2020/7/5

村杉温泉 長生館(お風呂編)  貸切風呂のある温泉

日本有数のラジウム含有量を誇る五頭温泉郷、村杉温泉。
1,000坪の庭園露天風呂が自慢の長生館に宿泊しました。
クリックすると元のサイズで表示します
宿泊及び食事付き日帰り入浴は、3つの貸切露天風呂が無料です。
クリックすると元のサイズで表示します
鎮守の森の隠れ湯 貸切露天風呂へ
クリックすると元のサイズで表示します
私が選択したお風呂は地元安田瓦を湯船に利用した「茜瓦の湯」他にラジウム鉱石を使った湯船の「森の癒し湯」、加茂の桐職人が作成した「木里の寝湯」があります。
クリックすると元のサイズで表示します
茶室風で半露天風呂となっている貸切風呂
村杉温泉の泉質は単純弱放射能冷泉。温度が低いので加温していますが掛け流しとなっています。無色透明・無味・無臭ですが温泉に浸かるとすべすべ感があり良く見ると体中に細かい泡付もあります。稀に湯華も見られます。ただ残念なのは極わずかに塩素臭を感知したことです。ですが気になるほどではありません。
宿の方にお聞きしたところ源泉は大浴場と同じ温泉を使用との事ですがこちらの方がすべすべ感在り良かったです。
洗面所、トイレ、シャワーあり。ボディーソープ、シャンプー、リンス、ドライヤーあり。クリックすると元のサイズで表示します
庭園露天風呂の隅にある「休み湯」は源泉温度26℃薬師の湯3号を掛け流しにしてあります。冷泉なので暖かい温泉と交互に温冷浴することにより新陳代謝が活発になり体がすっきりします。足を浸すだけでも効果があるそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
内湯
入浴時間は夜24:30まで 朝5:30〜9:30まで

宿泊利用:2012.2月
 

内湯、庭園露天風呂は循環ですが、源泉を掛け流しにした冷泉風呂が一角にあります。無色透明な湯で特徴はありませんが、じっくり浸かっていると体にズシンと効き目があるのを感じます。
露天風呂中央には巨大な石像の亀が鎮座しています。
共同浴場ほど混雑しないので、近場でのんびりするには、たまにはいいかもしれません。
風呂上りは庭園内に湧く五頭山の伏流水が飲めるようになっていました。
クリックすると元のサイズで表示します

日帰り入浴 11〜14時
(大人1000円 子供600円)

2007.11月(2020.7月一部改正)

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2008/2/19  13:21

 

約700年前に薬師如来に導かれ発見されたと伝わる温泉です。五頭山の麓に湧出する源泉は、ラジウムを豊富に含んでおり、痛風や動脈硬化に効能があります。共同浴場の「村杉露天風呂」では、春になると夜間に湯舟を覆う桜がライトアップされ、温泉と花見を満喫することができま 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ