2010/1/23

黒川温泉 地蔵湯  熊本の温泉

久々の黒川温泉です。訪問時は土曜日の午後ということもあり、多くの観光客が訪れていました。まずは旅館組合事務所「風の舎」に立ち寄り情報収集します。5〜6年前は湯巡り手形で新明館、黒川荘、美里の3か所それぞれ色と泉質の違う湯巡りを楽しんだので今度はぜひ昔からの共同湯に行きたいと思いパンフレットを手に入れます。地蔵湯のことを伺うと、「お金を入れたら自動で扉が開きますからすばやく、入ってくださいね。すぐ、閉まってしまいますから。」と助言を頂きました。なんだろう、と疑問に思いながら地蔵湯まで温泉街をぶらり。お店がたくさんあり散策も楽しいけど人が多すぎ。。
クリックすると元のサイズで表示します旅館の狭間に佇む地蔵湯。
入口で100円入れると「バタン!!」と扉が勢いよく開きびっくりしている間に閉まってしまった!(@_@)
せっかく助言を頂いたのに。。気を取り直してもう一度。
今度は素早く滑りこんで一安心。中に入ると下駄箱の上にも料金箱がありもう100円入れ合計200円の入浴料を払う仕組みですが、私は初めに200円入れたので勘弁してもらおう。。
クリックすると元のサイズで表示します
男女別の内湯は脱衣場と一体となった昔ながらの鄙びた共同湯という雰囲気で観光客も誰もいません。浴槽手前は激熱、奥は熱めの湯が掛け流し。無色透明ですが床は赤茶に染まり、微金気、渋みのする温泉でした。
地元の方も利用する共同湯に入らせて頂けたことを感謝しつつ、地蔵湯を後にしました。

住所:熊本県阿蘇郡南小国町黒川温泉
入浴時間:8〜19:00 200円

入湯日:2009.6月

2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ