2009/9/15

硫黄の沢(仮称)  絶景の温泉

クリックすると元のサイズで表示します
目の前に突如として白濁の川が現れました。
白い湯の花が河原に付着し微かに硫黄臭のするブルーの川がどこまでも続いています。いったい、何処まで続いているのでしょう?
最適な深さの入浴ポイントがあり、そこで浸かりました。
神秘的な硫黄の沢に感動しました。

入湯日:2009.9月
16



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ