2010/6/2

千原温泉 千原湯谷湯治場  山陰の温泉

クリックすると元のサイズで表示します
ここだけ、まるで時が止まったかのような
味わいのある雰囲気の建物。
山奥にある秘湯、千原湯谷湯治場。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
浴槽全体から炭酸ガスとともにプクプクと激しく炭酸金気臭のする温泉が湧き出しています。源泉温度34.5℃のヌル湯ですが、しばらく浸かっていると体がポカポカしてきます。下湯より凄いです!!
クリックすると元のサイズで表示します
6〜9月は特に炭酸ガスが溜まりやすいということで扇風機が回っていました。蒸し暑い時期には体感は特に最高に感じました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
建物の裏からも少量湧出している。

少し奥には、飲泉と温泉を汲むことができる場所もあります。
飲泉すると強炭酸味、塩味、苦エグ味の味覚のバランスが良くびっくりしました。
印象に強く残る一湯になりました。

入湯日:2009.6月
住所:島根県美郷町千原1070
TEL:0855-76-0334
営業時間:8〜18時 1回入浴500円 要問い合わせ 定休日:木曜日
泉質:含二酸化炭素・ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉
備考:10〜5月は源泉を薪で沸かした五右衛門風呂の上がり湯あり。
 
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ