5000円(お持ち帰りの方は氷1個付き)
・メタルジグ60〜80g前後・状況によりスピンテールジグやバイブレーションも有効です

★事故防止と安全のため、帽子・サングラス・ライフジャケットの着用、バーブレスフック(針のかえしを取る)の使用【万が一のとき、だいぶ違いますので!】、魚をはずす時はペンチの使用(暴れてフックが手に刺さることがありますので)をおすすめします

●ルアー船は探見丸アキュフィッシュ機能付きの親機搭載の10号船で出船します!
探見丸の子機をお持ちいただくと釣り座で操舵室内の魚探と同じ画像が見れます。
※アキュフィッシュとは水深2m〜100mの間で、10〜199cmの魚を1cm単位で識別することができる機能です。
アキュフィッシュ機能搭載の探見丸の画面にはフィッシュマーク(3種類)が表示され、おおよそのサイズがすぐに判別できます。







・エビメバル 14〜26cm 4〜31匹
【メバルのみの釣果です】   



・メバル!
※メバル船は7時30分までに受付をお願いします



大中小の型がまじりで1日ポツポツでした!
潮の流れ悪く単発の食いが多かったです。
外道にカサゴ。
日中メバルの醍醐味!ゾロゾロと多点掛けを狙ってみましょう!




◆メバルは非常に眼が良いです、特に仕掛けにご注意ください!(ポイントに合わせた特注当店オリジナル仕掛けがおすすめです)

エビ餌・氷1個付き8500円・女性、小中学生は5000円
・胴付き3本針、オモリ20号

当店オリジナル仕掛けが好評です!ロングハリスタイプです





・シロギス 14〜25p 100〜133匹

・シロギス上向く!
幅広大型船18号で出船!


お客様少なく2名で出船。
良型中心に活発な食いが続きともに100匹オーバーでした!
外道にイシモチ、良型マコガレイ

クリックすると元のサイズで表示します

●冬場のキスは栄養たっぷり、脂が乗っています!
釣り立てのキスの天ぷらは身がホクホク、フライも美味しいです。
刺身や湯引き、しゃぶしゃぶもイケマス!

餌・氷1個付き8000円・女性、小中学生は5000円
・オモリ15号(20号も用意ください)

・狙うポイントや船の流し方に合わせて作った当店オリジナル仕掛けがおすすめです

1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ