2009/12/6

観海寺温泉いちのいで会館  大分の温泉

今春に新源泉を掘削し、営業を再開した仕出し屋さんの温泉「いちのいで会館」に数年ぶりに再訪しました。初めてここを訪れた際「景観の湯」マリンブルーのつるつるする湯に感激したことが忘れられなかったからです。
カーナビ通りではなく「ラクテンチ」の方を目指し途中にある看板から曲がっていくと見覚えのある細くて急な坂道があらわれます。上っていくと到着です。
クリックすると元のサイズで表示します
まずは食事を注文します。5月から8月は残念ながら、とり天などの松花堂弁当のみ。他の時期はだんご汁定食が頂けます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
画像左:景観の湯
画像右:金鉱の湯

男女日替わりの露天風呂
(訪問時は偶数日でしたので男性が景観の湯、女性が金鉱の湯でした。)
景観の湯の感想:
マリンブルーの湯なのに浸かるとどこまでも透明で浴槽の中で光が虹色に反射している。別府市内を見渡せる景色も素晴らしい。プールみたいでおもわず泳いでしまう。
金鉱の湯の感想:
透明やや青白い湯。画像奥に見えるのは金鉱跡に小屋を掛けた蒸湯。
クリックすると元のサイズで表示します
奥にあった謎の浴槽

落葉などが浮いた自然な環境にあるので温泉マニア向き。
天気が良くて日差しが強すぎない日には最高の温泉です。

入湯日:2009.6月

住所:別府市上原町14-2
営業時間:11時〜17時(土日祝は10時〜)
食事付き入浴:1200円



2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ