2006/7/18

木部谷温泉松乃湯  山陰の温泉

木部谷温泉は、島根県でも山口県との県境近くに位置する山奥の秘湯です。津和野を観光した後、宿泊で利用しました。
クリックすると元のサイズで表示します
温泉施設と食堂を付設する本館。
奥に見える建物は宿泊者専用の新館。
クリックすると元のサイズで表示します
部屋にはトイレ、洗面所完備。
1泊2食付7,000円(税込)でした。(平日利用)
クリックすると元のサイズで表示します
敷地内にある間欠泉。25分に1回位の間隔で5分間程、自然湧出する。しゅわしゅわと徐々に盛り上がっていく細かい気泡を目の前で見るのは感動の一言!緩やかな傾斜を下って源泉は自然に浴槽に向かって流れ込んでいく。
クリックすると元のサイズで表示します 内湯。
右のバルブをひねると非加熱の源泉がドバドバ。左のバルブを回すと蒸気熱で加温される仕組み。
成分総計7,878mg/kg。
鉄分を28.7g含む赤茶色の温泉。遊離二酸化炭素は1,220mgで強い炭酸味と金気臭がインパクトあります。
(含二酸化炭素・ナトリウム塩化物炭酸水素塩泉)
また、新鮮なのでしょう、バルブをひねった瞬間、微硫黄臭も感知できます。床の析出物もなかなかです。
タオルをつけるとすぐ赤茶色になります。宿では浴室前にタオルがありますのでそれを使ってくださいとのことでした。
宿泊しても日帰り入浴と同じ入浴時間ですが朝はゆったりできるのでぜひ朝風呂をお勧め!
クリックすると元のサイズで表示します夕食。
天然鮎の甘露煮(子持ち),ボタン鍋、山菜の酢味噌和え、ぜんまいと蕗の煮物、茶碗蒸し、刺身、特に画像左の手造り牛乳豆腐はぜひお勧めです!
地元の食材を使った料理が美味しいです。
女将さんの楽しいお話も聞けますよ。

住所 島根県鹿足郡柿木村木部谷
日帰り入浴 350円
営業時間 7:30〜19:30
電話 08567−9−2617

H18.4月訪問

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ