Mom  

あたしと違ってあたしの母は若い頃
とにかくモテてモテて男性はよりどりみどりで。

でもそんな彼女にも
人生でたった一度きりの失恋があり
それがまた
「史上稀に見るブサイク」(母の親友談)だったと言いますから
ほんと人生はドラマよりもドラマティックです。


そして
人生初の失恋に打ちのめされた母は
単身香港へ渡り
当時大流行していた”Killing Me Softly”をエンドレスリピートで聴き浸る
『ホテルから一歩も出ないライフ』を送っていたんだそうで。


しかしあるとき
香港で英語を教える日本人女性と出会い
これを機に
英語でも習ってみようかと思い立った母。

そのままその女性に頼み込んで先生になってもらい
彼女の香港人の旦那さんとも交流が生まれ
さらに
その旦那さんのお姉さんとまで仲良くなり。


数ヵ月の香港生活は
母に失恋を乗り越える力だけでなく
英会話の基礎力と
香港人の友だちを何人も与えてくれましたとさ。





それから三十余年。


「今度アグネスが日本に来るのよ。
 ぜひあなたの家族にも会いたいって言ってるから
 みんなで東京観光に付き合ってくれない?」


というわけで先週の土曜日
母の古い友人と一緒に東京を巡ってまいりました。



浜松町の日の出桟橋からフェリーに乗って
浅草で降りて浅草寺を見せて
最後は赤坂の街をぶらっと歩いてドンキホーテで
アグネスの息子さんが大好きだという
うまい棒のコンポタージュ味を束で買って。


「英語なんてもう全然話せない」
と言っていた母はびっくりするほど流暢で。

とっくに還暦を迎えた二人が並んで歩く姿は
まるで女学生のように楽しげで。


香港への会社設立で一度相談したら凄く親切に対応してくれて今でも関係は繋がっています!公式サイトはこちらのURLまで>>>http://www.walrusphp.com/


0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ